朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 6月3日は「湯村温泉まつり」

f0112434_13531361.jpg
「湯村温泉まつり」が開催されます。

日時:6月3日(日)

問合せ先
湯村温泉祭奉賛会(湯区事務所内)
 〒669-6821 兵庫県美方郡新温泉町湯1604
 TEL/0796-92-1081

祭りの1週間ぐらい前になると、春来川沿いの柱には今年も祭りを伝える「武者のぼり」が、青空のもと立てられます。

毎年6月の第一日曜日に行なわれ、湯村温泉の開祖、慈覚大師を偲び、旧暦の端午の節句に行われる伝統行事で、温泉の恵みに感謝するとともに、五穀豊穣、子どもの健やかな成長を祈る祭りとして行われます。

当日は朝8時から荒湯で、湯区や関係者が集まります。

正福寺住職は稚児行列を従えて薬師堂に入り、慈覚大師への謝恩感謝法要が営まれ、まつりが始まります。前日には、区民全員で玉縄650束・菖蒲300束を縄に編んでゆきます。夕方近くに出来上がり、2本の大きな菖蒲綱は荒湯近くに運ばれて、明日の本番を待ちます。

菖蒲大綱引きは、直径約50センチ、長さ100メートル、重さ4トンの大綱を住民や観光客が引き合います勝運を占うものとして大変縁起が良いとされています。

700年前から行われているこの行事は上組(南側)と下組(北側)にまちを二分し、「上組から下組に嫁いでも、綱引きの時は実家側(上組)を引く」といわれています。

観光客の方も曳くことが出来ますので、ぜひご参加ください。

上組と下組の境は喫茶とみやさんの南端(「よろずや」と「出雲屋」の間とされている)で、上組が勝てば「豊作」、下組が勝てば「商売繁盛」といわれて、終了後は縁起を担いで綱の一部を持ち帰るのが良いとされています。


# by asanoyayu | 2018-05-27 13:54 | イベント・歳時記

/// 日本遺産「北前船」に新温泉町諸寄追加認定 ///



北前船をテーマとした日本遺産に24日、兵庫県新温泉町が追加認定されました。航海の安全を祈願した船絵馬や石灯籠、それらを寄進された為世永神社、北前船で財を成した廻船問屋の邸宅など構成文化財が集まる同町の諸寄地区と連携し、地域活性化を図っていくという。

諸寄の港は、狭い入り口から内部に広がる天然の良港で、江戸時代から、北前船の寄港地として栄えた。

北前船に関する日本遺産は2017年度、東北や北陸などの11市町が認定されており、新温泉町は今回、初挑戦で全国26市町とともに追加認定された。同町の構成文化財は、船絵馬や係留くいの跡など11件。うち廻船問屋だった東藤田家の母屋は13日、ゲストハウスとしてオープンしました。

一方、北前船による人や物の交流で、地域の文化も活性化した。諸寄地区出身の明治期の歌人前田純孝や日本画家谷角日沙春ら、多くの文化人が全国的に活躍。風光明媚な白い砂浜の景色でも知られ、平安時代から古典や和歌などにも取り上げられています。

追加認定を受け、新温泉町は、夏休みまでに諸寄地区の散策マップを作成。近くモデルコースを歩く催しなども開催する予定で、地元と協議しながら、案内看板の設置やガイド養成などにも取り組んでいく予定です。

# by asanoyayu | 2018-05-25 16:15 | 山陰海岸ジオパーク

/// 朝香宮邸の香水塔 ///2018.05.23放送分


(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

おもてなしの国といわれる日本には、国の迎賓館が二つあります。

明治時代を代表する洋風建築で国宝にも指定されている「迎賓館 赤坂離宮」と、平成17年に開館した和風建築の「京都迎賓館」。どちらも一般公開されているので、参観された方もいらっしゃるでしょう。

そして、もう一つ。赤坂離宮が迎賓館になる前に、日本初の迎賓館として使用されていた建物が、今もあることをご存じでしょうか。

大正14年、パリで開催されたアール・デコ博覧会を訪問した日本の皇族、朝香宮(あさかのみや)ご夫妻が、その美しさに魅せられて、フランス人の芸術家に部屋の設計を依頼したといわれる邸宅で、現在は東京都庭園美術館として一般公開されています。

