朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2015年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

/// 観光庁の『Japan. Free Wi-Fi』に参加しました ///

f0112434_033678.jpg
25日、観光庁が進めているインバウンド政策申請事務局の新規アカウント登録申請が承認されました。

観光庁は昨年、訪日外国人が1,341万人に達し、2020年の東京オリンピックまでに2,000万人を目指していましたが、東南アジア周辺国のピザの緩和、格安飛行機運賃のLCC増加、免税店の緩和などで今年も好調で、今月、観光庁は新たな目標として2020年までに3,000万人と修正しました。

f0112434_053122.jpg
第3の矢として観光立国で経済再生に乗り出しています。訪日外国人のスピードは益々加速度を増す状況ですが、問題もあり、その一つがwifiインフラの整備です。外国人が来日して一番困った事がwifi整備の遅れで、訪日外国人のほとんどが、日本の電話キャリア(docomo,au,softbankなど)と契約をしていないので、携帯電話網からのデーターは使用できず、wifiが絶対必要条件と言われています。

東京・銀座「G Free GINZA フリーWi-Fi」、神戸市の外国人観光客向け公衆無線LANサービス「KOBE Free Wi-Fi」、姫路城周辺の「HIMEJI WI-FI」など自治体や商店街、観光地なども独自に進めてきました。

湯村温泉でも早い段階から必要と判断し、2013年9月fc2のwifi機の無料配布を旅館組合・観光協会・商工会と行ってきましたが、昨年、さらに観光立町を目指すためwifiの必要性を話し、陳情して、このたび新温泉町が70台(工事費込み30,000円全額補助)分の予算を準備してもらいました。

f0112434_043552.jpg
その中で観光庁が進めている『Japan. Free Wi-Fi』は全国の点と点のwifiを繋ぎ、乱立するマークを政府の決めたシンボルマークに統一し、訪日外国人にマークを分かりやすく、利用しやすくします。

f0112434_06765.jpg

朝野家も賛同して、『Japan. Free Wi-Fi』に参加しました。
新たに70台のwifiを設置していく、新温泉町にも、『Japan. Free Wi-Fi』に参加を勧めています。
by asanoyayu | 2015-05-31 07:36 | まちづくり・人づくり

/// 花ぞ昔の香ににほひける ///2015.5.27放送分

f0112434_019511.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

匂い立つような言葉で詠まれた、美しい日本の和歌。1235年、今から780年前の今日5月27日は、「小倉百人一首」が完成した日と云われています。

ご存じのように、小倉百人一首は、鎌倉時代の歌人、藤原定家(ふじわらのていか)が、百人の歌人の優れた和歌を一首ずつ選んだものです。

定家の日記『明月記(めいげつき)』には、色紙に書き写した百首の和歌が、京都の小倉山(おぐらやま)の山荘に飾られたことが記されています。これがのちに、小倉百人一首と呼ばれるようになったのでは・・・と考えられ、日記の日付の5月27日が記念日になったとか。

そんな歴史に思いを馳せつつ、ゆかりの日の今日は、小倉百人一首の中から「香り」にちなんだ和歌を紹介しましょう。

平安時代を代表する歌人、紀貫之(きのつらゆき)の歌です。

人はいさ 心も知らず ふるさとは
花ぞ昔の 香(か)ににほひける

人の心は、さあ、昔のままかどうかわかりませんが、慣れ親しんだこの里に咲く梅の花は、昔と変わらず良い香りを漂わせています。人の心の移ろいやすさと、変わらぬ花の香り・・・この歌は、久しぶりに訪れた昔なじみの宿の主人に向けたものですが、その背景は、いろいろ想像できそうですね。

人はいさ 心も知らず ふるさとは
花ぞ昔の 香ににほひける

艶やかに匂い立つ、日本の和歌です。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-05-27 07:17 | 朝野家・香りの散歩道

/// 全日本かくれんぼ大会申し込み締め切り迫る ///

f0112434_1644585.jpg
湯村温泉で行われる「全日本かくれんぼ大会」が近くなりました。
参加申し込みはお早めに・・・。

f0112434_16462652.jpg
【受付状況 5/23現在】

お に 279名
隠れ人 188名

それぞれ、残り60~70名程度の枠しかありません。
お早めにお申込みくださいませm(_ _)m

f0112434_16465047.jpg
大会初期から物品協賛をはじめ、大会広報でもお世話になっています産経新聞社さまより(但馬エリア外の)掲載紙を送っていただきました!

