朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

タグ:香りの散歩道 ( 409 ) タグの人気記事

/// 夜廻り猫 ///2017.11.15放送分

f0112434_16123043.jpg

(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)


夜風が思いがけないほど冷たい日は、心をあたためてくれるような物語が恋しくなりませんか。

そんなとき、ページを開いてみたくなる漫画があります。涙の匂いがする所に人知れず現れる、遠藤平蔵(えんどう・へいぞう)という名前の猫が主人公の漫画『夜廻り猫(よまわりねこ)』です。人気漫画家の深谷かほる(ふかや・かおる)さんが、入院した息子のために描いた8コマ漫画で、ツイッターに載せてみたところ、予想もしなかったような反響があり、昨年の夏には単行本になりました。


頭の上に缶詰をのせ、半纏を羽織った、ちょっと強面の猫。遠藤平蔵が、まるでナマハゲのように「泣く子はいねが〜〜ひとりで泣ぐ子はいねが〜〜」と言いながら夜廻りをするのですが‥‥「む。涙の匂い」とかぎつけたら、相手が誰であろうと、そっと寄り添うのです。

たとえ「泣いていないよ」と言っても、「いや、心で泣いておろう」と、つらい思いや切ない思いをしている人の話を聴き、ときには一緒に呑んだり、笑ったり‥‥。励ますような言葉もかけず、ただじっと見守っているだけのときもあるのです。

「そこがいい」と共感する人が多く、自分も遠藤平蔵に寄り添ってもらいたい‥‥という声も。


今年、第21回手塚治虫文化賞の短編賞も受賞した、深谷かほるさんの『夜廻り猫』。自分の心の中に涙の匂いを感じたら、そっと開いてみませんか。


*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。



by asanoyayu | 2017-11-15 07:08 | 朝野家・香りの散歩道

/// オーラルケアの歴史 ///2017.11.08放送分

f0112434_16521103.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

食欲の秋。おいしいものをモリモリ食べるには、歯を大切にしないといけませんね。今日11月8日は「いい歯の日」。1(い)1(い)8(は)の語呂合わせで、1993年に日本歯科医師会が制定した記念日です。

歯磨きの歴史は、紀元前5世紀頃のインドにまで遡るそうで、日本には仏教と共に、身を清めるための作法として伝わったといわれています。

江戸時代になると、庶民にも歯磨きの習慣が広まったのですが、そのきっかけは、房楊枝(ふさようじ)と歯磨き粉が商品化されたことだとか。房楊枝とは、ヤナギやクロモジなどの小枝の先をたたいて房状にしたもので、今でいう歯ブラシです。

歯磨き粉は、細かい砂にハッカやチョウジなどの香料を混ぜたものだったそうです。

江戸時代の学者で発明家でもあった平賀源内(ひらが・げんない)が考えたという『はこいり歯磨き』の売り文句は、「歯を白くして口の中をさわやかにし、悪しき匂いを消す」というもの。日本人は昔から、白い歯ときれいな息を、身だしなみとしていたのですね。

ただし、結婚した女性たちは、歯を黒く塗って「お歯黒」にしていました。浮世絵や時代劇などで、見たことがある方も多いでしょう。一説によると、お歯黒には虫歯を防ぐ効果もあったとか。

オーラルケアの歴史を調べてみたら、まだまだおもしろいエピソードがありそうです。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。














by asanoyayu | 2017-11-08 06:50 | 朝野家・香りの散歩道

/// お寿司の原点 ///017.11.01放送分

f0112434_16434627.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日は「全国すしの日」という、おすしの記念日です。実りの秋に感謝を込めて、おいしいおすしを召し上がりませんか。


握りずしや巻きずし、ちらしずしなど、日本各地に伝わるおすしは今や、世界中の人たちに知られる日本の伝統料理ですね。これらのおすしの歴史をさかのぼると、奈良時代にはすでに作られていたという「なれずし」にたどり着きます。