そこに至るまでにはさまざまな歴史があり、昭和30年から20年間、国の迎賓館として使用されていました。

その東京都庭園美術館では、6月12日まで『旧朝香宮邸物語』と題した建物公開展が開催されています。建物に足を踏み入れると、そこは美しい装飾が施されたアール・デコの世界。なかでも目をひくのが、「香水塔(こうすいとう)」と呼ばれる白い大きなオブジェです。

朝香宮邸だった時代には、噴水として使われていたそうで、水を流しながら香水の香りを漂わせていたという逸話から、香水塔と呼ばれるようになったとか。今では水も香水も使われていませんが、訪れた際にはぜひ、部屋に漂う香りを想像しながら、美しい建物の歴史に思いをはせてみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


# by asanoyayu | 2018-05-23 16:18 | 朝野家・香りの散歩道

/// 浜坂調停協会定時総会 ///



11:00〜浜坂調停協会定時総会が終了後、懇親会が始まりました。



3月末をもって調停委員を退任をさせて頂きます。JCを卒業してすぐ、民事で20年、家事で18年お世話になりました。



裁判官の横での司法、サラ金相手の特調、土地の境界、交通事故調停、若年層離婚、給料の不払など人生の節目を色々な調停を通じて疑似体験をさせて頂きました。



多くの人生経験は、とても勉強になりました。申立人・相手方共に説得するのでなく、納得する調停成立を目指して来ました。

長きにわたり有難うございました。感謝!!!




# by asanoyayu | 2018-05-20 12:46 | 旅行・体験日記

/// DIYでSolar Underground Lightを設置しました ///

f0112434_13570952.jpg
先週の日曜日仮置きしてた『Solar Underground Light』の玄関アプローチライト、Sresky ESL-01 を、安定して取り付けにはどうしようかと悩んだ結果、器具をコンクリートで固め、土の中に埋める事にしました。
f0112434_13574215.jpg
100円ショップの鉢にビニール袋を入れて穴を塞ぎ、コンクリートを流し込み、固まったら鉢から出して埋める予定だったのですが、膨張して取り出すことが出来ません。 面倒なので鉢ごと埋める事にしました。
f0112434_13582436.jpg
トンカチ🔨とタガネで、鉢が埋まる様に穴を掘っていきます。底と周りにコンクリートを流し込んで、鉢を固定。
f0112434_13595267.jpg
表面近くはバラスを撒いて、周りに蓄光石をアクセントで並べて、DIY本工事終了です。これで車が乗っても大丈夫です。
夜になるのが楽しみですね。


# by asanoyayu | 2018-05-19 13:50 | こんなん作ってみましたDIY

/// 一期一会、旅の思い出帳 ///

筆誤一絵-絵手紙


一期一会と書かれたお客様の旅の思い出帳。

季節はもうすぐ穀雨。晴天の春。

菜の花とモンシロチョウを画がせていただいた。

「てふてふに 幼き思い
菜の花の
たわむれ遊ぶ 青き空」

懐かしき、子供の頃の思い出と共に!

# by asanoyayu | 2018-05-17 12:41 | 筆誤一会

/// 周辺観光に鳥取もお薦めです ///

カテゴリ:旅行・体験日記


湯村温泉は鳥取との観光連携を増やしていきます。



香美町村岡/かつらの水



香美町村岡/但馬大仏



鳥取と湯村温泉の間は、鳥取駅、鳥取空港、鳥取バスターミナル、鳥取港などすべての交通が50分で結ばれています。

行政の枠にとらわれず、しっかりと2次交通を作れば湯村温泉に来やすくなります。

片道を鳥取砂丘、砂の美術館、わらべ館、智頭急行、大江の郷などの鳥取の観光をご案内することができます。

いよいよ、鳥取DMOの流れができそうです。

# by asanoyayu | 2018-05-16 17:38 | 旅行・体験日記

/// 自然がいっぱい! こんな近くにオシドリのつがいが・・・ ///

f0112434_16515589.jpg
新温泉町商工会温泉支所横の砂防ダムに、鴛鴦のつがいがいてます。
f0112434_16522082.jpg

えぇ〜!こなところにです。やっぱり、湯村温泉は自然がいっぱいなんだね。

f0112434_16523486.jpg
当地でしかも、こんな小さな水たまりで・・・、初めて見ました。


# by asanoyayu | 2018-05-15 10:38 | 旅行・体験日記

/// こんなん作ってみましたDIY No.4「温泉熱ベルチェ素子温度差発電実験装置」 ///



11日、高齢者大学「但馬文教府みてやま学園」での講演の時に、温泉熱ベルチェ素子温度差発電を実験したのですが、装置をもちかえるのを忘れてしまいました。

12日、「但馬ふるさとづくり大学」があったので、朝一番に電話をかけたのですが・・・。未だに見つかっていません。ペットボトルにヒートシンクを入れたものなので、飲んだボトルと間違えてそのまま捨てられたんでしょうね。

