朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2015年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

/// 緑の金 ///朝野家・香りの散歩道2015.9.30放送分

f0112434_196318.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

この地球上には、香りのいい植物がたくさんありますが、その昔「緑の金」と呼ばれていたほど高価な植物があるのをご存じですか。

甘い香りで世界中の人々を虜にしている、バニラです。白い花を咲かせるラン科の植物で、その花は一日しか咲きません。

バニラといえば、アイスクリームやチョコレートなどの甘い香りでおなじみですから、花はさぞかしいい香りがするだろう・・・と思いませんか?ところが、意外なことに花には香りがありません。芳香を放つのは成熟した種子の部分で、バニラビーンズと呼ばれています。

バニラビーンズをつくるのはとても手間のかかる作業で、バニラの花が咲くと人の手で一つ一つ人工授粉しなければなりません。しかも、莢が緑のうちは香りがなく、摘み取った莢をお湯につけて天日で干すことを繰り返す「キュアリング」という工程を経て、焦げ茶色になったものがバニラビーンズとして出荷されます。

天然のバニラビーンズが、今でも高価な理由がおわかりいただけたでしょう。家庭でバニラビーンズを保存するときは、莢のまま砂糖の中に埋めておくのもおすすめです。そうすると砂糖に香りが移り、ケーキやクッキーなどのお菓子づくりに使えば、甘くてやさしいバニラの香りが楽しめます。

貴重なバニラビーンズの香りが逃げてしまわないうちに、皆さんのアイデアで使いこなしてみませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-09-30 07:05 | 朝野家・香りの散歩道

/// 『You-murART』ポスター展の撮影が始まりました ///

f0112434_13584170.jpg
今朝は7:30~湯村温泉観光協会が行うYou-murART商店用ポスターの撮影があり、町内3軒にご協力して頂きました。今回のポスターの主役は湯村温泉内にある「タマガワ化粧品店」、「骨董と民芸の店 米丹」、「照来屋」の各商店主さん。

町に活気を取り戻すためには、各商店が頑張っていくのが一番。そのお手伝いと町歩きの仕掛けを作っています。この間付けた「おもしろ蛇口」を見て笑っています。モデルさん、カメラマンさん、本日よろしくお願いしま~す。

f0112434_1359396.jpg
「タマガワ化粧品店」
・コンセプトは温泉と化粧品

f0112434_140514.jpg
にわかADは観光協会の井上さん、「髪の毛が乱れてますねぇ~」とセットをしたり、みんなでCM撮影の現場を真似して楽しんでいます。いつも明るく楽しい玉川さんにカメラマンから、「もう少しがっかり」「背中まるめてください!」「化粧品はもう少し下げて自然に・・・」

f0112434_1403020.jpg
「すいません!湯けむり待ちでお願いしま~す。」「はい、OKです。本番入ります。」
流石、チンドン屋で舞台慣れしている店主さんなので良い雰囲気で採れました。

f0112434_141186.jpg
長い間、有難うございました。

f0112434_1412389.jpg
「骨董と民芸の店 米丹」
・コンセプトは元校長先生の歴史

良い雰囲気です。長男は私と同級生なので子供のころは毎日遊びに来てて、思い入れもあります。

f0112434_1423586.jpg
今回は高齢の先生に無理を申しあげました。

f0112434_1435690.jpg
高垣先生、こちらへ・・・。

f0112434_1441416.jpg
流石、人生に深みも味もあります。

f0112434_1443192.jpg
室内での撮影も・・・骨董に囲まれて、歴史がダブります。

f0112434_1445031.jpg
「照来屋」
・コンセプトは種と店主

苗や種、肥料を販売している「照来屋」、ここも妹さんが同級生。たねが売り物なのでパッケージの色具合を見ながら、岡田さんから提案を頂いています。

f0112434_1452160.jpg
今回のポスター展のプロデューサー役をしています。出張続きで、昨夜遅かったので、眠そうな目してますね。もう少し頑張ります。

f0112434_146784.jpg
車の通行を気にして、交通整理をしたり記録用の写メしたり、アイディアも出して小間使いのPしてます。「もう少し明るく胸張って!!」「ハイ!、OKで~す」

f0112434_1463446.jpg
観光協会に戻って、次回、撮影のお店と『おやじギャグ』で打合せ。

「湯村温泉隠れハートをさがせ」を探しながら・・・このポスターの写メ撮ってもらえたらいいですね。しめしめ・・・。3人で悪だくみ中、「おもしろポスター」と「知ってますかシリーズ」はどう?、「他の店舗のポスターはこうして・・・」「アイディア公募も良いよね。」なかなか面白い作戦会議でした。さてさて、どんなポスターかは出来あがってからのお楽しみ・・・です。
by asanoyayu | 2015-09-29 14:08 | まちづくり・人づくり

