朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2013年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

/// 今日のおばんざいは朝野家館主の『カラスミと菜の花・スパゲティ』の簡単レシピです ///

f0112434_20532382.jpg
バタバタとしていますが、頭を切り替えるために今日は久々に昼食を作ってみました。

ずいぶん前に台湾からの土産で頂いた「唐墨」があります。スライスして大根のスライスに挟み食べたりするのですが、今日は菜の花も出回っているようなので『カラスミと菜の花・スパゲティ』を作りました。

簡単にできる、[朝野家館主のわがままレシピ」です。
いつもの目分量 スパゲティ2人前

===材 料===

カラスミ        100g
菜の花           8本
ニンニク          1片
鷹の爪           1本
スパゲッティ       2人前
オリーブ油         適量
黒胡椒(出来れば粒)    少々
塩             少々

===作り方===

f0112434_20541597.jpg
1.カラスミを飾り用はスライスし、スパゲティと和える方はレンジで10秒ぐらいかけて水分を飛ばします。
(注-台湾唐墨は生乾きのねっとりさが売り物のため、そのままおろし金で擂る事が難しいので水気を飛ばしますが、卵なので脂分も多くかけ過ぎると焦げてしまいます。イタリア、スペイン産はそのままおろし金に)

f0112434_20545399.jpg
2.少し乾燥させたカラスミをグレーターでおろしていきます。
3.菜の花は1口サイズに半分に切っておきます。

f0112434_20553366.jpg
4.浅鍋に冷えたオリーブオイルを加熱せずに、微塵切りにしたニンニクとスライスした鷹の爪を入れて、火にかけながら香りと辛味を移していきます。こうするとニンニクが焦げません。

主役はカラスミなので、ニンニクを少なめにしています。ここに湯がいたスパゲティを入れるとぺペロンチーノになるのですが、今回は『カラスミと菜の花・スパゲティ』なのであと一手間を加えます。

f0112434_20562889.jpg
5.一番時間かかるスパゲティから湯がいていきます。深鍋に水、塩を入れて沸騰してからスパゲティを入れます。入れる時にタオルを上下で絞るよう要領で、鍋に落とせば放射状に広がって麺が均一に湯がかれ、ひっつきません。

f0112434_20572824.jpg
6.スパゲティに菜の花の香りが移らないように、別鍋に菜の花を湯がきます。3つ鍋の仕上がりを同時にするために、スパゲティ、菜の花、オイルを同時進行で行います。湯がきあがった菜の花は色止めのために冷水で締めておきます。

f0112434_20581038.jpg
7.4のオリーブオイル鍋にパスタの茹で汁をレードル半分ぐらい入れてかき混ぜる。ブクブクして白っぽく乳化してきたらスパゲティ投入の合図、菜の花入れて混ぜ、最後にすりおろしたカラスミ入れて、塩で味を調え和えていきます。

f0112434_20585528.jpg
8.トングで「の」の字を書くように皿に盛り付け、生スライスのカラスミで飾ります。

朝野家館主の簡単レシピ『カラスミと菜の花・スパゲティ』の完成です。

f0112434_2121943.jpg
星☆☆☆3ついただきましたぁ~。

普通はなかなかある食材ではないのですが、カラスミにはほろ苦さのある野菜が合うようです。麺にからむ1粒1粒、少し火のはいったスライス、ねっとりした飾りカラスミ、じつに美味い!!
「食べすぎに注意ですよ。」と自己問答しながら、春を味わいました。
by asanoyayu | 2013-02-28 00:03 | 亭主のわがまま簡単レシピ

/// 鳥取・用瀬の流しびな /// 2013.2.27放送分

f0112434_18484824.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

如月から弥生の月へと、暦は変わろうとしています。
女の子の笑顔が咲く桃の節句、ひな祭りも、もうすぐ。けれど、山陰では昔ながらの暦で祝う地方が多いようですね。

流しびなで有名な鳥取県の用瀬(もちがせ)でも、毎年旧暦の三月三日にひな流しが行われています。
今年は四月十二日の金曜日。もう少し先になりますが、毎年この日を楽しみに待っている方も多いことでしょう。