講義当日40分ほどで受験装置を急遽作ったのですが、見事に失敗してしまいました。ペットボトルから水と湯はダダ漏れ、ペルチェ素子の接地面も少なく、プロペラが回りませんでした。

本来、拍手が来るところだったのですが・・・残念!悔しいやら、悲しいやら・・・。



水が漏らないようにテグス支え方式から、ヒートシンクのピンを1列取り去って支える新装置にしました。

【 材 料 】 
・ペットボトル(出来ればホット用の角型)
・チップ用ヒートシンク(38mm角)



ヒートシンクの周り1列をペンチで取り除いていきます。少しでも平たくなるように、アルミのパリを平やすりで削っていきます。



ペットボトルに38mm角を油性マジックで画き、さらに1列分の4mmを内側に画き、四隅を千枚通しであなを開けます。



カッターで内側(34mm角)を切り抜いていきます。



ヒートシンクのうちのりに、耐水用セメダインを塗り被せて接着します。ペットボトルが平らでないので、隙間が出来ないように接着剤で潰し、重石を載せて接着をまちます。



出来たら、さらに周りやヒートシンク側面全体をホットグリューガンで漏れないように対処します。



温泉熱ベルチェ素子温度差発電実験装置の出来あがりです。

温泉熱ベルチェ素子温度差発電実験装置動画


# by asanoyayu | 2018-05-14 16:11 | こんなん作ってみましたDIY

/// 社長!また、そんなん買ってきたんですか?! No.26「Solar Underground Light」 ///



よく社員から言われます。「社長!また、そんなん買ってきたんですか?」「そんなん使いますのぉ~???」呆れられます。

ピィーンときたら試してみること・・・。必要は発明の母、ならぬ「とりあえず購入は使用の母」です。




今回は、『Solar Underground Light』です。

5月の連休に表札とシンボルツリーが設置され、少しずつ自宅が出来上がってます。雪が降る前には車庫と舗装をするように業者に頼んでますが、根っからDIYが好きなほうなので、玄関アプローチライトが欲しくて探したら、いいものが見つかりました。8個セットで20,000円ぐらいでした。

Sresky ESL-01 ソーラーライトは、ライトセンサー付きLEDの防水(防水・防塵性能IP68で雨ざらしの使用もOK!)。



LEDライトがハニカム構造なので全体がぼぉ~とつくようなのです。しかも配線不要で野外埋め込み式、つまりソーラー充電!なので電気代0円で自動点灯します。



説明書によると、ハニカム発光版により発光面が均一に光ります。強化ガラスや金属製防水ケース、防水シリコンなどにより、衝撃に強く、雨や泥の侵入を防ぎます。また多灯使いで素敵な空間演出が可能だそうです。



昨日、講演の後ホームセンターに行って、インスタントセメント、こてなどを購入して帰りました。今日は雨だったのですが、早く設置して見たくて、ずぶ濡れになりながら、土や砂利を掘り起して、仮置きをしてみました。掘って1m置きに埋めるだけなので設置が簡単です。



夜のライトアップが楽しみですが、雨でソーラー充電できるのでしょうか?
早く夜になれ~!!!、明日晴れたらDIY本工事してみます。


# by asanoyayu | 2018-05-13 10:53 | 社長!また、そんなん買ってきたんですか?

/// 「但馬ふるさとづくり大学」で、まち創りの講演 ///



昨日に引き続き、「但馬ふるさとづくり大学」で、湯村温泉半径400mのまち創りの講演をさせていただきました。



湯村温泉の住民の方も知らない情報も織り交ぜて、休憩時間には「荒湯生キャラメル」を食べていただきました。



昨日、文教府での講演でペルチェ素子発電で実験装置を忘れてしまい、朝一番に電話したのですが無かったようです。ペットボトルにヒートシンクを入れたものなので、飲んだボトルと間違えてそのまま捨てられたんでしょうね。


朝から受験装置を急遽作ったのですが、見事に失敗してしまいました。ペットボトルから水と湯はダダ漏れ、ペルチェ素子の接地面も少なく、プロペラが回りませんでした。残念!



