朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 「先住民デザインのメダル」 2010.1.20放送分 ///

f0112434_16303030.jpg冬季オリンピックの開幕が近づいてきましたね。開催地、カナダのバンクーバーには、自然と共に生きてきた先住民の文化が息づいています。

選手に贈られる金・銀・銅のメダルも、先住民に伝わる伝統的な絵柄をもとにデザインされました。オリンピックのメダル615個をすべてつなぎ合わせると海を泳ぐシャチの絵柄になり、パラリンピックのメダル399個をつなぎ合わせると空を飛ぶワタリガラスの絵柄になる、壮大なデザインです。

ワタリガラスといえば、カナダには有名な神話があります。ある日、砂浜で巨大なハマグリを見つけたワタリガラスは、貝の中で泣いている小さな生き物たちに、一緒に遊ぼうと呼びかけました。その声に誘われて、おそるおそる外に出てきたのが、この世界に最初に足を踏み出した人間でした。

この神話を題材に、先住民の血をひく彫刻家ビル・リードが制作した「ワタリガラスと最初の人間」という作品は、カナダの20ドル紙幣のデザインにもなっています。この巨大な彫刻作品は、バンクーバーにあるブリティッシュ・コロンビア大学の人類学博物館に展示されていて、かつてワタリガラスの神話を追い続けた日本の写真家、星野道夫(ほしの・みちお)さんも、ここを訪れたことがあるとか。

そして今年、ワタリガラスはパラリンピックのメダルになって、世界に羽ばたこうとしています。平和の祭典バンクーバー大会が、自然と人間の深いつながりに思いをはせる、そんな大会になるといいですね。

*『香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)
by asanoyayu | 2010-01-20 01:23 | 朝野家・香りの散歩道