もちろん、地元紙に掲載される度にも、お問い合わせは増えます。

f0112434_16471010.jpg
IT社会とは言え、新聞に掲載していただけることの効果は大きいようです。
…とは言うものの、全日本かくれんぼ協会は、これと言って、特別このFBページと協会HP以外では情報を発信しておりません。

参加枠、残りわずかです♪
by asanoyayu | 2015-05-26 08:59 | イベント・歳時記

/// この夏の楽しみ、湯村温泉近隣アクティビティー「キャニオニング」いかが!? ///

f0112434_16562647.jpg
養父市大屋町を中心にアドベンチャーツアーを行っているNOASさんが、『NORTH HYOGO OUTDOOR ADVENTURE SPORTS CLUB』の体験パンフレットを持っていて頂きました。

お客様の観光や興味は行政枠で区切ることが出来ず、場所はどこでも連携して好きなものを利用されます。私が20年前から提唱している「湯村温泉ハワイ化計画」では新温泉町だけでなく、他地域との連携を取り、宿泊地で滞在して頂きながら、海外のアクティビィティをオプションで選んでいただこうというものです。

「地域の個性」「体験」「周遊」などの新たな魅力を発信し、滞在型の観光を目指しています。

f0112434_16574333.jpg
但馬のアクティビティーも売りたいし、ぜひ!これからも紹介していきたいと握手をしました。
WAFAやSRT-1、RAJリバーガイドなどのライセンスを持った本格的ADVENTUREです。

キャニオニング、シャワークライミング、ハイキング、スポットライトツアー、スノーシューハイキング、化石ツアーなどを行っています。

f0112434_1658821.jpg
但馬の自然は豊かです。これからは自然に親しむアクティビティが自然回帰で親しまれると思います。

ましてやインバウンドが増えればなおさらです。都市型観光から自然観光に写っていくと思います。本当にいいパンフレットです。ぜひ、お客様に本物の自然が持つ偉大さや楽しみを紹介していきたいと思います。

NOAS TEL/079-669-1715
MAIL/info@noas-tour.com
by asanoyayu | 2015-05-25 08:53 | 旅行・体験日記

/// 青空を目指して、お互いに頑張りましょうね ///

f0112434_14414960.jpg
20日、大切なお客様にお越しいただきました。
新温泉町商工会婦人部で講演して頂いた池田の女性経営者で正弁丹吾グループ平川代表がお越しになりました。

f0112434_1442727.jpg
とても仲良くして頂いている不死王閣の岡本社長夫婦とお友達で、池田JCOGです。縁とは不思議ですね。折角、お越しいただいたのと丁度1カ月後が誕生日なので、サプライズのお土産を用意させていただきました。

f0112434_14422951.jpg
・春の「こいのぼり」
  つらいことも 楽しいことも
  みんなのみこみ 青空およぐ

・夏の「あさがお」
  真っ直ぐ 上をむいて生きたい
  時には人の力をかりて 天をめざせ

・冬の「雪椿」
  春を待ち 雪の重みに耐えて咲く

『えぇ~!秋は・・・、秋がない』
商売は商いですから・・・。

f0112434_14424729.jpg

自分に言い聞かせるように、精一杯画かせていただきました。
平川さんの感涙で、私どもの方針「感涙経営」の原点を見直す機会を与えて頂きました。
by asanoyayu | 2015-05-23 12:43 | 筆誤一会

/// 湯村温泉で太陽の輪を観測 ///

f0112434_1718244.jpg
湯村温泉では、太陽の輪が見えてます。初めて見た‼

真円ですね。めちゃ凄い!!
この現象はなんというの?

f0112434_17183470.jpg
暈ってやつで、高い空にうすい雲があると出来るそうです。

f0112434_1719552.jpg
太陽を直接見ることになるので、注意をしてください。溶接グラスで写真撮ってみました。
*良い子は絶対に真似しないでください!!。*

かなり広い範囲で見えているようですね。豊岡の町からも、但東、遠くは名古屋でも見えたそうです。

なんか良いことが起こりそう?!。
by asanoyayu | 2015-05-22 10:22 | 旅行・体験日記

/// やっと還暦のお祝い画きました ///

f0112434_13514998.jpg
朝野家の営業部は社長の使い方が上手い!