温泉熱ペルチェ素子温度差発電



湯村温泉について、80人の前で90分を話をさせていただきました。少しでも湯村の魅力伝えられたと思います。


# by asanoyayu | 2018-05-12 14:48 | 講演会

/// 湯村温泉と温泉力 半径400mまち創り ///



高齢者大学「但馬文教府みてやま学園」での講演に来ています。



4/27日に続いて2回目の授業で「湯村温泉と温泉力 半径400mまち創り」について、90分の話をさせてもらいます。





数学の√、物理のメーラド反応、行動心理学などを駆使して、まち創りを話しています。(笑)荒湯生キャラメルで、タイムブレークです。



明日は、「但馬ふるさとづくり大学」で、最初の第一講義の講師を行います。


# by asanoyayu | 2018-05-11 15:28 | 講演会

/// 馬車道通りで「あいすくりん」 ///2018.05.09放送日

f0112434_17073088.jpg
(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

今日5月9日は「アイスクリームの日」です。

昭和39年。秋に開催される東京オリンピックに向けて、日本中が活気にあふれていたこの年の5月9日。現在の日本アイスクリーム協会がPRイベントを行いました。

大型連休明けのこの時期は、アイスクリームシーズンのはじまり。夏に向けて、そのおいしさをもっと知ってもらおうと、福祉施設に無料で届けたり、女性を招待して試食会などを開いたそうです。

以来、毎年5月9日がアイスクリームの記念日になりました。

今では一年中店先に並んでいるアイスクリームですが、当時は夏の期間限定で販売されていました。秋風が吹くころには冷凍ケースが空になり、来年の夏までアイスクリームはおあずけ・・・。

そんなちょっと切ない子ども時代の思い出が、よみがえってくる方もいらっしゃるでしょう。

日本で最初にアイスクリームの製造販売を手がける店が登場したのは、横浜の街。明治2年の6月、町田房造(まちだ・ふさぞう)という人物が、横浜の馬車道通り(ばしゃみちどおり)で「あいすくりん」なるものを売り出したのがはじまりだとか。と言っても、庶民にとっては高嶺の花で、初めは外国人のお客さんばかりだったそうです。

やがて、新しいもの好きの日本人にも人気が広がり、東京のレストランでもアイスクリームがメニューに加わるようになりました。

文明開化を象徴する食べ物はたくさんありますが、アイスクリームもその一つだったのですね。

*『朝野家・香りの散歩道』朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。


# by asanoyayu | 2018-05-09 07:03 | 朝野家・香りの散歩道

/// ごめんな!来年ここは使えないんだよ! ///



五月の連休は天候も穏やかで、青空が広がっています。



自宅前は、まだ未舗装のため土道。朝からツバメが飛んで来てくれます。水を飲みにきたり、巣作りの泥を取ったり、井戸端会議の真っ最中。



幸運の鳥に来ていただけるのが嬉しくて、毎晩、水を撒き、水溜りを作っています。こんな田舎でも、ツバメが飛行して、泥のある所が少ないのかなぁ〜!?



ごめんな!
今年中に舗装するから、来年ここは使えないんだよ!


# by asanoyayu | 2018-05-05 16:33 | イベント・歳時記

/// 朝野家のルーツは関東武士・源氏の流れを汲む ///



会長の四十九日の時、従兄から「以前、会長に朝野家の家系図を見せてもらったんだけど、出来たら写真かコピー取りたいんだけど・・・」と言っていた。私も見た記憶があり、母に聞いて父親の机近辺を探してみた。

「あったから、何時でも着て下さいね。」

従兄は私より早く母の所に来ていて、家系図を眺めている。写真コピーを元に現代風に解り...やすく三十三代目まで書かれています。


朝野家(あさのや)の真南に白豪山(通称・城山)があり、今見ても頂上が削られて平らになっています。その麓には歌長(うたおさ)という集落があり、そこで私達の先祖は過ごしていたと温泉町の町史本に書かれています。




山陰の海岸には源平の乱で敗れた平家の一門が住みついている事が多いが、朝野家(奈良九郎)のルーツは、もともとの奈良家で現在の熊谷市に居を構え関東武士と伝えられている。 成田氏の祖である助高の子三郎高長が奈良氏を称しており、保元物語では鎮西八郎為朝との戦いである白河夜討の条に源義朝の従兵として登場します。



朝野家(あさのけ)は鎌倉時代、文治元年(1155年)温泉城の初代城主と伝えられる奈良九郎太郎源宗光の後裔で、「天正9年6月19日羽柴軍の覇行で城落、歌長村へ蟄居して民間にあり」と温泉町郷土読本にもあります。



