朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 香のつく名字 ///2018.09.19放送分

f0112434_16014496.jpg

(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌) 

明治3年の9月19日、すべての人が、苗字を名乗ることを許されました。それまでは、貴族や武士など、特定の人々しか苗字を持つことができなかったのです。という訳で、今日9月19日は、「苗字の日」という記念日になりました。


日本人の苗字は、30万種類以上あると言われています。この数字には諸説あるようですが、それにしても大変な数ですね。

香りの話題をお届けしているこの番組にちなんで、「香り」という漢字がつく苗字を調べてみたのですが、それだけでも実に多彩です。

香る山と書いて「香山(かやま)」さん。香る川で「香川(かがわ)」さん。香る月(つき)と書く風流な苗字の「香月(かづき)」さんは、「香月(こうづき)」さんと読む方もいらっしゃるでしょう。

そして『朝野家・香りの散歩道』の「朝」と「香り」を組み合わせた、「朝香(あさか)」さんという苗字も見つけました。

朝香と言えば、明治時代に創設された朝香宮(あさかのみや)という皇族の宮家をご存知でしょうか。この番組でも紹介したことがある東京都庭園美術館は、もともと朝香宮家の邸宅でした。アール・デコの館とも呼ばれる美しいこの邸宅には、西洋文化の香りが漂っているような気がします。

「香り」という字に限らず、苗字にはそれぞれに歴史や意味があるようです。「苗字の日」の今日、みなさんも先祖からのメッセージを読み解いてみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。



by asanoyayu | 2018-09-19 06:59 | 朝野家・香りの散歩道