/// 海外からのビジターのために湯村温泉観光協会プチ整形しました ///

f0112434_14181053.jpg
湯村温泉の中心地、源泉荒湯(あらゆ)の温泉橋を渡ると『湯村温泉観光協会』が杜氏館と並んであります。

瓦葺の屋根に大きく「湯村温泉観光協会」と看板が上がっているのですぐわかると思います。観光協会では湯村温泉の案内、パンフレットのストック、新温泉町町内のアクティビティーはもちろん、ジオガイドの紹介、幸せの隠れハートの景品交換なども行っています。

f0112434_14184623.jpg
半径400mの湯村温泉の中心地、このたび、海外からのビジターのためにプチ整形しました。少しずつ外国からの来訪者が増えてきたので、観光協会も対応を迫られていました。

f0112434_14193869.jpg
より多くのビジターに来て頂くために、wifi環境の整備、観光協会のポスター外国人モデル採用、HPの英語化、湯村観光案内看板の多言語化などを進めています。

f0112434_14204612.jpg
じゃぁ~ん!!

・・・といっても、おわかりですか?本当にプチ整形です。
入口に『Tourist Information Center』と入れさせていただきました。

f0112434_1422385.jpg
皆さま、welcomeですよ。今後は英語の話せる職員の採用なども考えて行かなければなりませんね。
by asanoyayu | 2015-09-26 08:24 | まちづくり・人づくり

/// ユニークなワイルドフラワー ///朝野家・香りの散歩道2015.9.23日放送分 

f0112434_13115018.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日は「秋分の日」ですね。この日を境に、空の色も風の匂いも、日に日に秋めいていくといわれています。

では、南半球の国オーストラリアはどうでしょう?季節が逆なので、日本の感覚でいえば、春分の日にあたるようです。そして、日本に秋の花が咲くころ、西オーストラリアでは、ワイルドフラワー前線が北から南へ下っていきます。日本の桜前線は南から北上するので、やはり逆ですね。

ワイルドフラワーとは、大自然の中に自生する野生の花の総称です。西オーストラリアには、およそ1万2000種のワイルドフラワーが存在するそうで、そのうち8割が、ここでしか見られない固有種だとか。ほかの大陸から離れて、独自の進化を遂げたオーストラリア大陸では、花や木もユニークなものが多いのだそうです。

赤と緑の花がカンガルーの手のように伸びている「レッドアンドグリーン・カンガルー・ポー」は、西オーストラリアの州の花。南十字星の名がつけられた「サザンクロス」は、白い花が十字のカタチに咲きます。

こうした花々が、7月から12月にかけて各地で見頃を迎える西オーストラリアには、花のカーペットを敷き詰めたようなトレッキングコースがたくさんあり、海外から訪れる人たちも多いとか。南半球のワイルドフラワーはどんな香りがするのか・・・花の散歩道を歩きながら、香りをかいでみたくなりますね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-09-23 07:10 | 朝野家・香りの散歩道

/// お留守番のお土産は大好きなネクタイ ///

f0112434_21342944.jpg
JGNのジオガイドフォーラム、屏東県・四重渓温泉の観光視察団や台湾・香港ファムツアーやシルバーウィークでバタバタしている中、今日は間を縫って姪の結婚式で地球の裏まで行ってた女将の土産を出してみました。

『おっ!BVLGARIのネクタイです。』嬉しいですね。
夏はクールビズで使うことも少ないネクタイですが、これからの季節に使えます。

f0112434_21353182.jpg
BVLGARIのネクタイって発色がよく、織が細かくてネクタイが緩まないんですよ。特にトラッド的にも使えるSmall Pattern絵柄ですが、すべて同じ絵柄でないのが好きです。首が短く太い私にも合います。