「社長、すみません。緑寿、古希、喜寿、傘寿、半寿などの『人生の節目プラン』が、お客様や業者さんが感激してましたよ!、一番多いのが「還暦」なんですよね。これも画いてもらえますか?」と簡単に言われるが、何を画くねん!?

私も後一年で還暦を迎える。昔と違って人生は伸びた。

還暦は、干支が一巡し、起算点となった年の干支に戻ること。通常は人間の年齢について数え年61歳(生まれ年に60を加えた年)を指し、本卦還り(ほんけがえり)ともいうらしい。・・・ということは人生の折り返し地点ともいうる。

f0112434_1353118.jpg
さぁ~て絵のテーマはどうするかな?
まずは、縁起ものでないと・・・。イメージは折り返しで一皮むけて、より大きくなる・・・。
厳しい世間の波を泳いできた「鯉」が、最後の難関・登竜門を通って「龍」となる。

「龍」めでたいナめでたいナ

 まだまだ半分 折り返し 
 ゆめにむかって真っ直ぐ進め

おめでとうございます。

f0112434_13534443.jpg
さぁ~て、岩彩で彩色します。
色の対比を考えながら・・・。
祝い事なので金色・銀色を入れて彩色終了。

最後に画竜点睛。出来あがりです。
出来あがりです。来年の自分に向けて画いてみた。

還暦のお客様に、ライトアップをしてお持ち帰り用のプレゼントに使いま~す。
by asanoyayu | 2015-05-21 13:42 | 筆誤一会

/// 日本で人気のファーストフラッシュ ///朝野家・香の散歩道2015.5.20放送分

f0112434_19793.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

先日、紅茶好きの友人から「今年のダージリンのファーストフラッシュは、味も香りも素晴らしい」という話を聞きました。個人的な感想かもしれませんが、そう言われると飲んでみたくなりませんか。

ファーストフラッシュというのは、長い冬を越して春の訪れとともに摘み取られる、シーズン最初の紅茶のことです。

インドの北東部、山岳地帯に広がるダージリン地方の茶園は、春夏秋冬がはっきりしています。ここでは年に3回茶葉が摘まれ、春摘みの紅茶はファーストフラッシュ、夏に摘み取るのはセカンドフラッシュ、秋に摘み取るのはオータムナルと呼ばれています。

それぞれに特徴があり、ファーストフラッシュは柔らかな春の新芽のみずみずしさ、セカンドフラッシュは「紅茶のシャンパン」とも呼ばれるダージリン特有の芳醇な味と香りが楽しめ、オータムナルは甘みとコクが際立つと言われています。

なかでも、日本で人気が高いのはファーストフラッシュだとか。紅茶でありながら青々とした茶葉で、緑茶にも似た繊細でみずみずしい風味が、日本人の味覚に合うからでしょうか。ファーストフラッシュが日本に届くこの季節を、毎年心待ちにしている人も多いそうです。

日本茶の新茶と、ダージリンのファーストフラッシュ。飲み比べてみて、味と香りの違いと共通点を見つけるのも、楽しそうですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-05-20 08:07 | 朝野家・香りの散歩道

/// 朝野家ジオガイドが19名、お客様をご案内いたします ///

f0112434_1547998.jpg
山陰海岸ジオパークのホームページに、朝野家ジオガイドが登録されました。
朝野家ジオガイドは少しでも、お客様に湯村温泉を知って頂きたい、楽しんでいただきたいと朝野家の社員だけで構成された街歩きガイドです。

f0112434_15473473.jpg
仕事の合間や休館日に、1年間かけてジオガイド研修を受けました。1種が18名、2種が1名が随時デビューしていきますので、よろしくお願いいたします。朝野家にお泊りの団体・グループのお客様は無料となっています。

f0112434_15475426.jpg
ガイドの範囲は湯村温泉一円(荒湯を中心として半径400m程度の範囲内)や温泉熱発電(小型バイナリー、ベルチェ)など省エネと温泉のポテンシャル。湯村温泉の高温泉自然湧出の仕組みと温泉を利用したまち創りをご案内します。

