朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 久々にケースが良い「ヒント ミントのアイロニー」買いました ///

f0112434_11175861.jpg
旅行会社の会議があり、神戸に行ったついでに輸入雑貨で、ヒント ミント社のアイロニー・チョコレートとペパーミントを久々に買いました。

『フリスク』と同じ錠剤状清涼菓子ですが、ケースがとにかく格好よく、印象に残ります。最近プラザ(ソニプラ)見なくなりました。

いつもフリスクを使用しているのですが、このケースに移しかえるとスマートでカッコ良いのです。ケースの外見は黒メタルケースで、チョコには金、ミントにはメタルブルーの型押し、非常に高級感に溢れ、フリスクの白プラスティックとは大いに違います。

f0112434_1121686.jpg
タブレットを出す時は、フリスクと同様に上蓋をスライドさせるのですが、すこし出にくいようです。

比べてみると厚さがフリスクの倍ほどあるのと金属性のため出口ぎりぎりまで、横壁に切り込めないのです。

f0112434_11212991.jpg

さらに開けるとチョコは金地、ミントはメタリックブルー地のミントリーフのブランドマークが出てきます。

全体は小さな携帯電話のような仕上がりになっています。しかも閉めたときのカチッと止まる感じがいいです。IRONYの意味は「皮肉、皮肉な巡り合わせ・出来事」です。ネーミィングもいいですね。

チョコレートミントはココア味が来て、ミントの清涼感はほとんど感じません。ペパーミントの方は、ほぼフリスクと同じです。

両方とも甘味料にソルビトール・アスパルテームなどを使っているため低カロリー、吸熱反応でひんやりとした感触がします。ほかにターリーズコーヒーオリジナルバージョンもあるそうです。
by asanoyayu | 2015-09-19 07:51 | 雑貨・お試し商品・おまけ