また、温泉町史にも「これより先将監は落城のまぬがれ難きを知り十四日の夜奥方若君女中を歌長に落したので、その子孫朝野氏を名乗り今日に及んでいるという」 。



朝野家文章も「右近将監ノ難立世ヲ憚リ姓ヲ替へ奈良ヲ朝野ト改姓シケル之レヨリ土民トナリ朝野五郎左衛門孟重ト改ム」とあり、奈良姓から朝野姓に、武士から農業をするにいたったのです。 朝野家(あさのけ)の菩提樹のある寺は、新温泉町熊谷の善住寺で、地名の熊谷(くまだに)は奈良家の本拠地の熊谷(くまがや)に因んだものではないだろうか?と想像してしまう。



先祖代々、続いてきた命、次にしっかりと繋がなければと二人でルーツの花を咲かせた。従兄と会長との会話に感謝です。



朝野家(あさのや)がお城の形をしているわけは、こんなところにあったんです。 1155年に関東熊谷から湯村の地に移って、源氏の朝野家(あさのけ)は今36代目になっています。


# by asanoyayu | 2018-05-04 13:10 | 旅行・体験日記

/// 新茶を味あうとき ///2018.05.02放送分

f0112434_19064509.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る〜という「茶摘(ちゃつみ)」の歌でおなじみの八十八夜。今年は今日、5月2日がその日です。

この時期に出回る煎茶は新茶と呼ばれ、みずみずしい香りは、野山に芽吹く新緑のような爽やかさがありますね。気がつけば、いつも身近にある煎茶は、日本で最もよく飲まれている緑茶といわれています。

その歴史をひも解くと、煎茶を世に広めた「煎茶道(せんちゃどう)の祖(そ)」と呼ばれる人物がいたことをご存じですか。その人物とは、売るお茶の翁(おきな)と書いて売茶翁(ばいさおう)と呼ばれた江戸時代の僧侶です。現在の佐賀県で医師の家に生まれ、禅宗の僧侶となって各地をめぐり、長崎の地で煎茶を学んだとか。

そして、60歳を過ぎてから京都の鴨川のほとりに煎茶が飲める茶店(ちゃみせ)を構えたそうで、この店は日本初の喫茶店ともいわれています


売茶翁は自ら茶道具をかついで、桜や紅葉の名所にも出向いていたとか。自然の中でお茶を煎じて、「代金はいくらでもけっこう。ただで飲んでもよい」と、客の身分や財力などは一切関係なく、誰にでも禅の心を説きながら煎茶を売り歩いた・・・。

そんな逸話が語り継がれ、当時はまだ上流階級の文化だった喫茶の風習を、庶民にまで広めたといわれています。新茶を味わうとき、そんな歴史の物語にも思いをはせてみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。



# by asanoyayu | 2018-05-02 07:05 | 朝野家・香りの散歩道

/// 麒麟のまち観光局の湯村視察 ///




麒麟のまち観光局の専務理事他3名が、湯村温泉に視察研修に来てくれました。

「麒麟のまち観光局」は鳥取市、智頭町、八頭町、若桜町、岩美町の鳥取側と新温泉町、香美町の兵庫県側の県境を越えた観光県DMOとして、今年4月に発足しました。

今後、新温泉、香美の2町とどう連携をしていけるか?専務理事は初めてなので、湯村温泉のジオガイドと滞在観光のための仕掛けなどを案内して回りました。



「湯村温泉幸せの隠れハート探し!」をして頂きながら、「おもしろポスター」、「あなたはどこから来られましたか?ピンマップ」。





荒湯では「ゆで玉子体験」「湯村温泉の飲泉」「荒湯生キャラメル」「ベルチェ素子温度差発電」などの体験メニューもして頂きました。



湯村温泉の魅力発信には、鳥取からの2次交通が必要となります。香美町にさらに伸ばすには、周遊バス網か、レンタカーが有効手段になります。


# by asanoyayu | 2018-05-01 15:52 | 旅行・体験日記

/// お母さん ありがとう♡ ///



社長使いの上手い朝野家の営業部。

「新しい旅行企画の膳掛け必要なので・・・。5月にスタートですから、印刷を入れると、社長、今週中にお願いいたしま~す。」

『おいっ!早よ言えよ!』

f0112434_22590934.jpg

「母の日」の企画。やっぱりカーネーションだよなぁ~。

大切なおかあさん。感謝を込めて親子での宿泊。朝野家らしさの社長の彩色墨絵・・・「ちょっと、画いてみるわ」

お腹を痛めて生んでくれたお母さん。無事に生まれてきた掛替えの無い命。

「産まれたことに感謝

     お母さんありがとう。」詩を入れて・・・。



墨絵に岩彩を差してみました。



後は印刷にまわして、落款を1
1つ押せば出来上がり。



前菜の掛け紙の様に、湾曲して置いて見た!