また、体験型観光の「湯で玉子」や「飲泉」、「温泉の効能-沸騰水の湯がき違い」などご案内時に体験して頂きます。湯村温泉が観光のために取り組んできた各スポット(みどころ)を紹介いたします。(一般のお客様もご利用いただけますが、朝野家ご利用のお客様(宿泊・昼夕食)が優先となります。)

f0112434_15482694.jpg
昨日も私と営業部長の2人で、福井からのお客様20名を案内せて頂きました。
ガイドカード良し、説明ボード良し、拡声器良し、山陰海岸ジオパークのジャンパーを着て出発します。

f0112434_15485545.jpg
ゆけむり広場で、湯村温泉の63泉源や1200年前から荒湯を利用してきた住民日常温泉(湯がき文化、温泉入浴・湯たんぽなどの熱利用、洗濯・足湯などの衛生保健)をお話しています。

f0112434_15491342.jpg
団体貸切バスの代金が2倍近く上がってきています。
いつもより、早く湯村温泉・朝野家に到着して1時間ばかり街歩きをした見ませんか?、
by asanoyayu | 2015-05-18 15:50 | 旅行・体験日記

/// 湯村温泉を舞台にしたあの名作『夢千代日記』が来年、京都南座で ///

f0112434_14233057.jpg
昨日、お客様から「朝野家に来たら、『夢千代日記』撮影の常宿だと客室係から聞いた。折角、湯村温泉に来たのでもう一度、『夢千代日記』をじっくり見て、撮影現場を散策したいんだけど・・・、何とか見ることはできませんか?」とリクエストを頂きました。

違法なのは解っているのですが、湯村ファンになって頂くために、朝野家コレクションの夢千代日記のDVD5巻とレコーダーを貸し出しました。

f0112434_14243475.jpg
湯村温泉を舞台にしたあの名作が、前進座によってよみがえります。
戦争、被爆、支え合って生きるのテーマは、現代に一番ふさわしい物語。今、もう一度・・・。

『夢千代日記』
  山あいの温泉町・・・・・
  置き屋の女将、夢千代と
  心を寄せ合って生きる
  女たちが織りなす
     人間模様

  もう少し
  生きてみようと思います
  いいでしょう お母さん

f0112434_1425760.jpg
【ストーリー】
山陰の山あい、余部鉄橋を越えたあたりの、忘れられたような町・湯の里温泉。
《はる家》はその町の小さな置屋である。そこには、芸者の菊奴や金魚、賄いのスミといった、哀しい過去や心に傷を負った女たちが肩を寄せ合うように暮らしていた。

亡き母の跡を継いだ《はる家》の女将・夢千代は、いつも自分のことより周りのことを気遣いながら生きてきたのだが、その身体は病に蝕まれていた。

その《はる家》に見知らぬ男が迷い込んで来た。 彼は、まったく記憶を失っていたのである。
そして何時しか、過去を捨て夢千代のいるこの町で暮らすことを望むようになる。そんな折り、《はる家》を乗っ取ろうとするヤクザの沼田らが入って来る。ところが彼は幼い頃広島で、夢千代の母に助けられていた・・・。

もう少し広島での母の事を知りたい。そして自分の過去から逃げてはいけないと夢千代は思うのであった。
一方、見知らぬ男の過去とは・・・。

f0112434_14254066.jpg
1981年にNHKドラマ人間模様『夢千代日記』は、吉永小百合さんが体内被曝者として、人生の吹きだまりの様な温泉町の芸者で登場したことで視聴者を魅了しました。撮影時は朝野家にお泊り頂きました。私も警官のエキストラで松田優作さんを追って、春来川の中を走りました。

日 時:2016年1月10日(日)~19日(火)
場 所:京都四條 南座
問合せ:前進座京都営業所 075-561-6300
by asanoyayu | 2015-05-17 14:29 | イベント・歳時記