朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

タグ:墨絵 ( 78 ) タグの人気記事

/// 冬の定番「雪椿」「蟹すき」「雪湯村」「とんど」 ///

f0112434_11390631.jpg
今夜は久々に会議もなく、明日の視察研修会講師の準備も出来た。
f0112434_11391717.jpg

少しゆっくりしていると、旅の思い出帳が3冊、半紙で1つ欲しいというお客様のご希望です。フロントの手を煩わす事もなく、俺が画くから・・・。

f0112434_11392878.jpg

4冊画き終わりました。冬の定番「雪椿」「蟹すき」「雪湯村」そして期間限定の「とんど」出来上がりました。

f0112434_11394138.jpg

久々に墨絵を複数画いてみました。もう少し良い筆買わなければ。筆先が割れてまとまらず、細い線が画きにくいなあ〜。

f0112434_11403601.jpg

凡人、筆を選ぶ??!努力努力ですね。





第2回プラチナブロガーコンテスト



by asanoyayu | 2018-01-21 11:37 | 筆誤一会

/// のほれ のぼれ 天まで とどけ ///

f0112434_11551769.jpg
今日、一日だけのスペシャルバージョン。
(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

「どんど焼き」とは小正月の行事で、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やす火祭り。

どんど焼きの火にあたったり、焼いた鏡餅を食べれば、その1年間健康でいられると言われています。...

また、燃やした書き初めの紙が高く舞い上がると習字が上手になり、勉強もできるようになるなどともいわれています。

湯村温泉では八幡神社でこの「とんど」が行われ、子供のころ、書き初めが高く上がるのを願ってました。

でも、本当は高く上がるよりは鏡餅の焼けるのが一番気になっていました。家に持ち帰ってぜんざいが最高でした。

『のぼれ のぼれ 天まで とどけ』




第2回プラチナブロガーコンテスト



by asanoyayu | 2018-01-07 11:56 | 筆誤一会

/// やっと墨絵セミナーのパワーポイントできました ///

f0112434_22530848.jpg

1月末に大阪で、「誰でも画ける彩色墨絵」のセミナー講師をするために、パワーポイントの準備が必要になり、昨日やっと完成しました。

40年前の「旅の思い出帳」は旅館や観光地のスタンプと日付を入れて終わり、それはそれで記念ですから良いとは思うのですが・・・。

何ページにも続くと楽しくないなぁ~。

f0112434_22532882.jpg
あっ!! 少し絵を入れて色を付けるとそこだけ目立って、お客様に喜んでいただけるだろうなぁ~。誰もしてないのだからやってみょ~!。
f0112434_22535733.jpg

やがてFM山陰で朝野家のイメージを伝えるための「朝野家・香りの散歩道」がスタート、それに合わせて日本海新聞のコラム欄も始まりました。挿絵が必要になり21年間1,000枚を超える絵が溜まりました。

f0112434_22545952.jpg
お客様に喜んでいただける感涙経営。差別化→個性化⇒唯一化
f0112434_22555040.jpg

旅の思い出帳用には24節季の4種類、還暦、喜寿、傘寿などのお祝い用彩色墨絵10種も溜まり、膳掛けやコースターに利用し、ハガキの販売も出来るようになりました。過去を振り返ると現在・未来が見えてくる。

f0112434_22561422.jpg

セミナーをさせていただけることに感謝です。少しだけ私に出来ることを・・・お伝えいたします。忙しい女将さんが簡単に画けるコツもね。





第2回プラチナブロガーコンテスト



by asanoyayu | 2018-01-02 08:49 | 筆誤一会

/// 3度目の旅の思い出帳 ///

f0112434_20013783.jpg
いつものツアーのドライバーさんから、を預かりました。

なんとこのバス会社には、私の彩色墨絵ファンの乗務員さん達がおられると、女将から聞いた。帰ったら、この絵を画いてもらったと自慢しているらしい。本当に有難いことです。

f0112434_20015280.jpg

このドライバーさんも、思い出帳を新たに買われてこの秋からスタート、もう3回もお越しいただいてます。来られるたびに新しいものを画いていく、社長にも出来る営業セールスなんです。

f0112434_20020410.jpg

将を射んと欲すればまず馬を射よですかね!
大切な乗務員さんですからね。今日は「雪椿」を画かせて頂きました。


by asanoyayu | 2017-12-24 19:59 | 筆誤一会

/// 『春がきた』雪解けとともに 社長使いの上手い営業部 ///

f0112434_17042804.jpg

昨日、営業課長の方から「も~う、春ですよね、社長。お客様の絵灯篭変えたいんですが・・・、今のひな祭りは3月後半使いずらいし~、蝶々菜の花はまだ早いし~・・・土筆も竹の子ももっと早いですよね。お客様に喜んでいただきたいですよねぇ~」。

