朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

タグ:ホーロー看板 ( 5 ) タグの人気記事

/// ホーロー看板にフジカラーが増えました ///

f0112434_150490.jpg「お正月を写そう、フジカラーで写そう」というキャッチフレーズで有名なフジカラーのホーロー看板を社員の家族からいただきました。

湯村温泉が一番活気のあった昭和時代を復活したくて、個人的に懐かし物を色々集めています。
f0112434_150311.jpg昭和を代表するものとして琺瑯看板があります。

今ではほとんど見ることがなくなった「キンチョール」「ボンカレー」「オロナミンC」などの琺瑯仕上げの看板で、明治時代から昭和にかけて、家の壁や塀、農家の納屋など街のあちこちに張られていたもので、日本の風景には欠かせない懐かしいアイテムです。
f0112434_15151670.jpg集めた看板は大小合わせて100枚、内60枚は湯村温泉まちかどギャラリーに貸出して、観光客の方に見ていただいています。それを知った社員のご主人が探して届けてくれました。
f0112434_151762.jpgなかなか見つからないフジカラーの琺瑯看板付木製ベンチに使われていたもので、観光地には結構あったものなのですが、フィルムを宣伝するためにベンチを寄付してたんですよね。

のちに緑色の鉄ベンチ、最後はプラスチックベンチに変わったのです。寄贈が入っている珍しい一品です。

この「FUJI FILM」のトレードマークは昭和35年(1960)ごろより昭和55年(1980)まで使われましたものです。
f0112434_1513582.jpg琺瑯看板は印刷看板と違い鉄板に、色ガラスで字や絵をデザインし焼き固めます。

そのため色の数だけ乗せては焼きを乗せては焼きと繰り返して多色にするのです。印刷か琺瑯かを調べるには簡単な方法は裏を見れば解ります。特に古いものは引っくり返すと色ガラスが垂れています。

また1つ昭和の貴重な思い出が増えました。
by asanoyayu | 2009-10-06 01:58 | まちづくり・人づくり

/// 「わかさ美術館」ブリキのおもちゃ・あの小松崎茂の絵があるの? ///

f0112434_8235656.jpg一昨日、神戸ポートピアホテルで会議があったのですが、鳥取空港に立ち寄ったため普段通らない国道29号線で神戸に向かいました。鳥取から姫路にむかう29号線なのですが、かなりの山道、鳥取と兵庫県のあいだには戸倉峠がありますが、その手前の若桜町小船で面白い建物を見つけました。
f0112434_8243284.jpg最初、キンチョールのホーロー看板が気になって前を通ったのですが、横にたくさんのホーロー看板が見えてきました。ロケットも・・・。「へぇ~!何々?」通り過ぎたのですが、気になってUターン。車を止めてじっくり見ました。
「わかさ美術館」ブリキのおもちゃ 小松崎茂 とあります。
個人の収集美術館でしょうか?
残念ながら「閉館」の看板があがってました。
看板をよく見ると開館日 土・日 10時~5時です。
f0112434_8321775.jpg建物の両端に手作り感いっぱいのロケット。
なんか面白そうです。
f0112434_8273365.jpg帰ってネットで「わかさ美術館」を調べてみると
「神戸市在住の竹中信清さん(64)が、若桜町内の民家に1950-60年代のブリキのおもちゃなどを展示した「わかさ美術館-小松崎茂・ブリキのおもちゃ・昭和懐かしの館」をオープンさせた。館内には竹中さんが長い年月をかけて収集したブリキのおもちゃやあの小松崎茂さんの原画など、約450点がずらり。昭和の香りを存分に楽しめるユニークなつくりになっている。」とニュースになってました。

今度行って見なければ・・・。
朝野家勝手口にも、ホーロー看板並んだ「まちかどギャラリー 琺瑯看板コレクション」があります。
by asanoyayu | 2008-05-14 08:33 | まちづくり・人づくり

まちかどギャラリー 琺瑯看板コレクション完成

f0112434_15521992.jpg
3月3日の完成を目指して、まちかどギャラリー琺瑯看板コレクションの設置が朝野家通用門内で行われました。
f0112434_15531576.jpgホーロー看板とは、今ではほとんど見ることがなくなった「キンチョール」「ボンカレー」「オロナミンC」などの琺瑯仕上げの看板で、明治時代から昭和にかけて、家の壁や塀、農家の納屋など街のあちこちに張られていたもので、日本の風景には欠かせない懐かしいアイテムです。
f0112434_1554783.jpg
15年ぐらいかけて集めた琺瑯看板枚数は110枚、場所が少ないので半分の60枚を提供させていただき、観光協会の『まちかどギャラリー琺瑯看板コレクション』として取り付けられました。