私たちが食べ慣れている新鮮な生魚で作るおすしとは違って、「なれずし」は魚を長期保存するための知恵から生まれた発酵食品です。

1300年の時を経た今も現存する日本最古の「なれずし」があるのですが、それは、滋賀県の琵琶湖周辺に伝わる「鮒(ふな)ずし」です。日本で一番大きな湖、琵琶湖では、ニゴロブナという鮒が大量にとれていたため、「鮒ずし」が発展したのだとか。

この地に伝わる「鮒ずし」の作り方は、ニゴロブナを塩漬けにして、ご飯の中に数か月から1年くらい漬け込んで発酵させます。そうすると、魚は骨までやわらかくなり、ご飯はどろどろに溶けた状態になるので、食べるときにはご飯を取り除いて魚だけを薄く切り、独特の味と香りを楽しみます。

琵琶湖のニゴロブナが減った今は、とても貴重なものになりましたが、昔は家庭料理として親しまれていたそうです。日本のお寿司の原点は、魚の日持ちを良くするための発酵食品だったのですね。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2017-11-01 07:00 | 朝野家・香りの散歩道

/// 香香 ///2017.10.25放送分

f0112434_17435160.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

1972年の10月、海の向こうから東京の上野動物園に、ある動物たちがやって来ました。白と黒のまあるい姿がほほえましい、ジャイアントパンダの「ランラン」と「カンカン」です。

丸顔美人といわれた「ランラン」と、やんちゃな「カンカン」は、たちまち日本中の人気者に。その姿をひと目見ようと、上野動物園には連日長蛇の列ができました。パンダブームに沸いた当時のことを、覚えている方もいらっしゃるでしょう。

あれから44年経った今年の6月、上野動物園でパンダの赤ちゃんが誕生しました。

「シンシン」と「リーリー」の間に生まれた女の子で、名前は「シャンシャン」。香りという漢字を二つ並べて、「香香(シャンシャン)」と読みます。この名前は、32万を超える応募の中から、日本パンダ保護協会の名誉会長でもある、女優の黒柳徹子さんらによって選ばれました。

香りという漢字は、花が開くような明るいイメージがあり、「かぐわしい匂いを放つもの」という意味の他に、「心ひかれる」「好ましい」「人気がある」という意味もあるそうです。「シャンシャン」という音の響きもチャーミングで、かわいらしくて元気なパンダの女の子にぴったりの名前ですね。

古今東西の香りの話題をお届けしているこの番組でも、香りという字を授かった「シャンシャン」の成長を、あたたかく見守っていきたいと思っています。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。


また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。







by asanoyayu | 2017-10-25 07:42 | 朝野家・香りの散歩道

/// 日本初の冷凍食品は? ///2017.10.18放送分

f0112434_17463750.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日10月18日は「冷凍食品の日」です。

10月は食欲の秋で、10(じゅう)は冷凍の10(とう)とも読めること。そして、冷凍食品の品質を保つための世界共通の管理温度が、マイナス18度であることから、日本(にほん)冷凍食品協会によって定められた記念日です。

近ごろの冷凍技術はめざましく、調理したての香りまで閉じ込めたような、おいしい食品がたくさんありますね。

日本で冷凍事業がスタートしたのは、大正9年。北海道に魚を冷凍する施設ができたのが、はじまりだそうです。

昭和6年には大阪の百貨店で、日本で初めてある果物が冷凍食品として販売されたのですが、それは何だと思いますか?冷凍みかん?・・・いいえ、答えはイチゴです。冷凍イチゴをシャーベットにした、「イチゴシャーベー」という名のスイーツだったそうです。日本初の冷凍食品は、どんな味や香りだったのでしょうね。

そして、昭和39年。冷凍食品が普及するきっかけになった出来事がありました。それは、東京オリンピックです。選手村の食堂でさまざまな冷凍食品が利用され、そのおいしさが評判を呼んで、ホテルやレストランでも使われるようになったのだとか。