「むむぅ~!、はい、解りました、お客様に喜んでいただけるなら・・・以前旅の思い出帳に画いたもさえびと春山は?!どう?」

f0112434_17050762.jpg

「それで結構です。お願いできますか・・・、印刷をかけるから早い方が良いので・・・来週までお願いできますか!!、それでしたら、お客様に喜んでいただけますから・・・B4用紙サイズですよ!」

f0112434_17054937.jpg

「はい、はい」」言うのは簡単だけど、画く方は色々色合いや詩を考えるのは大変なんだけど・・・。まぁ~前に画いてるから思い出しながら文字を入れて行きます。

f0112434_17064598.jpg

 春がやってきた。雪解けと
  ともに春が
 萌の春 ざわめきの春
  色彩の春 味覚の春
 すべての春をいただく

f0112434_17090851.jpg

このもさえびは春の海老、250メートルの海底に松葉蟹と暮らしています。寄り目の顔は愛嬌いっぱい。まるでリトルマーメードに出てくるセバスチャンのようです。

とても美味しい海老なのですが、深海に生息しているため海から揚げるととても傷みやすく、都会にはあまり流通していないため、幻の海老と称されています。

浜坂港では底引きで海水温の低い3~5月に旬を迎えます。サツキが咲く時期に旬を迎えるので、「サツキ海老」と呼んでますが、香住の方では「サクラエビ」と呼んでます。このころ雌のお腹には綺麗な緑色の卵を抱きます。

ご予約時、別料理で予約係までお願いいたします。


by asanoyayu | 2017-03-05 17:10 | 筆誤一会

/// 旅の思い出に季節をのせて、とどけ亭主の思い ///

f0112434_1434532.jpg
今夜もお客様から、旅の思い出帳が5冊。さらに帳面??を忘れたので、紙に画いて頂けないかと女将がリクエストを受けてきた。

計7冊。

f0112434_14353211.jpg
数が多い時は、分業作業で書いています。最初に墨で絵を書き、書入れていきます。今回の絵柄は冬から新春にかけてもの。南天、松葉蟹、蟹すき、雪椿、とんど、お地蔵さん、節分の7種。

f0112434_14363778.jpg
節分。
赤鬼を画き、書を入れていきます。
「つらいことも 悲しいことも
節があるから 真っすぐ のびる」


f0112434_1438640.jpg
墨絵が終わると、顔彩で色を入れて・・・。より輝いていきます。貰われるお客様の笑顔を想像しながら。同じ図柄より皆が楽しめる7種、少し手間ですけどね。

f0112434_14385237.jpg
この時期だけにしか画けない「とんど」
正月・松の内も15日まで・・・。

鏡開きをし、正月品を「とんど」にくべて、餅を焼きます。お書初めを投げ入れ、高く上がれば上手になるといわれます。

『のぼれ のぼれ 天までとどけ』

景気も、『天までとどけ!!!』ですね。
旅の思い出に季節をのせて、とどけ亭主の思い !
by asanoyayu | 2017-01-16 14:40 | 筆誤一会

/// まだまだ青春! めでたいナめでたいナ ///

f0112434_0464335.jpg
23日は、同級生の田畑君と中村さんの結婚式。

良き出会いがあったようで、2か月前に結婚式の予約が朝野家にありました。
「ちょっと、言いにくいんやけど・・・、今度結婚することになったからやっちゃんとこで頼むわ!?」
「えぇ~!式すんの!!、いやいや、それはおめでとう。目出度いね!」

先ほど、新郎の所に行くといない、担当者に聞くと新婦の部屋に行っているようです。

2回目やから落ち着いていると思いきや・・・。顔を見るなり、嬉しそうにそわそわしながら照れ笑い。お母様からもお礼を頂きながら「膳掛けの絵は社長が画かれたんですか?、絵手紙かなんかやられたんですか、勢いを感じます。あの鯛の絵をもらって帰って良いですか?。」

f0112434_0472210.jpg
また、悪い癖がむくむく、そんなに喜んでいただけるならサプライズで画きます。
式には間に合わなくても、懇親会にはね。喜んで頂ける。わぁ~い、わぁ~い!修くんおめでとう。

目出鯛の彩色墨絵画きます。ますます幸せになれるように!!
いつも以上に金・銀を使って・・・。還暦を迎えてからの青春!!ほんまに凄い奴や。

「幸せになってや!」と思いを込めて、画き上げます。

f0112434_048024.jpg
出来た!落款を押して、額に入れて持っていきました。

サプライズ~!!!。
「タンポポ」や「ミンボーの女」などで有名な監督・役者伊丹十三氏は
 『お客の求める事を、お客の想像を越える事で提供する』

たぶん、これがサービスなんだろうな・・・。自己満足かもしれないけれど・・・田畑君楽しんでね。
by asanoyayu | 2016-11-23 00:44 | 筆誤一会

/// 今夜は4冊の旅の思い出と色紙1枚届いています。画けた!! ///

f0112434_19344214.jpg
名古屋からの団体のお客様から、旅の思い出帳が4冊届いています。えっ!色紙も一枚届いています。
気を抜かないように画かないと、色紙は緊張してしまいます。桜の花びらの色紙。失敗すると替えが無いのです。季節は晩秋から初冬、蟹も持解禁になっているし山も色づいてきた。


イメージ 2


お客様の立場になれば、5つ同じ彩色墨絵だと楽しくない。1つ1つの絵柄を変えて画いています。
同じ色は一緒に彩色すると効率が良いのですが、1つ仕上げるのに、どうしても30分はかかってしまう。2時間30分を覚悟して・・・。でも日が変わるまでに画けた。


イメージ 3


松葉蟹は顔彩の鮮光黄(せんこうき)の上に、上朱(じょうしゅ)をさすと蟹らしくなる。良い滲み具合だ!