大きいものでは100cm×100cmのキンチョーや長さ200cmのハウスカレー、小さいものは20cmの三菱エンジン看板横には説明書きも準備、塀に取り付けられた琺瑯看板は再び息を吹き返したようです。
f0112434_15543932.jpgこげ茶の塀、木製電柱、はだか電球と、看板の前に立って、カメラをセピア設定にして写真を撮れば昭和時代にタイムスリップ。

なつかしい世界が広がります。
f0112434_10382270.jpg豊かな時代、昭和。親子・夫婦・ご家族で思い出していただければ幸いです。

f0112434_15551316.jpg朝野家通用門(裏門)前にはバス停風の「まちかどギャラリー」立て看板を目印に。
お客様へ
館内からは行くことができません、また通用口になりますのでお車にご注意ください。

by asanoyayu | 2008-03-02 00:34 | まちづくり・人づくり

街角ギャラリー ホーロー看板等の進捗状況

f0112434_055542.jpg昨年から予定しています。街角ギャラリー3ヶ所の進捗状況です。

f0112434_063378.jpg*朝野家通用口内街角ギャラリー/ホーロー看板展本町通り但馬銀行前、朝野家通用門内に、木塀が出来ました。
古い塀との色あわせや修理が少し必要となりますが、なつかしのホーロー看板が50点ほど並び木製電柱には裸電球がつく予定です。(イラスト参照)
また門外に町角ギャラリーの看板が付きます。
f0112434_065857.jpg展示時間は8:00~21:00ぐらい 朝野家休館日には見ることが出来ません。木製電柱も準備済み
f0112434_071789.jpg*夢千代館川側街角ギャラリー/オート三輪「ハンビー」展示
岩美町より寄贈の昭和34年製三井精機工業が製造・日野販売の「ハンビー」が夢千代館川側に展示されます。現存で使用可能のものは日本にはほとんど皆無で大変珍しいものです。ガラス張り展示のため写真に収めることも出来ます。
f0112434_073955.jpg*ゆむら屋街角ギャラリー/湯たんぽ等昭和グッズ展示昭和40年ごろまで、湯村温泉の風物詩「湯たんぽ」は旅館や薬師湯入浴後に荒湯で入れて、区民が利用していました。近年、エコや省資源、健康などの観点から見直されています。特に荒湯を利用する場合、ガスなどの燃料を利用しない暖房器具です。
その湯たんぽをはじめ、昭和時代の懐かしいグッズを展示します。
夜でもガラス越しに見学できるように、ライトを点灯します。

3月中にすべて終了の予定です。
by asanoyayu | 2008-02-18 00:16 | まちづくり・人づくり

/// 懐かしのホーロー看板 並べると足の踏み場もない ///

観光協会がまちづくりの一環として、湯村温泉商店街の空き店舗や既存商店の一部などを活用して、こだわりの商品を展示することで観光客の方の回遊性や滞在性を高め、楽しんでいただく「街角ギャラリー」構想が実施段階になってきた。

f0112434_10595229.jpg今まで趣味で集めていた『ホーロー看板』が披露される事となり、担当するタケダサインの重本君が看板設置デザインのため取りに来た。どんなホーロー看板があり、色・形など検討した上で15mの塀に取り付けるらしい。

集めた全ホーロー看板は車庫にすべて飾れないため30枚ぐらい張ってあったものと包装されたまま保存してた看板を、トラックに積み込み運び出すことになった。大きいものでは100cm×100cmのキンチョーや長さ200cmのハウスカレー、小さいものは20cmの三菱エンジンなど全部で100枚を超えた。


f0112434_1121576.jpgすべてをタケダサインの工場に並べると足の踏み場もないほどになりました。

f0112434_1131737.jpg店前を通る人やお客さんは足を止め懐かしいと見ていました。


f0112434_1141535.jpg設置場所は朝野家裏大手門内側の塀を利用する予定です。

出来上がるとこんな感じになるかな?
木製電柱に傘のはだか電球。
完成予想図

ホーロー看板とは、今ではほとんど見ることがなくなった「キンチョール」「ボンカレー」「オロナミンC」などの琺瑯仕上げの看板で、明治時代から昭和にかけて、家の壁や塀、農家の納屋など街のあちこちに張られていたもので、日本の風景には欠かせない懐かしいアイテムです。
by asanoyayu | 2007-10-20 11:07 | 社長お勧め商品