その後、電気冷蔵庫や電子レンジの普及によって、家庭向けの冷凍食品の人気も上昇していきました。

おいしさも栄養も進化している、冷凍食品のこれからが楽しみですね。


*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2017-10-18 06:44 | 朝野家・香りの散歩道

/// 秋の夜長を楽しむ ///2017.10.11放送分

f0112434_22321415.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

秋風が吹くころになると、日に日に、夜が長くなるような気がしませんか。

「秋の夜長」を実感するのは、9月の秋分の日あたりから11月の立冬くらいまでの時期ではないでしょうか。10月は、ちょうどその真ん中。秋の夜長を愉しむには、ぴったりの季節です。

明治生まれの唱歌『虫のこえ』に、「秋の夜長を鳴き通す ああおもしろい 虫のこえ」という歌詞がありますが、こんな風に虫の鳴き声に耳を傾けるのもよし。

いえいえ、傾けるならグラスでしょう・・・と、お酒を呑みながら静かに語り合うもよし。本が好きな方なら、心が落ち着くお香を焚いた部屋で、読みかけの本を開くのもいいですね。

そして、秋は月がきれいな季節でもあります。明治の文豪・夏目漱石は、夜長の空に輝く秋の月の美しさを俳句にしました。

『明けたかと思ふ夜長の月あかり』

長い夜、漱石は何かに夢中になっていて、時が経つのを忘れていたのかもしれませんね。

『明けたかと思ふ夜長の月あかり』

皆さんは、月あかりを朝日と間違うほど夢中になれるものがありますか。

 

せっかくの秋の夜長です。気づけば冬になっていた・・・ということにならないよう、どうぞ心ゆくまで愉しんでくださいね。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。






by asanoyayu | 2017-10-11 06:31 | 朝野家・香りの散歩道

/// 国宝という言葉 ///2017.10.04放送分

f0112434_16484234.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

芸術の秋。みなさんはどんな美術作品に心ひかれますか。

京都国立博物館では今、開館120周年を記念して「国宝」展が開催されています。国宝という言葉が、日本の法令で初めて使われたのは、今から120年前のこと。そうです、京都国立博物館の誕生と同じ年です。

明治維新以降、多くの美術品が破壊や盗難に遭ったそうで、「このままではいけない。国の宝を守り伝えよう」と、 が生まれたとか。

京都で「国宝」展が開催されるのは41年ぶりのことで、日本各地から200件の国宝が集められました。その数は、すべての国宝のおよそ4分の1に当たるそうです。


これらの国宝は、11月26日までの会期中、4期に分けて展示されますが、10月22日までの見どころは、室町時代に活躍した水墨画家・雪舟(せっしゅう)の作品を展示した部屋です。

山陰にゆかりの深い雪舟の作品は、ご覧になったことがある方も多いと思いますが、今回は、国宝に登録されている6点すべてをひと部屋で鑑賞することができます。このような機会は今までになかったそうですから、心ひかれた方はどうぞお見逃しのないように。

日本中の美術ファンの期待を集めて、昨日開幕した京都国立博物館の「国宝」展に、みなさんもお出かけになってみませんか。


*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。




by asanoyayu | 2017-10-04 06:46 | 朝野家・香りの散歩道

/// 藤袴 ///2017.09.20放送分

f0112434_11354738.jpg

(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

秋の七草の一つ、藤袴をご覧になったことがありますか。万葉の昔から日本人に親しまれてきた植物で、夏の終わりから秋にかけて淡い藤色の花を咲かせます。

「名前は聞いたことがあるけれど、どんな花か思い出せない・・・」という方もいらっしゃるでしょう。無理もありません。藤袴は残念なことに、環境省の準絶滅危惧種に指定されていて、野に咲く姿を見ることは、なかなかできない花になってしまいました。

ましてや、蘭の花にもたとえられる香りを、実際に嗅いだことがある方は少ないでしょう。その甘い香りは、平安時代の歌人たちを魅了したようで、『古今和歌集』の中には、秋の野に藤袴の香りが漂う情景を、衣服の袴と重ねて詠んだ、こんな歌があります。