晴れ着を着た女の子たちが、わらで編んだ円い桟俵(さんだわら)に、紙のおひなさまをのせ、桃の小枝やひし餅を添えて、千代川(せんだいがわ)に流す伝統の行事。

流れてゆくおひなさまを見送りながら、今年も元気に、笑顔で過ごせますように・・・と、かわいい手を合わせる姿がほほえましくて、見ている大人たちの顔もほころんできます。

身についた災いを紙の人形(ひとがた)に託して川や海に流す、流しびなのルーツともいえるこの風習は、平安時代までさかのぼるとか。時代とともにカタチを変えながら、今も受け継がれている人々の願いは、これからも大切にしていきたいですね。

用瀬の千代川で行われるひな流しは、地元の人だけでなく、観光で訪れた人も流しびなを買い求めれば、願いをこめて流すことができます。

桃の花がほころぶ、春本番の四月十二日。皆さんも、季節に寄り添う昔の暦で、ひな祭りを祝いませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-02-27 00:01 | 朝野家・香りの散歩道

/// 「第3回山陰ジオパークガイド交流会」に参加してきました ///

f0112434_1615498.jpg
20日、鳥取砂丘で行われた「第3回山陰ジオパークガイド交流会」に参加してきました。

東は丹後~鳥取までの有料・無料地域ガイド43団体から130人ぐらいでの研修会です。登録人数の約半分以上の方が参加されています。開会後、山陰海岸ジオパークガイド認定制度の説明があり、制度は第1種ガイド、第2種ガイドの2つが創設されました。

f0112434_16144377.jpg
第1種ガイドは山陰海岸ジオパーク内の特定ジオサイトについて案内できる、ジオパーク制度の理念、概要、テーマをお客様に説明する事が出来き、接遇、危機管理、自然保護に関して一定の知識を有する人となっております。

第2種ガイドは1種+山陰海岸ジオパークに深い知識を有し、全体を代表するガイドで全国大会などでも活躍できる人となっています。第1種ガイドは山陰海岸ジオパーク内の特定ジオサイトについて案内できる、ジオパーク制度の理念、概要、テーマをお客様に説明する事が出来る。接遇、危機管理、自然保護に関して一定の知識を有する人となっており、第2種ガイドは1種+山陰海岸ジオパークに深い知識を有し、全体を代表するガイドで全国大会などでも活躍できる人となっています。

f0112434_1616836.jpg
講義は全行程6時間で、ジオパークの基礎、ガイドマナー・接遇・準備、自然公園法の知識、リスク保健の知識、心肺蘇生・応急処置など5つパートで勉強しました。

先山先生によるジオパーク概要と連携

f0112434_16164479.jpg
いわみガイドクラブのガイドセルフチェックシート

f0112434_16171951.jpg
環境省自然保護官による動植物説明

f0112434_1618636.jpg
最後に鳥取消防署による心肺蘇生の全員参加訓練が行われました。

f0112434_16184365.jpg
現在ガイドの実績があり、このすべての講習を受けた方には第1種ガイド認定が交付されます。

f0112434_16192064.jpg
この講習会で、一気に130人の公認ガイドが、山陰海岸ジオパークに生まれました。
by asanoyayu | 2013-02-24 00:02 | 温泉力

/// 湯村温泉の温泉洗髪してみませんか⁉ ///

f0112434_21332967.jpg
湯村温泉内の散髪屋さんにカットにきました。

髪を触られるといつも寝てしまいます。とても気持ちの良い休息時間です。
髪型もいつものようにとお願いします。ま〜ったるい時間が過ぎていきます。

f0112434_21492310.jpg
湯村の散髪屋さんはすべて、泉源を持っているので、温泉洗髪です。他にはないでしょうね!

