朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2016年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

/// これは潰せないプチプチ ///

発想の豊かさに感心する。
面白いなぁ〜!ほんの少しだけ変えただけ。

f0112434_18454912.jpg
割れ物や壊れ物など、大切なものを包むエアクッション。

緩衝材ともプチプチなどとも呼ばれているもの。 そんなプチプチに涼しげな金魚の絵が描かれているとしたら・・・ HAFT DESIGNのプロダクトデザイナー秋山乃佑さんがデザインしたのが、1粒1粒に金魚がデザインされたエアクッション
by asanoyayu | 2016-11-30 18:40 | 旅行・体験日記

/// 12月クリスマスの絵灯篭・プレゼントボックスを作成中 ///

f0112434_1820253.jpg
料理や企画、ディスプレーを考えるのは、楽しいですよね。専門に考えるのも良いのですが、手作り感も良いですね。

朝野家では、夕食時に季節の絵灯篭でお食事を楽しんでいただく企画もございます。テーブルにセッティングをして電気を消すと、灯篭の絵が浮かび上がるように内側に絵を画いています。

f0112434_18204058.jpg
社長使いの荒い営業部より、クリスマスシーズンの絵灯篭を画く要請がきました。「お客様は社長の彩色墨絵を楽しみにして、お餅帰られます。ぜひ、クリスマスバージョンもお願いします。」

そんなおだてに載せられて、「・・・考えなきゃならないのは私やでぇ・・・」と心優しい社長は一生懸命考えるのです。彩色墨絵は洋式祭事には合わへんなぁ~、あと3日で12月。印刷を入れると今すぐなんです。

デザインを考え、カットを考え、サプライズも掘り込みます。
いるものをピックアップして「鳥取の100円ショップまで買物に行ってきまぁ~す」

f0112434_18212071.jpg
12月クリスマスシーズン。絵燈籠の試作品を作ってみました。クリスマスツリー、リボン、サンタクロース・・・を墨と顔彩で画いて!

f0112434_18215995.jpg
クラフトパンチとスクリューポンチで星とライトの所を穴を開けて、ローソクの火がより見えるようになった。

f0112434_18222486.jpg
電気を付けた時は星型やライトの穴が見えづらく、電気を消すとロウソクの光りが穴から透過される2つの顔を持つ、絵燈籠が出来た。よしよし、お客様に喜んでもらいた~い。

f0112434_18225350.jpg
さらにその横に置く前菜皿には、昼食で使う黒の開き三段御重に、赤のビニテープのリボンを掛けて、リボンをはりつけるとプレゼントボックスの出来あがり

f0112434_18234023.jpg

やっと、営業部からOK頂きました。
私の役割仕事は終了!! 後は営業部さん、調理部さん頑張ってやぁ~。

#墨絵 #朝野家 #湯村温泉 #asanoya #yumura #絵燈籠 #作ってみた #きれい
by asanoyayu | 2016-11-28 18:24 | 旅行・体験日記

/// 『いにしえ逍遥・旅タカラジェンヌ』の撮影 急遽、私が・・・ ///

f0112434_153370.jpg
25.26日に『いにしえ逍遥 旅タカラジェンヌ』の撮影が朝野家でありました。

f0112434_16988.jpg
『いにしえ逍遥・旅タカラジェンヌ』は、スカパー!e2のTAKARAZUKA SKY STAGEで、タカラジェンヌがこだわりの旅を紹介する情報番組。同時にKBS京都テレビでも、『旅タカラジェンヌ』のタイトルで放映されています。

f0112434_16489.jpg
今回の旅のレポーターは星組の小桜ほのかさんが朝野家と湯村温泉を紹介してくれます。

朝野家での撮影を女将が担当だったのですが、咳が出て止まらないので急遽お鉢が回ってきました。本番前に急遽台本を読んでおります。性格的に「なんとかなるわ~」の楽天家なので・・・。お友達気分でお話をさせていただきました。

f0112434_172393.jpg
どんなふうに撮れているんでしょうか?気になりますね。とても笑顔の可愛いタカラジェンヌです。

朝野家でのお食事は但馬牛ステーキと松葉蟹のコース「椿の膳蟹の食べ方や但馬牛のルーツも説明させていただきました。
ここでもジオガイドの知識が生かされています。「2種をとっておいて良かった~」。当家のルーツ温泉城の話、館内では夢千代日記のエピソードなど聞かれましたが、没かなぁ~。

ちなみに食事シーンはNGでしたのでぜひ、番組をご覧くださいね!!

