朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 雪の深い湯村は旧暦に合わせてお雛様を飾ります ///

f0112434_23124748.jpg

2日から朝野家のラウンジに七段飾りのお雛様がお目見えしました。4月3日まで飾っていますので是非ご覧下さい。日に日に近付く春の訪れを感じながらお抹茶をご賞味下さい。

雪の多い湯村は田舎の風習で、行事は旧暦で行うことが数多くあります。お雛祭りも旧暦で行われ、3月から飾り付けが始まります。湯村で桃の花が咲く季節は丁度旧暦と一致していて、理にかなっているんですね。

ただ各地からお越しのお客様は新暦が一般的なので、3月3日を過ぎて、お雛様を飾っていると結婚前の娘に縁起が悪いとか言われます。湯村温泉・朝野家にお泊りいただき、素朴な田舎の風習をお楽しみください。

f0112434_23125969.jpg
慎重に箱から出して。。。1年振りの外の空気、保存状態も良好です。
f0112434_23131000.jpg
いよいよ飾り付け!これって。。。ここでいいんだよねェ?ご経験された皆様はお分かり頂けますよね、結構大変な作業です。1年ぶりのセッティングのため説明書と写真を見ながら、フロント男性とラウンジ係で作ります。 ホッ!
f0112434_23132135.jpg
7段飾りにお内裏様とお雛様をお飾して、上から順番に仕上げていきます。格闘する事約1時間。。。縦3m横1.5mお雛さん完成です。
f0112434_23133266.jpg
本漆に金蒔絵のお道具もあり、姿見は開けると鏡が、お針箱も引き出しが開き、針山も針が刺せるようになっています。少女の頃、ワクワクしながらおひな様を飾ったときの素直な気持ち、お内裏様に抱いたほのかな恋心を、そっと思い出してみませんか。





小さい春、みーつけた!



by asanoyayu | 2018-03-04 06:58 | イベント・歳時記