泉質は重曹泉ですから、汚れや脂を落とし、頭皮を柔らかく、白くします。毛が生えやすい環境は整います。

湯村温泉の温泉洗髪してみませんか⁉
by asanoyayu | 2013-02-23 21:53 | 温泉力

/// 湯村温泉の湯でエネルギー「温度差発電」 温泉小で特別授業 ///

f0112434_2112088.jpg温泉の湯と水の温度差から生じた電気でプロペラが回り、驚きの声を上げる児童=19日、新温泉町の町立温泉小

/// 温泉利用した「温度差発電」学ぶ 温泉小で特別授業 ///日本海新聞より抜粋

温泉を利用した「温度差発電」を学ぼうと、新温泉町の町立温泉小で19日、特別授業が行われた。地中から届く熱エネルギーを電気に変換する仕組みについて、児童らは興味深そうに聞き入っていた。  

温度差発電は、「ペルチェ素子」という半導体の両面に温度差を与えると電気が発生する「ゼーベック効果」を利用している。理科で発電について学んでいる6年生を対象に、町役場温泉支所の谷口薫さん(40)が、近くの入浴施設「薬師湯」で導入している装置の模型を使って解説した。

谷口さんは、500ミリリットルのペットボトル2本にそれぞれ温泉の湯と水を入れ、同素子を挟み込んだ装置を用いて温度差を電気に変換。プロペラを回したり、オルゴールを鳴らして電気が発生していることを証明し、自然湧出する温泉を使えば、発電費用はかからないと説明した。 

児童らは、温度差発電には環境汚染や天候で発電量が左右されるという問題点がないことを学び、クリーンエネルギーを生み出せる古里の素晴らしさを再確認した。

実験の結果に驚いていた西坂美輝さん(12)は「温度差で電気が生まれるなんて不思議。薬師湯に充電に行ってみたい」と話した。

f0112434_21136100.jpg源泉と水の温度差発電で回る小型扇風機を興味深そうに見つめる児童たち=温泉小学校

/// 湯村温泉の湯でエネルギー 温泉小で発電授業 /// 神戸新聞より抜粋

湯村温泉(兵庫県新温泉町湯)の源泉を使った再生可能エネルギーを紹介する授業が19日、同町湯の温泉小学校であった。同町役場の職員が来校し、手作りの装置を使って発電の仕組みを実演。出席した6年生計42人は温泉の力に驚きながら、説明を熱心に聞いていた。 

同温泉街の温泉施設「薬師湯」では、半導体の一種・ペルチェ素子の片面に温水管(約60度)を、もう片面に冷水管(約20度)を当て、ゼーベック効果によって発電。コンセントなどを介して、利用者に開放している。今回は、エネルギーにもなる温泉のありがたさや大切さを伝えようと実施した。

この日、同校を訪問したのは同町地域振興課の谷口薫さん(40)。始めに、火力や水力など現在の発電方法の利点と課題、日本で行われている発電方法とその割合の推移などを講義し、4センチ四方のペルチェ素子を500ミリリットルのペットボトルで挟んだ手作り発電装置を紹介した。それぞれのペットボトルに温泉の源泉と水道水を入れていくと、コードをつないだ小型扇風機が徐々に回転を始め、児童たちは「回ってる」などと大きな声を上げていた。

谷口さんはほかにも、同温泉の歴史や薬師湯での取り組みを黒板の図や写真を交えて紹介。「(源泉は)1200年ほど前から湧き続けていると言われ、夏も冬も減らない。温度差による電気は地球が持つエネルギーを使っています」と語りかけた。

男児(12)=同町湯=は、「薬師湯で充電器を使ったことがあるけど、電気がお湯と水で作られているなんて知らなかった」と興奮した様子で話していた。(風斗雅博)
by asanoyayu | 2013-02-22 00:01 | 温泉力

/// 花の香りが街の香りに /// 2013.2.20放送分

f0112434_19442963.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

ちいさな春の兆しを感じさせてくれる、梅の花便りが届くころになりました。
馥郁(ふくいく)という、艶やかで奥ゆかしい香りの表現が、これほど似合う花はないかもしれません。

