朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2015年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

/// 方言のおいしさ ///朝野家・香りの散歩道2015.1.28放送分

f0112434_17205693.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

ラジオから聞こえてくるだけでも、ほっこりやさしい気持ちになれるふるさとの言葉。お国言葉とも呼ばれる方言には、その土地の風土や生活に育まれた独特の匂いがありますね。

標準語に置き換えると、どこかニュアンスが違ってしまうからでしょうか、近ごろは、方言で語られる絵本などもたくさん登場しています。

たとえば、「大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで〜」と、大阪弁で地元のおいしい名物を紹介した『大阪うまいもんのうた』は、みんなで歌って踊れる絵本として話題になりました。

そして、舞台を東北地方に移した第2弾の絵本『東北んめえもんのうた』も人気を集めているそうです。「んめえもん」は「うまいもの」という意味の方言ですが、東北弁の発音はなかなか難しいですね。

この絵本に登場するのは、宮城県、福島県、岩手県を代表する自慢の味。宮城県からは「牛タン」や「はらこ飯」、福島県は「喜多方ラーメン」や「あんぽがき」、岩手県の「盛岡冷麺」や「わんこそば」など、東北のんめえもんがどっさり。

料理だけでなく、地元出身の有名人や観光名所、伝統工芸品なども一緒に描かれた、お祭りさわぎのような楽しい絵本です。

もしも、山陰を舞台にした方言絵本が誕生するとしたら、皆さんはどんな名物を紹介したいですか?あれもこれもと思い浮かべていたら、今すぐ食べたくなりそうですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-01-28 08:00 | 朝野家・香りの散歩道

/// まだまだ増える進化形『ひょうちゃん』何時になったらコンプリート? ///

f0112434_2134974.jpg
専務の東京出張で崎陽軒シウマイの大人買いしてきてもらいました。コンプリート目指して買ったのは小箱で20箱、重かったと思います。ありがとうね。

f0112434_2141371.jpg
馬鹿ですねェ~。
原因は趣味で収集しているもの陶器の小さな醤油入れの「ひょうちゃん」です。
とりあえず数をかずえてみるとその数なんと1.364個と増えてしまいました。

f0112434_2143740.jpg
この醤油入れには名前が付いていて瓢箪型の入物から「ひょうちゃん」と言います。
発売当初のシウマイには無地の醤油入れが入っていたのですが、「フクちゃん」(早稲田大学のマスコット)を書いた有名なマンガ家横山隆一さんがひょうたん型の入れ物に表情を描いたらかわいいと提案、昭和30年(おっと同級生だ)に初めて登場。当時のいろは48文字にちなんで48種類を画いた、容器はすべて手作り。

通常「OLDひょうちゃん」と呼ばれています。

f0112434_215281.jpg
磁器では高くつくのでプラスチックになった時代も、醤油入れも磁器で作られてました。

2代目ひょうちゃんは昭イラストレーターの原田治さん(ミスタードーナッツで有名に)に頼んだもので、色違いも含め320種類になります。

「初代横山復活バージョン」「オサムクリスマスバージョン」「100周年バージョン」「JR開業20周年記念」などあり、大きさ・形はそれぞれに小型バージョンとひょうたん型バージョンがあります。

さらに今回、劇団四季のミュージカル「キャッツ」横浜公演の開幕1周年記念で、「キャッツ」とコラボしたひょうちゃん。

f0112434_2154788.jpg
更に、今年60周年の崎陽軒は還暦記念バージョンを作ったのです。
赤色で60thの白×赤いちゃんちゃんこ大・小14×2とゴールド&レッドがド派手な金色の金ぴかひょうちゃん大・小14×2の計56種。今年8月中旬までのキャンペーン期間中なのですが、通常の「ひょうちゃん(大・小サイズ各48種)」が混ざっています。

f0112434_216736.jpg
シウマイ3箱で60thの白×赤いちゃんちゃんこ1つだけ・・・。

気の遠くなる作業です。絶対、ふとるわぁ~!!
捨てるんであれば、分けて下さい。お願いします。

子供のころのコンプリート癖が抜けません。

他の人から見ればただの醤油入れやゴミでも、集めている者から見れば「僕の宝物」なんですね。
めざせ!フルコンプリート。
by asanoyayu | 2015-01-27 21:07 | 雑貨・お試し商品・おまけ