なに人(びと)か きてぬぎかけし 藤袴

くる秋ごとに 野べをにほはす(におわす)

どんな人がやってきて、袴を脱いで掛けたのだろう。藤袴は、秋がくるたびに野辺を美しく彩り、良い香りを漂わせることよ・・・。袴を脱ぎ掛けるという表現から、艶(つや)のある歌だとも言われていますが、みなさんは、どのような香りを想像されましたか。

なに人か きてぬぎかけし 藤袴

くる秋ごとに 野べをにほはす

今では貴重な藤袴ですが、運良く出会うことができたら、清楚で麗しい姿だけでなく、香りにも心を寄せてみてはいかがでしょう。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。



by asanoyayu | 2017-09-20 07:29 | 朝野家・香りの散歩道

/// 心ときめきするもの ///朝野家・香りの散歩道2017.09.13放送分

f0112434_19051301.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

来週の月曜日は「敬老の日」ですね。健やかにイキイキと年を重ねていくために、皆さんはどんなことを大切にしていますか。


たとえば、心がときめくようなものを思い描いてみてはいかがでしょう。想像するだけでうれしくなったり、期待に胸がふくらんだり。そんな何かがあれば、毎日イキイキと暮らせるような気がしませんか。

平安時代の女流作家・清少納言(せいしょうなごん)は、『枕草子』の「心ときめきするもの」というくだりに、こんなことを書き連ねています。

心ときめきするものは、雀の子を飼っているとき。幼い子どもを遊ばせている前を通りかかるとき。そして、香りのいいお香を焚いて、ひとりで横になっているときも、清少納言にとっては「心ときめきするもの」だそうです。

雀の子や幼い子どもなど、小さくてかわいらしいものに寄せる、清少納言の愛情がうかがえますね。

香りについては、頭を洗って、お化粧をして、お香を焚きしめた衣裳を身にまとうと、これといって会う人がいないときでも、心の内はなんとなく幸せだ・・・とも書いています。

『枕草子』は千年以上も前に書かれたものですが、「心ときめきするもの」は、現代に生きる私たちにも共感できるところがありそうですね。


髪の毛を洗って、お気に入りの香りを身につけたとき、小さな幸せを感じたら・・・千年前の人々と心が通じるような気がしませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。http://www.asanoya.co.jp/

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。http://asanoyayu.exblog.jp/i19/




by asanoyayu | 2017-09-13 07:02 | 朝野家・香りの散歩道

/// 絵本のひきだし ///2017.09.06日放送分

f0112434_14174526.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今週の土曜日から、鳥取市歴史博物館で「絵本のひきだし 林明子(はやし・あきこ)原画展」がはじまります。

...

絵本作家の林明子さんが、初めて手がけた物語絵本『はじめてのおつかい』の誕生40年を記念して開催される展覧会です。

時代を超えて愛される絵本を数多く生んできた林明子さんですが、山陰の皆さんには、鳥取砂丘がモデルになった「さきゅうまち」が登場する、『こんとあき』の作者としておなじみでしょう。

「こん」は「さきゅうまち」に住むおばあちゃんが作ってくれたぬいぐるみのキツネで、「あき」はまだ小さな女の子。古くなってほころびてきた「こん」を直してもらおうと、二人は電車に乗っておばあちゃんに会いに行くのですが・・・旅の途中で、思いがけないことが起こってしまいます。

『こんとあき』を読んだことがある方は、何が起こったのか思い出していただけましたか。

鳥取は林明子さんのおばあさまが暮らしていた町で、子どもの頃から砂丘にも訪れていたそうです。絵本には「あき」が「こん」をおぶって、夕日に染まる砂丘を歩くシーンがあるのですが、空の色も海の色も、本物を見たからこそ描けたのでしょうね。

原画はさらに繊細で美しく、海や砂の匂いまで立ちのぼってくるような気がします。皆さんも、9月9日からはじまる「絵本のひきだし 林明子原画展」で、ご覧になってみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2017-09-06 14:16 | 朝野家・香りの散歩道