朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 省エネになるミントの香り2011.6.22放送分 ///

f0112434_942065.jpg爽やかなハーブの香りを嗅ぐと、気分もカラダもスッキリしませんか?

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

なかでも、清涼感のあるミントの香りは、カラダで感じる温度、体感温度を下げてくれるといわれています。
 
この効用に注目したある企業では、オフィスにミントの香りを漂わせているとか。エアコンの温度を下げるよりも、よほど健康的で省エネになる、というワケです。家庭でも活かせそうなアイデアですね。
 
蒸し暑い日には、部屋にミントの香りのスプレーをシュッとひと吹き。
体感温度を下げるだけでなく、イヤな臭いを消したり、虫を寄せ付けない効果も期待できるといわれています。
 
また、ミントを飲み物や料理に使って、暑気払いをしている国もたくさんあります。

たとえば、北アフリカの国モロッコでは、お茶といえば、緑茶にミントの葉っぱと砂糖を加えた、あたたかい「ミントティー」。お客様をもてなすときにも、この甘くて爽快なミントティーが欠かせません。
 
カリブ海の島国キューバ生まれの「モヒート」は、ミントの葉っぱをたっぷり使うラムベースのカクテルで、文豪アーネスト・ヘミングウェイが好んで飲んだことでも有名です。
 
スキッと爽やかなミントの香りで、この夏は快適に過ごしませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2011-06-22 09:01 | 朝野家・香りの散歩道