朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2013年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

/// 光源氏と夕顔 ///  朝野家・香りの散歩道 2013.7.31放送分

f0112434_2134041.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今年の夏もあちこちで、緑を日除けにするグリーンカーテンを見かけます。
ヘチマやゴーヤなど、実のなるグリーンカーテンをはじめ、夕方になると白い大きな花が咲く「夕顔」も人気があるようですね。

夕顔は香りがとても良い花です。
平安時代の優雅な香りの描写が多い『源氏物語(げんじものがたり)』にも、夕顔と呼ばれた女性が登場します。

主人公の光源氏(ひかるげんじ)は、乳母の見舞いに出かけ、隣の家に咲く白い花に目を止めます。

従者から「夕顔」という名前の花だと教えられ、一枝摘ませようとすると・・・誰に頼まれたのか、家の中から女の子が出て来て、「これに花をのせておあげなさいませ」と、お香をたきしめた白い扇子を従者に差し出しました。

見舞いをすませた光源氏が、夕顔をのせて渡された扇子をよく見ると、贈り主からの和歌がしたためてありました。

「心あてに それかとぞ見る 白露(しらつゆ)の 光添へたる 夕顔の花」

この歌の解釈にはさまざまな説があるようですが、夕顔についている白い露の光を、光源氏の美しさにたとえたのでしょうか。

お香をたきしめた良い香りがする扇子に、美しい文字で書かれた和歌。その心憎い演出が縁を結んで、光源氏と夕顔の君の恋は始まりました。

時は流れて、平成の今。香り高い花、夕顔の咲くグリーンカーテンには、どんな物語が待っているのでしょうか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)
by asanoyayu | 2013-07-31 00:02 | 朝野家・香りの散歩道

/// 趣味のホーロー看板が増えました ///

f0112434_17443012.jpg
趣味で集めた琺瑯看板枚数は、17年ぐらいかけて120枚にもなりました。
このがらくた趣味に仲間が増えました、「東芝のマツダランプ」「柴田ゴム ハト印の店」の3点です。
専務が知人から分けて頂いたようです。

f0112434_1745132.jpg
柴田ゴムは神戸で生まれたシバタ工業株式会社で、現在は明石市に本社があります。
ゴム合羽のメーカーで、今もハトのマークが使われています。両面同一で平面でも軒下付けでも出来るようになっています。

f0112434_17453676.jpg
東芝のランプで下に本当のソケットが付いていた模様です。
子供のころは必ず電気屋の店先に系列の物がありました。電球が切れているか確かめる装置(テースター)と看板を兼ねたものです。

f0112434_1746292.jpg
湯村温泉観光協会の『まちかどギャラリー琺瑯看板コレクション』として、朝野家通用門の一角に40枚ほど提供し、取り付けられました。今ではほとんど見るこ&#とがなくなった「キンチョール」「ボンカレー」「オロナミンC」など明治時代から昭和にかけて、家の壁や塀、農家の納屋など街のあちこちに張られていたもので、日本の風景には欠かせない懐かしいアイテムです。

f0112434_17486100.jpg
琺瑯とは金属の面を保護または装飾することを目的に、ガラス質の釉を塗り焼き付けたもので、古くはエジプト時代、ツタンカーメン王の黄金のマスクにもこの琺瑯が使われています。

f0112434_17505285.jpg
ホーロー看板は、デザインされて金属に版画のように1色ずつ、色を入れ色ガラスを焼き固めます。
色数と精密模様が増えれば増えるほど高価になります。「磯じまん」の場合、黄・黒・赤・白・緑の5色、5回炉で焼いた事になります。

その琺瑯を使ったホーロー看板は、最も多く作られたのは昭和30年代で、カラーテレビの普及率がまだ低かった時代に、取り付けてあった派手な色使いの看板は、人目を引いたのでした。ホーロー看板は、昭和懐かし物件として有名です。

f0112434_17514324.jpg

こげ茶の塀、木製電柱、はだか電球と、看板の前に立ってカメラをセピア設定にして写真を撮れば昭和時代にタイムスリップ。なつかしい世界が広がります。豊かな時代、昭和。親子・夫婦・ご家族で思い出していただければ幸いです。始末に困って琺瑯看板がいらない方は着払いで朝野家にお送り下されば、『まちかどギャラリー琺瑯看板』に掲示させていただきます。

朝野家通用門(裏門)前にはバス停風の「まちかどギャラリー」立て看板を目印に。
見学のお客様へ、通用口になりますのでお車にご注意ください。
by asanoyayu | 2013-07-30 17:56 | 社長お勧め商品

/// 「えぇ~い!」と画いちゃいました ///

f0112434_18482888.jpg
今晩、素敵なご夫婦が「露天風呂付き客室ロクシタン(L'Occitane)付カップルプラン」でお泊り頂きました。

荒湯にお出かけ前にお会いしました。
明るくてとても感じの良いご夫婦で、色浴衣のご主人の手には昨年の柳に蛙の団扇。

奥様には団扇が無かったので、今年の金魚をお持ちしました。
団扇の絵柄が気に入られたようです。

f0112434_18493170.jpg
改めてお客様データーを見ると明日がご主人の誕生日。
手画きの団扇は差し上げられないのですが、「えぇ~い!」と画いちゃいました。
朝野家亭主の心意気。

f0112434_18502127.jpg
奥様には金魚、誕生日のご主人には朝顔の彩色墨絵を・・・。

f0112434_18511763.jpg
Happy Birthdayのかわいい帯もつけて、先ほどお持ちしました。
大変喜んでいただきました。お幸せに!!