f0112434_175667.jpg
一番驚かれたのが、『荒湯生キャラメル』。「練乳もキャラメルも大好きなんですよ~。」本当に喜んで召し上がっていただけ、ついつい『荒湯生キャラメル』をお土産プレゼント、帰ったらクラッカーを買って同期のタカラジェンヌと生キャラメルパーティーをするそうです。

f0112434_182550.jpg
撮影は荒湯で足湯や荒湯玉子、夢千代館、夢てがみ、おばあかふぇ、杜氏館、県立但馬牧場公園などたくさん紹介される予定です。ぜひ、ご覧ください。

f0112434_184963.jpg
ほのか、あいちゃんファンのためのフォトギャラリーです。

舞台とは違う小桜さんを見ることが出来ま~す。
by asanoyayu | 2016-11-27 07:59 | テレビ・雑誌の取材

/// 湯村温泉観光協会は本年の観光ポスターの発表を行いました ///

f0112434_2320431.jpg
今年は2年ぶりのポスター制作で、テーマは湯村温泉の「温泉力」。
源泉「荒湯」、足湯、荒湯たまご、夢千代という4つのテーマで、湯村らしさを映像と数字で表現しています。

2016年度湯村温泉観光ポスターが出来上がりました。
1.12.21.98何の数字だか解りますか?
そこが狙いです!!!

f0112434_23254776.jpg
荒湯/日本一の温度98度、もくもくと湯気は自然湧出源泉。

足湯/1200前からの「足湯がき」を2000年に復活しました。長さは21mは21世紀にかけて造られました。

荒湯たまご/住民だけでなく、観光客にも24時間開放されている温泉は珍しい、温泉が豊富だから・・・。12分でゆで玉子の出来あがり。湯村温泉の台所での体験型商品。泉質の3成分で「ぴかぴか・ポカポカ・ぷるぷる」になれる。

夢千代日記/昭和56年NHKで放映された夢千代さん、女優・吉永小百合さんの銅像。湯村温泉1番のスポットです。

橋本屋の女将さんにモデルをしていただきました。
by asanoyayu | 2016-11-25 23:27 | 旅行・体験日記

/// 海のミルク ///朝野家・香りの散歩道2016.11.23放送日

f0112434_22203904.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

「勤労感謝の日」の今日は、「牡蠣の日」でもあることをご存じですか。

栄養豊富な牡蠣を食べて、日頃の勤労の疲れを癒してもらおうと、全国漁業協同組合連合会によって制定された記念日です。

山陰では、夏が旬の岩牡蠣が名物の一つですが、今は真牡蠣のシーズン真っ盛り。真牡蠣の生産量が日本一の広島県では、瀬戸内海で育ったぷりぷりの牡蠣が、全国各地に出荷されています。

ところで、牡蠣には海の水をきれいにするチカラがあるのをご存じですか。

牡蠣は海の中で呼吸をしながら、プランクトンやさまざまな栄養を取り込んで、きれいな水をはきだしています。海の水に溶け込んでいる栄養は、生き物にとって必要なものですが、増えすぎると海が汚れてしまうのだとか。

それを、牡蠣は自分が食事をすることによって、浄化してくれているのですね。自然のメカニズムは、本当によくできていると感心してしまいます。

そうして、すくすくと育った牡蠣は、「海のミルク」と呼ばれるほど栄養たっぷり。貝を生で食べる習慣がない欧米でも、生牡蠣だけは人気があります。オイスターバーでワインと一緒に生牡蠣を味わうとき、そのおいしさに「大人になってヨカッタ」と思う人も、きっとたくさんいるでしょうね。

さて、働く大人の皆さん、今夜は何を食べて勤労に感謝しますか。

*『朝野家・香りの散歩道』朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。


by asanoyayu | 2016-11-23 22:22 | 朝野家・香りの散歩道

/// まだまだ青春! めでたいナめでたいナ ///

f0112434_0464335.jpg
23日は、同級生の田畑君と中村さんの結婚式。

良き出会いがあったようで、2か月前に結婚式の予約が朝野家にありました。
「ちょっと、言いにくいんやけど・・・、今度結婚することになったからやっちゃんとこで頼むわ!?」
「えぇ~!式すんの!!、いやいや、それはおめでとう。目出度いね!」

先ほど、新郎の所に行くといない、担当者に聞くと新婦の部屋に行っているようです。

2回目やから落ち着いていると思いきや・・・。顔を見るなり、嬉しそうにそわそわしながら照れ笑い。お母様からもお礼を頂きながら「膳掛けの絵は社長が画かれたんですか?、絵手紙かなんかやられたんですか、勢いを感じます。あの鯛の絵をもらって帰って良いですか?。」

f0112434_0472210.jpg
また、悪い癖がむくむく、そんなに喜んでいただけるならサプライズで画きます。
式には間に合わなくても、懇親会にはね。喜んで頂ける。わぁ~い、わぁ~い!修くんおめでとう。

目出鯛の彩色墨絵画きます。ますます幸せになれるように!!
いつも以上に金・銀を使って・・・。還暦を迎えてからの青春!!ほんまに凄い奴や。

「幸せになってや!」と思いを込めて、画き上げます。

f0112434_048024.jpg
出来た!落款を押して、額に入れて持っていきました。

サプライズ~!!!。
「タンポポ」や「ミンボーの女」などで有名な監督・役者伊丹十三氏は
 『お客の求める事を、お客の想像を越える事で提供する』

たぶん、これがサービスなんだろうな・・・。自己満足かもしれないけれど・・・田畑君楽しんでね。
by asanoyayu | 2016-11-23 00:44 | 筆誤一会

