朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 馬車道通りで「あいすくりん」 ///2018.05.09放送日

f0112434_17073088.jpg
(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

今日5月9日は「アイスクリームの日」です。

昭和39年。秋に開催される東京オリンピックに向けて、日本中が活気にあふれていたこの年の5月9日。現在の日本アイスクリーム協会がPRイベントを行いました。

大型連休明けのこの時期は、アイスクリームシーズンのはじまり。夏に向けて、そのおいしさをもっと知ってもらおうと、福祉施設に無料で届けたり、女性を招待して試食会などを開いたそうです。

以来、毎年5月9日がアイスクリームの記念日になりました。

今では一年中店先に並んでいるアイスクリームですが、当時は夏の期間限定で販売されていました。秋風が吹くころには冷凍ケースが空になり、来年の夏までアイスクリームはおあずけ・・・。

そんなちょっと切ない子ども時代の思い出が、よみがえってくる方もいらっしゃるでしょう。

日本で最初にアイスクリームの製造販売を手がける店が登場したのは、横浜の街。明治2年の6月、町田房造(まちだ・ふさぞう)という人物が、横浜の馬車道通り(ばしゃみちどおり)で「あいすくりん」なるものを売り出したのがはじまりだとか。と言っても、庶民にとっては高嶺の花で、初めは外国人のお客さんばかりだったそうです。

やがて、新しいもの好きの日本人にも人気が広がり、東京のレストランでもアイスクリームがメニューに加わるようになりました。

文明開化を象徴する食べ物はたくさんありますが、アイスクリームもその一つだったのですね。

*『朝野家・香りの散歩道』朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。


by asanoyayu | 2018-05-09 07:03 | 朝野家・香りの散歩道