紺色は花とてんとう虫と青虫?、黄色は金色に近く、兎がスキーをしています。赤いストックが二本のもある転んだ兎。どこかに一羽だけ違っているんですよね。デザイナーが遊んでいます。こんなところも好きなんです。

f0112434_21363359.jpg
この紫は本当にいい色です。繊細な柄ですがユニークなものが多いですよね。近づいて見るとピエロ、サーカスの様子でしょうか?これだけの色を入れると糸色が何十種類も必要になります。柔らかさや風合いも良いですね。

f0112434_2137103.jpg
BVLGARIのネクタイを何点か並べてみるとどの色も綺麗で柄がユニークです。春は窓や人を、夏はひまわり(太陽か?)か水鳥(悪魔が隠れてます)、秋は収穫祭でカボチャなど季節に分けて締めてます。

少し太めが特徴で私の体とのバランスも良いんです。

f0112434_21375040.jpg
Christian Dior、BALMAN、Blacksheepなども持っているのですが、裏が違います。ほとんどが専用の裏地に対して、BVLGARIのネクタイは表と同じ生地で倍使っていて、ループも共柄です。こんなところも好きなんです。

11日間のお留守番のご褒美は、大好きなBVLGARIのネクタイでした。

うぅん!!

カード支払いって言ってたから・・・。私の口座から落ちるや~ん。まあ~無事に帰ってきたしまぁ~ええか!?
by asanoyayu | 2015-09-22 21:39 | 社長お勧め商品

/// 幸運の鳥が地に降りた、オープンおめでとう! ///

f0112434_14152157.jpg
友人から「こうのとりの墨絵を画いてほしい」と依頼を受けた。独学無手勝流のアマチュア絵ですからと普段は断るのだが、但馬・豊岡に錦を飾って店を出す、いずれは帰ってきて故郷に住むことも考えていると言われて、「私でよければ・・・」と答えてしまった。

あれからバタバタとしながら日々が過ぎて行く、こうのとり・・・。
但馬、日本いや世界を代表する絶滅から復活した鳥。幸せを運ぶ鳥こうのとり、宇宙に飛び立ったこうのとり。いずれにしても吉祥鳥の幸の鳥(こうのとり)。

f0112434_1415557.jpg
1カ月間、悩んだ末に、1枚の墨絵でなく5連動作の墨絵にした方がいいとデザインを決めた。動きがでる、時間軸でも、縦軸でも使えるし、並べても、バラバラでも好きなように使ってもらえる。

f0112434_14163069.jpg
1枚ずつ絵を作っていく。細筆で墨枠を画き薄墨からのせていく。次第に濃墨で濃淡を付けていく、黒羽が終わると白羽にうつり、水でのばしながら骨格や筋肉に合わせながら影を付けていく。

1枚、1枚と羽ばたくこうのとりがコマ送りの様に画けてきた。

f0112434_14165470.jpg
5枚が画けたので、会議室の絨毯に並べてみた。

大空を羽ばたき、徐々に高度を下げて地に着く5連の墨絵。時間軸で並べると羽ばたいているように私には見えた。

f0112434_14172342.jpg
縦軸で並べてみても良い感じ。草はらに「らしく」と入れてみた。幸運の鳥が「らしく」地に降りた瞬間。オープンおめでとう!。

人は人によって刺激しあい、さらに成長できる。
by asanoyayu | 2015-09-21 14:18 | 筆誤一会

/// You-murARTスタート おもしろ蛇口1号『誰や!ホースの先踏んでんのん?』設置 ///

f0112434_11333555.jpg
爽やかな風と共に秋が始まりました。秋は「食欲の秋」「スポーツの秋」、そして「芸術の秋」です。さぁ~、見積りも頂きながらYou-murARTぼちぼちスタートします。

f0112434_1134076.jpg
早速、観光協会の入口右側にあり、水道の蛇口をアートに替えました。

f0112434_11342465.jpg
湯村温泉の街を歩くと不思議な事に出会います。民家の玄関先に水道柱2つが仲良く並んでいます。あっちの民家にも、こっちの民家にも・・・?。蛇口2つもつけて、無駄な工事ですねェ~。

