朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 夏氷(なつごおり) ///2018.07.25放送分

f0112434_14454467.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日7月25日は「かき氷の日」です。かき氷の別名で俳句の季語にもなっている、「夏氷(なつごおり)」の語呂合わせで、725(なな・に・ご)の2(に)をツーと読んで、7月25日が「かき氷の日」になったのだとか。


夏氷といえば、明治の俳人・正岡子規(まさおか・しき)は、こんな句を詠んでいます。

冨士の雪見なからくふや夏氷(ふじのゆき みながらくうや なつごおり)

富士山の雪とかき氷を取り合わせた、なんとも豪快で爽快な夏の景色が浮かんでくるような句ですね。この句を知ってから、真っ白な雪をいただく富士山の姿が、大きなかき氷のように見えてきた・・・という人もいるそうです。

「かき氷の日」という記念日は、日本かき氷協会によって制定されました。この協会のウェブサイトでは、誰でも「かき氷検定」にチャレンジすることができます。

かき氷の歴史や一般常識の問題を解いて、かき氷を愛する人「カキゴオリスト」としてのレベルを知ることができる検定です。

初級に合格すると、友達に自慢できるくらいのカキゴオリスト。中級は日本で自慢できるくらいで、上級になると世界に自慢できるカキゴオリストだと、胸を張ってもいいようです。

その問題は・・・残念ながらここでは紹介できないので、かき氷を愛する自称カキゴオリストのみなさんは、ウェブサイトでチャンレンジしてみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2018-07-25 14:46 | 朝野家・香りの散歩道