イメージ 4


彩色が終わり、落款を押す。あぁ~あ、出来た。明日喜んで見せあってほしい。


イメージ 5


秋から冬の5つが画き上がった。


イメージ 6


色紙はこれから迎える「雪椿」を画いてみました。桜の色紙だったので・・・。
「春を待ち 雪の重みに 耐えて咲く」丁度、いい塩梅に画けました。さぁ~帰って軽く夕食でも・・・。





by asanoyayu | 2016-11-16 19:35 | 筆誤一会

/// この絵は鉛筆画ですか? いえいえ墨絵です!! ///

カテゴリ:カテゴリ未分類



毎週、新聞の挿し絵を画いているのですが、下手なりにもお客様から「話の題材は?」、「これは墨絵ですか?」、「色を感じるようですが・・・」とか「どうやって画かれるのですか?」とかご質問があるので、こんな感じに画いてますよぉ~と2016.11.06放送分の「ボージョレ・ヌーボーの解禁日」の様子をUPしてみます。

毎年、ある様な事がら、季節、話題性などを中心に決めますが、「朝野家・香りの散歩道」ですから、やはり、香り、日本文化、日本料理などを中心に話を組み立てます。そこから実際のものや朝野家の写真ライブラリーから写真を引き出しイメージ創り、下絵デザインを起こして線画に落としていきます。



墨は割と濃淡が水分量で変りますし、「にじみ」「ぼけ」がやりやすくグラディエーションも付けやすいんです。光の反射などを考えながら、薄い所から塗ってだんだん濃いくして陰影をつけて行きます。



いつも難しいのが、透明感と光りの反射具合。
多少形が歪でも、それは愛嬌というもの・・・。



今回は向ってから2時間程かかりました。集中しやすいので、どうしても深夜に画く事になります。一週間だと予定が込み合うと、画けなくなるので2週間分のストックは必要ですね。出来たぁ~!

「11月の第3木曜日は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日です。今年は・・・そうです、明日です。ボージョレ・ヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方ボージョレ地区で、その年に収穫されたブドウを、その年に仕込んでつくられたワインの新酒です。・・・」という文とともに新聞社に添付します。

25年間、毎週日曜日に深夜に行っている社長の密かな出来事・・・。2週間分のストックはあるので、今夜は画かなくて良さそうです。




by asanoyayu | 2016-11-06 16:06 | 筆誤一会

/// 晩夏から初秋の彩色墨絵6冊画きました、今日は終了 ///

f0112434_13362094.jpg

夕食を食べて会社に戻ると、久々に旅の思い出が6冊机の上に置いてあります。

おっ~と、今日は9/13日の「朝野家・香りの散歩道」の墨絵を画こうと思っていたのに、少し予定が狂いました。

美方青年会議所35周年の記念式典・懇親会が朝野家であり、団体のお客様のジオガイドも済ませて少しテンションが揚がっています。「よっしゃ~頑張るぜぇ~」

f0112434_13363378.jpg

6冊あるとどうしても流れ作業になってしまいます。彩色墨絵は6種類画くのですが、1つづつ完成させて、次の思い出帳に写るのでなく、いっぺんに墨で画いていきます。9月なので夏から秋の題材が混じります。まずは夏最後の朝顔を・・・。

f0112434_13364440.jpg

墨絵の6種類、「朝顔」「河鹿」「脂蝉」「いが栗」「アキアカネ」「お地蔵さん」

f0112434_13365879.jpg

墨絵に合わせて、合う書を入れて行きます。

「朝顔」は「真っ直ぐ 上をむいて生きたい 時には人の力をかりて 天をめざせ」

全部画けるとさぁ~岩彩で彩色。

f0112434_13372028.jpg

これだけあると同じ色は6冊に塗っていきます。「白群」は朝顔の空、河鹿の水、アキアカネの空、「黄土」はお地蔵さんの農家藁屋根、アキアカネの稲穂、いが栗の栗と葉っぱなど同じ色を挿していきます。このほうが早く画けるのです。

f0112434_13374030.jpg

落款も1つの印を全部押し、次の印。1つの絵に4つ押します。

f0112434_13375334.jpg

6冊出来るとこんな感じです。明日、喜んで頂ければ嬉しいのですが・・・。1つの団体のお客様ですので、それぞれ彩色墨絵を比べてもらうと有難いのです。


by asanoyayu | 2016-09-05 13:41 | 筆誤一会