朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 冬の香近し ///2018.11.07放送分



(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

今日は「立冬」です。暦の上では冬の気配が現れるころ。

俳句の世界では、「冬立つ」「冬来たる」「冬に入(い)る」という季語も、立冬を表しています。また、立冬の朝のことを「今朝の冬」という、なんとも美しい響きの季語もあり、日本語は本当に豊かですね。

立冬は、木枯らしが吹きはじめる季節ではありますが、地域によっては、まだ秋の盛り。明治時代に活躍した俳人、正岡子規(まさおか・しき)は、立冬に寄せてこんな句を詠んでいます。

 菊の香(か)や 月夜ながらに 冬に入る

菊の香りが漂う月のきれいな夜だけど、もう冬に入(はい)ったのだなぁ・・・と、季節の移り変わりの早さを詠んだ句です。実は、この句にある「菊」と「月夜」は秋の季語で、「冬に入る」は冬の季語。

このように、異なる季語がいくつも使われている句は珍しいようですが、それも、秋から冬への変わり目に詠まれた句ならでは。ましてや、季節の境目がより一層わかりにくくなった、昨今の気候に慣れた私たちには、共感しやすい句かもしれませんね。

 菊の香や 月夜ながらに 冬に入る


立秋の今日。もしも、きれいな月が出たならば、この歌を思い出しながら眺めてみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供​で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。
また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2018-11-07 07:00 | 朝野家・香りの散歩道