でも、湯村温泉では当たり前なんです。実はこれ、片方は温泉が出てくるんです。これは温泉が出てくる蛇口なんです。温泉は1トン160円、水道水は1トン230円ですから温泉の方が安いのですよ。

f0112434_11344816.jpg
2つある蛇口の1つ(水道側)に、『おもしろ蛇口』を付けてアイキャッチにさせていただきました。へぇ~んな蛇口でしょう?、カランも横向いてますし膨らんでます。見つけたらSNSのアップして見て下さい。

f0112434_1135580.jpg
この蛇口の大阪にあるカクダイの「おもしろ蛇口」の1つです。

蛇口の名前は『誰や!ホースの先踏んでんのん?』、ホースの先を踏まれて蛇口に水がたまって、ぷぅ~と膨れたという設定です。蛇口が怒っています。

他にも薄い蛇口や「かっくん」「いや~ん」「だら~ん」「ぶら~ん」など変った名前の蛇口ばかり、他にも湯村温泉の温泉の豊富さを語る上で、おもしろ蛇口に変えてアイキャッチに使いたいと思います。

カクダイおもしろ蛇口の動画

ここまで来ると芸術ですね。半径400mの湯村温泉散策で楽しんでいただけるYou-murARTの1つとして、展示させていただきました。実際にも使えるんですよ。
by asanoyayu | 2015-09-20 11:39 | まちづくり・人づくり

/// 久々にケースが良い「ヒント ミントのアイロニー」買いました ///

f0112434_11175861.jpg
旅行会社の会議があり、神戸に行ったついでに輸入雑貨で、ヒント ミント社のアイロニー・チョコレートとペパーミントを久々に買いました。

『フリスク』と同じ錠剤状清涼菓子ですが、ケースがとにかく格好よく、印象に残ります。最近プラザ(ソニプラ)見なくなりました。

いつもフリスクを使用しているのですが、このケースに移しかえるとスマートでカッコ良いのです。ケースの外見は黒メタルケースで、チョコには金、ミントにはメタルブルーの型押し、非常に高級感に溢れ、フリスクの白プラスティックとは大いに違います。

f0112434_1121686.jpg
タブレットを出す時は、フリスクと同様に上蓋をスライドさせるのですが、すこし出にくいようです。

比べてみると厚さがフリスクの倍ほどあるのと金属性のため出口ぎりぎりまで、横壁に切り込めないのです。

f0112434_11212991.jpg

さらに開けるとチョコは金地、ミントはメタリックブルー地のミントリーフのブランドマークが出てきます。

全体は小さな携帯電話のような仕上がりになっています。しかも閉めたときのカチッと止まる感じがいいです。IRONYの意味は「皮肉、皮肉な巡り合わせ・出来事」です。ネーミィングもいいですね。

チョコレートミントはココア味が来て、ミントの清涼感はほとんど感じません。ペパーミントの方は、ほぼフリスクと同じです。

両方とも甘味料にソルビトール・アスパルテームなどを使っているため低カロリー、吸熱反応でひんやりとした感触がします。ほかにターリーズコーヒーオリジナルバージョンもあるそうです。
by asanoyayu | 2015-09-19 07:51 | 雑貨・お試し商品・おまけ

/// 香港・台湾の海外メディアFAMトリップで町案内をしました ///

f0112434_963885.jpg
京都・兵庫・鳥取三府県広域観光交流圏推進実行委員会の海外メディアFAMツアーがあり、新温泉町商工会の理事会を早退して、湯村温泉内をご案内させていただきました。

f0112434_97040.jpg
台湾から3名、香港から2名の有名ブロガーの方は、今回、湯村温泉は初めての様子で、お着きになられて色浴衣での湯村散策を提案させていただき、女将と客室係とで、お顔に合わせて色浴衣、帯などの色合わせをさせていただきました。

f0112434_972347.jpg
若い女性ですから色浴衣が映えて、たちまち写真大会が始まります。町歩きの出発時間ですが、まだまだ写真大会が続いてます。浴衣姿可愛いですよね。

f0112434_974263.jpg
今回は湯村らしさの追求の旅をご案内します。むろん「湯村温泉・幸せの隠れハートを探せ!」はテンション上がりぱなし。和やかな案内が続きます。

f0112434_98191.jpg
香港からお越しの陳さん、浴衣とってもお似合いですよ。観光客にも開放されている荒湯でゆで卵体験も。生きた温泉での湯がき体験、唐辛子が葉ッパと一緒に湯がかれているのを見て、また、写真をバシャバシャと。

f0112434_983021.jpg
湯村温泉の湧きたての新鮮な温泉も飲んで頂きました。飲泉すると胃の粘膜が修復されます。地下450km~600kmから上がってくる自然の温泉と湯気に関心されてます。

