朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 未来の公園 ///2018.09.12放送分

f0112434_16125738.jpg
(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

緑ゆたかなまちづくりをめざして、昭和58年から全国各地で開催されている、花と緑の博覧会「全国都市緑化フェア」。平成25年には、鳥取県でも開催されましたね。

今年は9月14日から、『山口ゆめ花博』と題して、山口県で開催されます。


テーマは「山口から開花する、未来への種まき」。これまでになかった発想で、未来の公園づくりをめざしたそうです。


たとえば、子どもたちがさまざまな自然と出会い、体と頭を使って自由に遊べる公園や、医療の知識をもとに、健康寿命を延ばすよう工夫された公園。


そして、仕事がはかどる公園も用意されています。開放感あふれる緑の庭で、仕事や会議をしませんか・・・という、気持ちよさそうな提案をカタチにした新しいワークスタイルには、共感する人が多いのではないでしょうか。ここには、水素による燃料電池も設置されていて、災害時には独立電源として使える防災機能も備えているそうです。


小高い山から海に向かって一気に滑り降りる、日本一長い竹のコースターや、まるで空中散歩をしているような、日本一高い木のブランコなど、お楽しみもいっぱい。


『山口ゆめ花博』は9月14日から11月4日まで開催されます。


「わが家の近くにも、こんな場所があったらいいな」と思える、未来の公園に出会えるかもしれませんね。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。







by asanoyayu | 2018-09-12 07:08 | 朝野家・香りの散歩道