ただ、ほんの少し、私にも出来ること・・・。
by asanoyayu | 2013-07-28 18:55 | 筆誤一会

/// 第3回ジオ談会懇親会が開かれ、良い写真なのでUPします ///

f0112434_16213265.jpg
22日、新温泉町ジオパークネットワークの初めてのガイド研修会が行われ、2部のジオ談会と3部の懇親会が朝野家で開かれました。

f0112434_16244393.jpg
湯村温泉も発表していただけて感謝!
レスボス島では一躍有名になった???

f0112434_16252998.jpg
2部は松原先生と新名先生のレスボス島ジオパークの発表会、出席者が真面目に聞いていたのでレスボス島のナチュラルソルトをお土産で頂きました。

f0112434_1626128.jpg
3部は食事会で和やかな時間がスタート、陣羽織を羽織って撮影会も・・・。

f0112434_16265066.jpg
松原先生が、ギリシャでよく食べたといったフェタを使った「ホリアティキサラダ」

メインは塩分の強いフェタチーズ、塩・胡椒・オリーブオイル、オレガノのシンプルな味付けで、トマト・玉ねぎ・ピーマン・パプリカ・胡瓜のグリーンサラダです。手際良く作っていただき頂きました。

f0112434_16274610.jpg
21日に誕生日を迎えられた松原先生に、お返しのサプライズパースディケーキ。
『誕生日おめでとうございま~す。』

f0112434_16282448.jpg
ローソクの火を吹き消すと変身されてました。
松原先生はどこに行かれたのでしょうか?

f0112434_1629177.jpg
アニスの香りのウーゾの飲み過ぎでしょうか?
ギリシャ産のオリーブ油とハーブソルトを持って、パシャ!

楽しいジオ談会になりました。
by asanoyayu | 2013-07-26 16:31 | 山陰海岸ジオパーク

/// 日本酒からの美味しい提案 /// 2013.7.24放送分

f0112434_1312816.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

夏の夕暮れどきにお酒を飲むとしたら、皆さんは何を飲みたいですか?
キリッと冷えたビールやシャンパン、ハイボールや焼酎のロックという方もいらっしゃるでしょう。

では、日本酒はいかがですか。
「SAKE(さけ)」という呼び名で世界中に知られている日本酒。海外には、日本人よりも日本酒に詳しい愛飲家も大勢いて、日本酒の海外輸出は順調に伸びているそうです。

なかには、日本酒に氷を入れてロックで飲んだり、冷やした日本酒をワイングラスにそそいだり・・・自由な発想で日本酒を楽しんでいる人も多いとか。

そして「このスタイルなら、私でも日本酒が飲めそう」という人たちが、日本国内にも増えつつあるうです。

夏にぴったりの日本酒のロックや、ワイングラスで飲む日本酒。若い世代の日本酒離れを心配する声があるなか、こうした自由な楽しみ方が、日本酒ファンを増やすきっかけになるかもしれませんね。

また、九州の佐賀県鹿島市(かしまし)で生まれた「酒蔵ツーリズム」も、幅広い世代に日本酒の魅力を伝えるアイデアとして、全国の酒どころに広まりつつあります。

酒蔵をめぐり、その酒が生まれた土地を散策しながら、食や文化、歴史を全身で楽しむ・・・。酒蔵ツーリズムは、酒蔵を拠点とした新しい旅のスタイルです。

もっと気軽に、もっと自由に、皆さんも日本酒の魅力にふれて見ませんか?

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-07-24 00:03 | 朝野家・香りの散歩道

/// 20日、湯村温泉内で「荒湯天狗まつり」がありました ///

f0112434_1626287.jpg
商売繁盛の荒湯天狗の山車、商工会メンバーのチンドン屋、出発前。
引き紐をつけて、小学校2年生が引き町内を回ります。

f0112434_16272613.jpg
山車の後を歩く湯村温泉のゆるキャラの「湯~たん」と浜大根の「浜ちゃん」。
子供たちに人気です。

f0112434_16275367.jpg

観光客と浜ちゃんの記念写真。
絵灯篭は8時から点灯されます。

f0112434_16282839.jpg

町内を歩き、少し疲れぎみですね。
花をもらうと、そこは商売人・・・、元気になります。

f0112434_16284862.jpg

朝野家下のゆけむり広場で、バトントワリング、バンド、酒造り唄、傘踊り、ビンゴなどが次々に行われていきます。
by asanoyayu | 2013-07-21 16:31 | イベント・歳時記