/// 大阪国際女子マラソンで、湯村の足湯を持っていきます ///

f0112434_1763069.jpg
大阪国際女子マラソンに向けて出発します。町のマイクロバス3台で分乗。
8:00前に着いて、荷物を降ろし、足湯も温泉をはりはじめました。皆様のお越しをお待ちしております。
流石に高温泉、昨日夜運んでますが80度以上あります。

f0112434_1765688.jpg
予備の温泉タンク、保温シートを巻いて持ってきてます。

f0112434_17728100.jpg
42.195メートルの足湯作り。温泉入れていきます。

f0112434_1782440.jpg
たくさんのお客様にお入り頂きました。
by asanoyayu | 2015-01-26 11:52 | イベント・歳時記

/// 朝野家一押しの地熱低温サウナ「夢千代洞」にぜひお入りください ///

f0112434_2335568.jpg
朝野家の露天風呂の中に、男・女ともに地熱を利用した地熱低温サウナ「夢千代洞」があります。

湯村温泉はどこを掘ってもお湯が出てくるぐらい豊富な温泉地で、98度の高温泉なので入浴可能な温度まで下げるのも大変です。この温泉を4つのタンクで徐々に下げていき、途中で温泉熱だけを冷暖房に利用しています。

当然、地熱も高く、子供の頃(昭和30年~40年代)は湯村温泉の旅館だけにしかない設備がありました。 地下にあったこの部屋はコンクリートで囲われた20畳ぐらいの部屋で、木のドアを開けて、コンクリートの階段を下りていき、中に入ると室温は50度、中はムンムンしていた。それが「乾燥場(かんそうば)」といわれる部屋でした。

よく「子供一人だけでいってはいけない」といわれてました。乾燥場はお湯の中にコンクリートの升をつけた格好になっていて、周りのコンクリートからは温泉の熱や成分が伝わってくる。それで50度にもなるのです。荒湯の洗濯場で洗った浴衣は2~3時間もすればすぐに乾き、調理場用の干し椎茸やカレイの干物などをつくるなどの利用方法でも重宝されてました。

f0112434_2317964.jpg
時代は変わり,今では旅館から乾燥場は消え、朝野家ではこの地熱を利用して、地熱低温サウナにしたのです。湯村は昔からECO(エコ)な温泉地でした。

中は60度ですが、温泉地熱でこれだけのに温度になります。5分もすると温泉成分もあって汗がじっとりと出てきます。ただ高温サウナのように肌や髪が傷んだりしませんし、喉や肺の火傷もありません。ゆったりと入る事ができ、出てきた汗もさらっとしています。

f0112434_2343854.jpg
この地熱洞は夢千代日記の作者・早坂暁先生が人に優しいサウナということで「夢千代洞」と命名していただきました。お越しの時はよくご利用されています。

外が冷たいと2重ドアのガラスも温度差で結露してしまいます。

f0112434_23173810.jpg
全国的にも珍しく、朝野家にしかない地熱低温サウナ、ぜひご利用下さい。
母の胎内にいているように、大地の胎内に抱かれて綺麗にデトックスしてください。きっと美人の湯が体験できます。
by asanoyayu | 2015-01-25 08:02 | 旅行・体験日記

/// 宿倶楽部岡山出張、高梁の山手の高速道路で動物ハンティング「狸・新種」ゲットしました ///

f0112434_17111779.jpg
2014年の5/5からハンティングし始めた「動物が飛び出すおそれあり」「動物注意」の注意標識。今まで採取している動物型単管ガードも色々ありますが、「動物注意」の注意標識も色々あり、海外でもカンガルーなどの飛び出し注意の標識もあるそうです。

ならば銃でなく・・・カメラを持って、出張時に動物をハンティングしてみます。

岡山自動車道、高梁と岡山空港の間、以前もおどけた「猿」見つけたのですが、続けさまに現れた狸を取り逃がしたので、今度こそはと縄張りの近くで構えると「あっ!、いた、逃がした狸だ」。種類の違う狸をゲットしました。

f0112434_17114255.jpg
撮れたとと思ったら、流石の狸。朝日に隠れて逃がしてしまいました。
ねぐらも分かった事だし、次こそは騙されずに、捕えてやる。

昨年8/11日以来の5か月ぶりの獲物です。

f0112434_1712699.jpg
新種の狸です。黄色地に反射板で枠から、足としっぽがはみ出したデザインをしています。
9匹目『二本歩行たぬき』半分ゲットです。