その香りを閉じ込め、街に漂う空気まで再現した、ご当地香水があるのをご存じでしょうか。

大手化粧品メーカーが、日本各地の花の名所と共同で開発しているオリジナルの香り。2004年に広島県の尾道市で「桜」の香りのご当地香水が誕生して以来、椿やアカシア、りんごの花など、さまざまな香りがその街を代表する香りになっています。

その中で「梅」の花を街の香りに選んだのは、石川県の金沢市。梅は加賀藩・前田家の紋章であり、現在は金沢市の市の木として親しまれています。

ご当地香水を創るにあたっては、前田家ゆかりの尾山(おやま)神社の境内に咲く、梅の花から抽出した香りをベースにしたとか。その中には、前田利家(まえだ・としいえ)の金沢城入場四百年を記念して植えられた、淋子紅梅(りんずこうばい)も含まれているそうです。

金沢に春を告げる梅の香りと、最高級のお香の原料である黒方(くろほう)をブレンドした、おだやかで気品のある香り。「金沢オードパルファム」と名づけられたこの香水は、2006年の発売以来、加賀百万石の街の香りを身にまとうような、金沢みやげとして喜ばれているそうです。

花の香りが街の香りになる、素敵なこころみですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-02-20 00:01 | 朝野家・香りの散歩道

/// 朝野家の秘密「あのねのね」 猩々緋の巻 ///

f0112434_19134633.jpg
朝野家の地下1階の宴会場には、大きな猩猩(しょうじょう)の日本画が掛っています。

作者は朝野家で多くの作品を書いていただいた三輪高英(みわこうえい)画伯、題材の「猩猩」は歌舞伎や能などで紹介されているように酒を飲み楽しく舞う姿を画いている。顔は朝野家会長に似せて画いており、宴会場に飾るに相応しく猩猩緋(赤色-緋色)を中心に金銀などの岩彩を使用しており、豪華でかつ、優雅な色を出している。同色でまとまりやすい服・髪・瓶を後ろの青竹の緑で引き立てているのも見事です。

f0112434_19173393.jpg
この作品の面白いのは襖絵で有名な香住町・大乗寺の円山派の八方睨みを使っているところにある。八方睨みとはどこから眺めてもこちらを向いているように見えるトリック的描写で、三輪先生に聞いたわけではないが、少なくとも目、酒瓶、左足の3箇所に使われています。

f0112434_19182413.jpg
一番わかりやすい左足で説明すると猩猩の左足のつま先を見ながら左から右に移動していくと不思議なことに平面的な絵のつま先が見ている方の方向を向くだまし絵になっています。

f0112434_19192087.jpg
左側から見ると左につま先があり、右側から見ると足は長く右に向きます。
宴会場では楽しくお酒を飲んでいただきたいが、あまりにもたくさん飲むと度が過ぎます。右から左に移動してつま先を見ていただくところから、「どこに行ってもつま(妻)がいつも見ています」

f0112434_19203216.jpg
同じように酒樽の上の柄杓は右側にいるときは柄が手前に、右に移動すると右手前に位置しお酒を取りやすいように描かれている。また目も見ている者の方に着いていきます。

各旅館内にはたくさんの美術品があります。ゆっくり見て、話を聞き豊かな気持ちになるのも旅のだいご味ですね。
by asanoyayu | 2013-02-18 19:14 | 社長お勧め商品

/// 【まんが・但馬むかし話】 「矢和の神」 香美町・村岡 ///

むかし、むか~しから、 但馬国(たじま)の湯村温泉に朝野家という旅館があるそうなぁ~。

「その旅館はなぁ~ぁ、お客様に但馬のことを知っていただこうと但馬民話を漫画に描いたそうじゃぁ~」今も残っているその漫画を、また公開することになったのじゃ~。

f0112434_17155757.jpg
朝野家のまんがコンテンツを出します~。

この漫画は手塚おさむさんのアシスタントをしていたまんが工房岩田さん(鳥取在住)にお願いして、画いていだきました。
by asanoyayu | 2013-02-17 17:18 | 但馬のまんが昔話