/// 山陰海岸ジオパークガイド認定証1種認定をいただきました ///

f0112434_1351575.jpg
19日の新温泉町ジオパークネットワーク正副会長会に出席した時に、事務局より「山陰海岸ジオパークガイド認定証(1種)」をいただきました。

2月に鳥取砂丘で行われました「山陰海岸ジオパークガイド交流会」で、「ジオパーク基礎講習」「ガイド共通講習」「リスクマネージメント」にくわえて、すでにガイド実務を行われている人については「ジオサイト専門講習」は免除されました。

f0112434_1374638.jpg
「山陰海岸ジオパークガイド認定証」には、1種と2種があり、有効期限は3年となります。他に傷害保険・賠償保険の両方にかにゅうし、推進協議会が把握するガイド団体に所属している事が条件になっています。

2種は1種に加えて山陰海岸ジオパークに関して深い知識を有し、山陰海岸ジオパークを代表するガイドとして全国大会などで活躍する方になります。

f0112434_1387100.jpg
私は山陰海岸ジオパーク内の特定ジオサイト(湯村温泉・荒湯)を中心にやっているので、1種のみです。今回の初めての登録では、新温泉町認定ガイドは1種7名、2種1名の計8名となっています。

湯村温泉観光協会・湯村温泉旅館料飲組合では、私1名だけなので、朝野家の社員にも勉強していただき、もっと増やしていきたいですね。
by asanoyayu | 2013-07-20 13:10 | 山陰海岸ジオパーク

/// 【まんが・但馬むかし話】 「熊ゼミ」 新温泉町・温泉 ///

むかし、むか~しから、但馬国(たじま)の湯村温泉に朝野家という旅館があるそうなぁ~。

「その旅館はなぁ~ぁ、お客様に但馬のことを知っていただこうと但馬民話を漫画に描いたそうじゃぁ~」今も残っているその漫画を、また公開することになったのじゃ~。

f0112434_13384346.jpg
朝野家のまんがコンテンツを出します~。

この漫画は手塚おさむさんのアシスタントをしていたまんが工房岩田さん(鳥取在住)にお願いして、画いていだきました。
by asanoyayu | 2013-07-18 00:02 | 但馬のまんが昔話

/// 新温泉町ジオパークネットワークガイド養成講座 ///

f0112434_015216.jpg
新温泉町ジオパークネットワーク主催のガイド養成講座がスタートしました。

f0112434_03069.jpg
新温泉町ジオパークネットワークの初めての学習会でジオガイドの基礎を学びます。地元のガイドさんの他に香美町や鳥取市から約30名の方が、町民センターに来られました。

f0112434_04832.jpg
今回の講師は、兵庫県立コウノトリの郷公園 主任研究員、兵庫県立大学 准教授、山陰海岸ジオパーク 運営委員・学術部会兵庫分会長の先山先生です。

f0112434_0577.jpg
ガイドの心得

f0112434_07151.jpg
先山先生は「もしドラ」でジオパークの将来運営もわかりやすく・・・。

f0112434_07584.jpg
花崗岩から上がっている水は非常に美味しく、酒造りにも利用されます。
地下に花崗岩がある所には、酒屋が存在すると、ジオと人々の暮らしぶりの関連性も話されました。

2部会「ジオ談」、3部会「懇親会」は場所を替えて、朝野家で開催されます。
by asanoyayu | 2013-07-18 00:00 | 山陰海岸ジオパーク

/// 富士山が世界文化遺産に登録 /// 2013.7.17放送分 

f0112434_13484250.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

先月の22日、富士山が世界文化遺産に登録されましたね。気高く、美しく、いつ見ても惚れぼれするような日本の宝が、世界の宝になりました。

お祝いムードが続くなか、富士山をモチーフにしたグッズも続々と誕生しています。雪をいただく富士山の姿は、グッズになっても、見る人をあっぱれな気分にさせてくれますね。今日はその中から、「香り」にちなんだものを紹介しましょう。

まずは、富士山のカタチをした、印香(いんこう)はいかがですか。印香とは、粉末にした数種類のお香を練り合わせ、薄く固めて乾燥させたものです。そのまま飾って香りを楽しんだあとは、お香のように焚いて香りをくゆらせながら、四季折々の山の景色に思いをはせてはいかがでしょう。

また、地元の静岡では、香り付きの富士山タオルも話題になっています。静岡名物のお茶の香りやヒノキなど、富士山を連想させる4種類の香りのウェットタオルで、山歩きで汗をかいたときにも役立ちそうです。

そして、富士山の香りそのもの、といえるかもしれない、富士山の空気を詰めた缶詰もあります。ただし、缶を空けても特に香りは漂ってこないので、新鮮な空気の透明な香りという感じでしょうか。

世界文化遺産に登録されて、ますます人気が過熱しそうな富士山。
香りの関連グッズも、増えていきそうですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-07-17 00:02 | 朝野家・香りの散歩道