朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

【 沖合底曳網漁の解禁は9月1日で、ハタハタは解禁 】

f0112434_14283601.jpg

沖合底曳網漁の解禁は9月1日で、ハタハタは解禁とともに水揚げされる魚で、地元の消費者にとっては沖合底曳網の解禁を告げる魚と言えます。この時期にしか食べられない旬の魚の一つです。

湯村温泉から9kmの浜坂漁港船籍の船は、多くのハタハタを満載して帰港してきます。「香住蟹」など甲殻類の苦手な方にはお勧め、いよいよです。</p><p>ぜひお召し上がりください。

f0112434_14293456.jpg

煮魚や一夜干しでおなじみの魚ですが、この時期にしか食べられない旬の料理。山陰沖で穫れる脂ののった白ハタのしゃぶしゃぶもその一つです。


「鍋ものにして食べたことはない」という方が多いかもしれませんね。ぷっくり太った新鮮なハタハタでしか作れない、手間のかかる料理ですから。

『朝野家』では、ハタハタを三枚に下ろし、特製の鍋出汁で食べる『はたはたの黄金鍋』が評判です。火をつけると金箔入りの出汁が溶け出し、出し汁に香り高い柚子とハタハタの旨味で頂きます。

朝野家』のオリジナル料理『はたはたの黄金鍋』をぜひ、ご賞味ください。


f0112434_14313842.jpg

このハタハタは山陰沖で獲れる回遊性のハタハタと秋田の産卵性ハタハタの2つに大別されます。もちろん漁獲時期も違い、日本海西部(石川県〜島根県)のハタハタは主に、9月から5月の間に底びき網によって獲られ、秋田のハタハタは冬に産卵をしにくるものを捕獲されます。

近年の漁獲量の半分ほどは、山陰沖で獲れる回遊性のハタハタで、水揚げ量は兵庫、鳥取両県が西部海域のかなりの部分を占めており、日本一の漁獲高を誇ります。

朝鮮半島東部で生まれた稚魚は、日本海を南下して栄養豊富な餌を食べて、日本近郊で体に脂を蓄えます。 さらに北上して朝鮮半島で卵を産むと言われています。豊富な運動量と栄養価の高い餌で、ハタハタの脂は美味しくなるのです。

産卵性ハタハタは秋田近郊を、産卵場所としてくるため卵には栄養ががいき、脂の乗りが悪く、鳥取大学の研究では山陰沖回遊性ハタハタは秋田産卵性ハタハタの2倍、脂があると発表されました。


by asanoyayu | 2019-08-24 14:31 | 美味彩宴