/// 氷温熟成牛肉を試食させて頂きました ///

f0112434_22515648.jpg
15日夜に、リフレッシュパークゆむらで役員試食会があり、氷温熟成牛肉を試食させて頂きました。

氷温とは鳥取県米子市の研究所が誇る技術で、摂氏0℃以下でも凍らずに細胞が生き続ける温度域を「氷温」と呼び、この温度域で行う食品の貯蔵や加工は「寒ざらし」や「寒仕込み」と原理は同じなんです。

氷温により、有害微生物の減少化による安全食品、高鮮度保持化、高品質化の3つが図られます。
氷温熟成により肉の細胞が均質化し、やわらかな食感になります。また、旨み成分「アミノ酸」の含有量が増加し、栄養価も高め、甘くまろやかな味わいになります。ちなみに但馬牛では150%程アミノ酸が増えました。

この氷温に『熟成』ほいう期間を経て、より美味しい牛肉を作ったのが氷温熟成牛肉です。これを但馬牛で作り、リフレッシュパークゆむらのレストラン楓で出そうというものです。

生物は0度以下になると凍るまいと自己防衛機能が働き、細胞内にあるでんぷんやタンパク質を分解します。酵素が但馬牛のタンパク質を、うまみ成分の「アミノ酸」へと分解するのです。牛肉は3週間熟成することで、牛肉のうまみ、やわらかさがピークを迎えます。この熟成はメロンの食べ頃、酒の飲み頃という風に言われます。

f0112434_22524690.jpg
右が氷温熟成但馬牛肉で、左が但馬牛肉です。外観はほとんど変わらないA4クラスの肉。

f0112434_22535917.jpg
氷温熟成但馬牛肉、さすがに但馬牛肉、両方とも美味しそうでしょう。試食会なのでタレは付けずに、塩味だけで頂きました。

f0112434_22563565.jpg
A4但馬牛肉。

f0112434_22573237.jpg
二つを食べ比べると、旨味の中にほんのり甘味を、噛むと濃い肉汁が溢れてきます。確かに成熟して、ワインのように香りも良くなっています。湯村に新しい名物が出来ました。

f0112434_22592484.jpg
但馬地鶏も有名です。他にもハマダイコンのドレッシングなどジオ食品が並びました。

近々新聞発表が行われる予定です。
by asanoyayu | 2013-02-15 23:03 | 美味彩宴

「チョコレートの原料は、「神様の食べ物」」 2013.2.13放送分

f0112434_21595820.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

明日2月14日はバレンタインデーですね。
世界中で愛されている食べ物、チョコレートの甘い香りに、日本中が包まれる幸せな一日。東京・上野の国立科学博物館で開催されている『チョコレート展』にも、きっと大勢の人が訪れることでしょう。

チョコレートの原料は、「神様の食べ物」という意味の学名を持つカカオです。
この展覧会では、カカオ豆の小さな一粒を通して、カカオを育む自然、チョコレートを発明した人間の知恵と工夫、そして、世界と日本のチョコレートの歴史などが紹介されています。

会場の入口で迎えてくれるのは、チョコレートでできた国立科学博物館の建物。蒸気機関車やクジラのモニュメントも、すべてチョコレートで再現されています。

そこからまず、カカオについて学び、チョコレートの歴史を振り返ったら・・・いよいよ、おいしいチョコレートがどのようにして作られているのか、その秘密がわかるチョコレート工場へ。

カカオ豆になった気分で製造工程を体験したり、自分の写真が包装紙になる、世界に一つだけのフォトチョコが作れるコーナーもあります。

神様の食べ物、カカオから生まれるチョコレートがもっと好きになりそうな展覧会。国立科学博物館で2月24日まで開催中の『チョコレート展』へ、皆さんもお出かけになってみませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)
by asanoyayu | 2013-02-13 00:02 | 朝野家・香りの散歩道