湯村温泉は「日常の温泉」。観光のために造られた温泉でなく、観光客も住民と同じく温泉を利用できる温泉。住民の温泉生活を垣間見る事が出来るんです。

f0112434_985112.jpg
2000年に出来た湯村の足湯は足湯発祥の地。1200年前から湯村温泉は『湯がく文化』。旅人がここの温泉(荒湯がこぼれて川水と混ざった温泉)足の疲れを取っていた「足湯がき」が「足湯」の語源。

f0112434_992243.jpg
観光協会に隠れハートの写メを5つ以上見せると、足湯用のタオルがもらえます。観光協会員がちゃ~んとチェックします。また、今まで見つかっていないハートは、名前をつける事が出来ます。

f0112434_9949100.jpg
湯村温泉名物「温泉洗髪」。ちょっと頭の薄くなった兵庫県観光振興課富田主幹に犠牲になって頂き、温泉洗髪のモデルを務めて頂きました。写真を取りながら毛が「生えろ、生えろ」の大合唱、4軒の散髪屋さんすべてに瞬間湯沸かし器は無く、すべて温泉で洗っているんです。

湯村の温泉で洗髪すると毛穴の脂汚れが取れ、温泉の成分で頭皮が柔らかくなります。また、毛根下の毛細血管の血流が良くなり、きっと毛が生える条件が整います。主査も「生えろ、生えろ」の大合唱、まんざらでもなかったです。毛が立ってふぁ~と増えたように見えました。

f0112434_9104199.jpg
関東から当地をおさめに来た温泉(ゆのじょう)城主の朝野家はお城の外観、宴会時には西陣織の陣羽織を羽織ってお殿様・お姫様になります。おっ~と、写真タイムです。

f0112434_911116.jpg
9月の会席は「名月」月見の膳。

前菜は色々な食感、味のお団子、はたはたの黄金鍋、香住がにの姿、但馬牛の岩塩板焼き、もちしゃぶなどの料理、香住鶴の冷酒で笑い声とカメラ音がいつまでも響いてました。
by asanoyayu | 2015-09-18 09:12 | テレビ・雑誌の取材

/// 内藤とうがらし ///朝野家・香りの散歩道2015.9.16日放送分

f0112434_1818154.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

夏から秋にかけて旬を迎える野菜はたくさんありますが、赤とうがらしもその一つです。

赤とうがらしは青とうがらしが熟したもので、和食にも中華にもエスニック料理にも、大活躍の香辛料ですね。私たちが普段よく口にしているのは辛味の強い「鷹の爪」ですが、江戸時代には、今の新宿あたりで作られていた評判のとうがらしがあったことをご存じですか?

辛味の中に甘さを感じる「八つ房(やつふさ)」という種類のとうがらしで、江戸っ子たちからは「内藤とうがらし」と呼ばれていました。

「内藤」というのは、現在の新宿御苑がある場所に屋敷を構えていた、信濃高遠(しなのたかとお)藩の内藤家のこと。当時の大名たちは、江戸屋敷の敷地内で故郷の作物を栽培していたそうで、なかでも内藤家のとうがらしは、その美味しさで江戸の人々の評判を呼びました。

やがて、近くの農村でも作られるようになり、蕎麦の薬味や漬け物づくりになくてはならない香辛料になったそうです。

その後、鷹の爪の人気に押されて姿を消しかけていた内藤とうがらしですが、2008年から、新宿エリアのブランド野菜として復活させよう!というプロジェクトがスタートしています。

ゆかりの地である新宿御苑のレストランでも、内藤とうがらしを使った料理やスイーツがメニューに。平成の世によみがえった江戸野菜の味と香りを、皆さんも味わってみませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-09-16 07:16 | 朝野家・香りの散歩道