噂によるとアフリカでは象、沖縄ではヤンバルクイナなどもゲットが出来るそうです。旅行に出かける時は茂みなどに注意し、襲われないようにしながらハントしていきます。
by asanoyayu | 2015-01-24 08:00 | 旅行・体験日記

/// 温泉力・湯村温泉は入浴するとつるつるになり、水をはじく美肌に ///

f0112434_21441913.jpg
湯村温泉に25年も見守っていただいている鳥取大学の吉谷名誉教授(地学)から湯村温泉『美人の湯』の秘密をお聞きしました。

お肌のつるつる感はアルカリ性泉や炭酸水素泉(いずれも湯村温泉成分)に入浴した時に強く感じられます。一般的に「つるつる感」は石鹸と類似感があり、市販の石けんの多くは油脂に強アルカリを加え加水分解させますとグリセリンと脂肪酸ナトリウムに分解されます。

この脂肪酸ナトリウムが私達が日ごろ使っている石鹸です。またグリセリンは保湿効果があります。これと同じように湯村温泉は、知らない間に石鹸が出来るのです。一般の石鹸作りとは異なり、強アルカリも過熱も必要ないのです。肌の表面を覆う脂肪酸を温泉成分の重曹は洗浄作用で溶かせます。

その脂肪酸と重曹(NaHCO3)のナトリウムイオンが結合します。

脂肪酸(R-COOH)+Na+ ⇒ Na-石鹸(R-COOH-Na)+グリセリン

つまり温泉に入るとナトリウムイオンによる中和反応で、自然と石鹸を作っています。

f0112434_21444950.jpg
その微量に薄い石鹸膜は、肌の清浄化をしながらつるつるの肌にしているのです。きれいになった肌は、副産物のグリセリンで覆われ水をはじく美肌になるそうです。温泉に入り肌を見ると、石鹸形成中の浸透膜で、肌についた温泉が広がります。

柔らかくなった肌を二~三度、手のひらでなでると、石鹸膜は汚れた皮脂や角質と一緒に取れてしまいます。再度、温泉につけると今度、肌は綺麗になってグリセリンは水分をはじくのです。

これが湯村温泉美肌の秘密です。また一般的に還元性の温泉は低温のところが多いのに、湯村温泉は高温泉というは珍しく、地学的に説明がつかないとも話されていました。

温泉力-湯村温泉は薄い石鹸膜で、肌の清浄化をしながらつるつるの肌になります。
by asanoyayu | 2015-01-23 21:45 | 温泉力

/// 湯村温泉に生まれた幸せを ///

f0112434_20131953.jpg
冷たい雨に打たれて~♪街をさまよったの~♪。
夜中の2時、来週の朝野家・香りの散歩道の原稿、挿絵を画きあげて自宅に帰る途中で、暖かく湯気が迎えてくれます。ねぼけの辻でふぁ~と。温泉情緒を感じる瞬間。

f0112434_20135121.jpg
風呂の廃湯が流れているのか!?。マンホールの蓋から、湯気が上がっています。ニューヨーク(入浴)を感じる瞬間。あぁ~風呂入りたい。
___;;^_^A__

f0112434_20141847.jpg
荒湯は1,200年前から変わらない。
湯村の街を包み込む。

f0112434_20145131.jpg
旅館下の側溝からも…。景色が湯気でかすむ。
自宅の温泉に入りながら、湯村温泉に生まれた幸せを噛みしめる。

『あぁ~ぁ、気持ちいい!極楽!極楽!』
日常の温泉がここにはある。
by asanoyayu | 2015-01-22 20:03 | 旅行・体験日記

/// ベリーグッドです、料理番組の日 ///朝野家・香りの散歩道2015.1.21放送分

f0112434_17443017.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日1月21日は「料理番組の日」だそうです。
1937年のこの日、イギリスの公共放送BBCが、料理番組の元祖といわれる番組をテレビで初めて放送しました。

第1回で紹介されたのは、オムレツの作り方。この日、料理人として出演したマルセル・ブールスタンは、当時、フランス料理をイギリスに広めた人物といわれる有名なシェフでした。

彼が作ったのは、卵にクリームと塩を入れてかきまぜ、バターを溶かしたフライパンで焼くというシンプルなレシピだったそうですが、テレビでプロから料理を教えてもらえる画期的な番組として、人気を博したそうです。