出来た!!!

「これで採用してくれるかなぁ~」簡単には画けないんだぞぉ~。覚えておいてくれ!!・・・と独り言。


# by asanoyayu | 2018-04-30 22:55 | 筆誤一会

/// まるごと北近畿いいね!にUPされました ///

カテゴリ:取材・記事・マスコミ


~北近畿の宿 素敵なお宿のご紹介vol.7~

今回ご登場いただくのは、兵庫県新温泉町は湯村温泉の「朝野家」。ご姉弟で朝野家を支えられている朝野さやかさんと朝野拓磨さんにお話をお聞きしました。 姉弟で小さな頃から手伝いをしており、だんだんと「朝野家」で働くことへの想いが強くなったことがこの仕事を始めたきっかけだったというお2人。

朝野さやかさんは、予約の担当をしていらっしゃいます。予約の際は、ネットでの予約だったとしても電話をかけて確認しており、声のトーンや話し方にも気を遣っています。 彼女の癒される声と親切丁寧な対応にファンも多く、彼女の声が聞きたくて電話をしたり、近くに寄ったので売店だけ利用をするといったお客様も。

電話の声を聞いて、お年を召した方であればエレベーターの近くの部屋をお取りしたり、お料理もアレルギーが無いか確認をするなど、お客様にあったサービスを提供されています。



朝野拓磨さんは、車の配車や料理の配送などを行う一方で、湯村温泉での楽しみ方を案内する「街あるきジオガイド」の資格も取っており、地域との関わりを大切にしています。

感動が積み重なると涙が出てくる、ということから「感涙経営」を目指しているそうです。 感動のその上の「ここまでやるのか!」を感じてもらえるように日々お客様への対応を考えていらっしゃいます。



そんな素敵なご兄妹に聞いた、宿のおすすめポイントは、208号室の臙支(えんじ)というお部屋にある大きな檜の木で出来たお風呂。このお風呂が好きで何度もその部屋に泊まりに来るという方もいらっしゃるそうです。

お風呂に使われている檜は直径が両手を広げたときよりも広く、現在はその木材を手に入れるのも困難。

当時、その立派な檜の幹を彫ってお風呂にするということに協力してくれる彫り師はなかなか見つからなかったそうで、やっと見つかった腕の立つ彫り師が自分にとっての最後の作品に、と完成させた作品がこのお風呂。

貴重な檜が最高の職人の手によって、今では再現できないといわれる贅をつくした癒しのお風呂です。



おでかけが気持ちよくなってきた今日この頃。ぜひお待ちしております。

http://www.asanoya.co.jp/
〒669-6821 兵庫県美方郡新温泉町湯
℡:0796-92-1000


# by asanoyayu | 2018-04-29 11:50 | テレビ・雑誌の取材

/// 知ってました?横浜名物・シウマイのデザイン種類 ///



東京出張の土産は、崎陽軒のシウマイ10ケース大人買して帰りました。馬鹿ですねェ~。



目的は趣味で収集しているもの陶器の小さな醤油入れの「ひょうちゃん」です。



崎陽軒の戦略にのって、新たなデザインが出るたびに買ってしまうのです。今回は崎陽軒110周年・シウマイ90周年記念、大小と7つずつ14種をついついコンプリートしたくなります。

家に帰えって、早速全部開けて見ます。アトランダムに入っているので、いつも同じものが出てくるのですが、今回は一回で大7種ゲットできました。



小7種はヤフオクでゲット済み。オールコンプリートです。子供のころの収集癖が抜けません。



他の人から見ればただの醤油入れやゴミでも、集めている者から見れば「僕の宝物」なんですね。捨てるんやったら頂戴や!



めざせ!フルコンプリート。
とりあえず数をかずえてみるとその数なんと1.394個と増えてます。

一体、生まれてから今まで何個のシウマイを食べたことやら・・・汗

# by asanoyayu | 2018-04-28 12:57 | 雑貨・お試し商品・おまけ