/// 久々のスイーツのチョコ「ファッツェル(Fazer)」美味い ///

f0112434_00021282.jpg
World Travel Market Londonに行った娘がお土産で買って来たのが、フィンランドの老舗メーカー 「ファッツェル(Fazer)」のチョコレート。 フィンランド航空でヘルシンキで、トランジットでロンドンに行く途中に買ったらしく、小さい箱のわりにズッシリと56粒も入っています。

イメージ 2

このチョコは、元々、ヨーロッパ各国の王室や貴族に愛されているヌガーチョコレートなんです。

イメージ 3

なめらかなチョコにスライスアーモンドが入った優しい味わいです。 これは滑らかで柔らかめ、甘さ控えめで美味しいですよ。

お勧めです。ぜひ一度お召し上がれ。
Hyvää ruokahalua!

Amazonでも箱は変わりますが、取り扱っているようです。

#yumura #asanoya #sweet #chocolate #fazer #朝野家 #湯村温泉 #チョコレート #フィンランド

by asanoyayu | 2016-11-22 00:02

/// 朝野家から見える風景も秋色になりました ///

f0112434_16401127.jpg

♪~今はもう秋ぃ~♪


イメージ 2


湯村温泉の紅葉名所といえば町の真中に位置する小高い丘にある「清正公園(せいしょうこうえん)」です。朝野家のラウンジや部屋からもゆったりと見ることが出来るのですが、少しずつ綺麗な秋に色付きました。


温泉街から階段で頂上までのぼると、眼下には湯村温泉が一望できる絶好の写真スポット。頂上には日本ライトアップの第一人者:石井幹子さんの夢文字があります。


イメージ 3


◇ランドマーク「夢」文字イリュージョン
・1時間に3回(20分毎).5分間点灯し、四季を色変化で表しています。
・ライトアップの時間は、日没の30分後より午後10時までです。


イメージ 4


朝野家の玄関から続く神社の参道にも秋が少しずつ訪れています。
赤・黄・橙・緑にグラディエーション


イメージ 5


蟹のシーズンと共に秋が深まります。


荒湯の湯気も心なしかもうもうとしています。
日本の四季は素晴らしいですね。


イメージ 6


秋の深まりと共に、もうすぐ松葉蟹の解禁になります。
美味しい蟹と美しい露天風呂で温まりませんか?



by asanoyayu | 2016-11-20 16:40 | 旅行・体験日記

/// 湯村温泉ディズニーランド計画の講演 ///

f0112434_23432801.jpg

16日、東京キャラバンを終えて、湯村温泉に帰り、登別から観光・商工・銀行・大学などのお客様21名をお迎えして、温泉利用したまち創りの講演させていただきました。

半径400mのまち創り

ディズニーランド構想

f0112434_23475869.jpg
湯村温泉荒湯生キャラメル

f0112434_23474486.jpg
湯村の国の宝物・まちの台所

湯がきの文化

磨く・掘り起す・導入する

汽車型→電車型スタイル

温泉熱小型バイナリー発電&ペルチェ素子発電

f0112434_23481229.jpg
事務局の道銀地域総合研究所の長野さんと生キャラメルです。


by asanoyayu | 2016-11-18 23:46 | まちづくり・人づくり

/// ボージョレ・ヌーボーの解禁日 ///2016.11.06放送日

f0112434_12382802.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

11月の第3木曜日は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日です。今年は・・・そうです、明日です。ボージョレ・ヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方ボージョレ地区で、その年に収穫されたブドウを、その年に仕込んでつくられたワインの新酒です。

もともとは、地元の人々が楽しむ地酒として親しまれていたそうで、樽ごとビストロやカフェに運び、収穫を喜び合いながら飲んでいたとか。ボージョレの新酒を意味する、ボージョレ・ヌーボーという名前がフランス政府に認められたのは1951年。今から65年前のことです。

当時は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日は設定されていなかったので、「いち早く今年の新酒が味わえる」と、パリのレストランなどで人気を呼びました。けれど、販売競争が加熱して、どんどん早く出荷されるようになり、品質が粗悪なものも出回るようになってしまったとか。そこで、フランス政府によって解禁日が決められ、その日までは販売できなくすることで、ワインの品質を守ったのだそうです。

日本にボージョレ・ヌーボーが上陸し、その人気がはじけたのは1980年代のこと。解禁日の時差の関係で、日本は本国のフランスよりもひと足先に味わえることもあり、大ブームになりました。

さて、今年のボージョレ・ヌーボーの出来は、いかがでしょうか。心の中でカウントダウンをしながら、待っている方もいらっしゃるでしょうね。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2016-11-17 12:38 | 朝野家・香りの散歩道