フランス料理を広めた人物といえば、日本では帝国ホテルの料理長だった村上信夫(むらかみ・のぶお)さんの名前が上がります。1964年の東京オリンピックでは、世界各国の選手のために腕をふるい、テレビでは家庭向けの料理番組に出演。親しみやすい語りで人気講師になった村上さんは、番組を通して日本の家庭に西洋料理の魅力を伝えました。

ふくよかな笑顔を浮かべながら、村上さんが番組でよく口にした言葉は「全然むずかしくありませんね」「ベリーグッドです」。その言葉を聞くたびに、料理をするのが楽しくなった・・・というファンも多かったとか。

幸せの香りがするような料理のレパートリーを広げてくれる番組なら、これからも大歓迎ですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-01-21 07:52 | 朝野家・香りの散歩道

/// 浜坂の遊覧船「いわつばめ」は山陰松島遊覧に ///

f0112434_15285628.jpg


朝野家から9km(車で15分)にある浜坂の但馬遊覧「いわつばめ」は、後継者難と体力面の不安から事業譲渡を検討していたが、このほど山陰松島遊覧が事業継承することとなりました。

山陰松島遊覧は「いわつばめ」を3月1日から運航を開始する予定です。いわつばめは、今までと変わらず新温泉町芦屋の浜坂港を発着します。

松島遊覧は、岩美町の浦富海岸の島々や洞窟を巡る遊覧船をはじめ、体験観光事業を展開しています。

当面はいわつばめの1隻で従来運航するが、増便や岩美⇔浜坂の新コースの開拓も検討します。
by asanoyayu | 2015-01-20 15:30 | 旅行・体験日記

/// 温泉力・冷えは万病のもと、湯村温泉でインフルエンザは治るか? ///

f0112434_2045552.jpg
以前、日経新聞の下段に「体温を上げると健康になる」という本の広告が載っていて気になっていた中、体温➚=免疫力も➚?のタイトルをみつけた。

内容は、新型インフルエンザが流行している影響もあって、体温を高くすると免疫力も上がるという内容の本が注目を集めているとのことらしい。

昔から風邪は万病のもと、「風邪かな?」と思った時の対処方法は、熱々の鍋焼きうどんに七味をいつもより多めに入れて、湯村温泉の風呂に入り、布団をかぶって寝る。そうするといつの間にか治ってしまう。

f0112434_20463359.jpg
体温を中からと外からと上げて、栄養バランスが良く消化の良いものを食べ、風呂で湿度の高い蒸気を吸って、体を休め、発汗をする。理にかなっている。

記事によると斎藤真嗣医師は「体温が1度下がると免疫力は30%低下し、1度上がると500~600%もアップする」と説く。

東京女子医科大付属青山自然医療研究所クリニックの班目医師も「内蔵周辺では36度~37度に保たれていなければならない。34度~35度になるのは内臓に十分な血液が流れてない証拠、がんなどで受診する人の体温は大半35度台、34度の人もいる」湯たんぽで内臓や筋肉を温めると、体温が1度前後上がりリンパ球が回復すると書かれている。

ほかにも「実験で細胞を扱う場合、36度より37度のほうが酵素の働きもよくなり、細胞活動が上がる。500%免疫力が上がるという根拠にはならないが免疫活性も高いと考えられるのかもしれない」と理化学研究所生体防御研究チームの改正リーダーは言う。

早稲田大学の永島教授は体温を研究する中で「運動などで筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることが望ましい。体温は代謝の時の熱エネルギーを使って維持しているからだ、ただ継続しないとすぐに体温は下がる」と話す。

味の素の研究では、「唐辛子などの主成分のカプサイシンと基礎代謝の関係も動物実験では向上効果がある」と発表している。

f0112434_2047339.jpg
運動により基礎代謝を上げることが望ましいが、体力がなくても温泉に入れば必然的に体温は上がる。何度か入ることで体温維持もできる。

しかも湯村温泉は塩化物泉のために塩のベールが全身を覆い、いつまでも保温が続くのだ。さらに風呂の中は湿度が高い、ウィルスは湿度が高いと感染率は低くなる。

旅館で美味しいものを食べれば心の栄養まで豊かになる。湯村温泉は10年前からご希望のお客様に荒湯湯たんぽ体験のサービスを提供している。

乱暴な三段論法だと『湯村温泉に入るとインフルエンザが治る!』といえば飛躍しすぎだろうか?
by asanoyayu | 2015-01-19 20:42 | 温泉力