朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 荒湯生キャラメル ///2019.09.11放送分

f0112434_11395494.jpg
(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)


もうすぐ「敬老の日」ですね。夏の疲れを癒して、元気に長生きしてもらおうと、家族で温泉に出かけられる方も多いのではないでしょうか。

湯けむりが香る温泉に浸かって、おいしいものを食べれば、まさに命の洗濯ができそうですね。

山陰の湯村温泉には、およそ98度のお湯がこんこんと湧き出る源泉の「荒湯(あらゆ)」があり、調理にも使われています。

観光客にも開放されている湯つぼで、温泉玉子をつくったり、野菜を茹でたり・・。そして今、湯村温泉で人気急上昇中の温泉スイーツがあるのをご存知ですか?

それは、缶入りの練乳、コンデンスミルクでつくる生キャラメル。高温でお湯の量がたっぷりある荒湯の湯つぼなら、練乳を缶のままネットに入れて8時間ほど浸けておくだけで、とろっとろの生キャラメルができるのです。

湯村温泉に到着したら、まずは缶入りの練乳を湯つぼに浸けておいて、それからゆっくりと温泉や街歩きを楽しむのが、おすすめのコース。

また、この荒湯生キャラメルを使って、地元のお菓子屋さんがつくったフィナンシェも好評だとか。温泉街を流れる春来川沿いの足湯に浸かりながら、できたての生キャラメルやフィナンシェを味わうのが、湯村温泉の新しい楽しみ方になっているようです。

その光景を想像すると、どこからか甘い香りが漂ってくるような気がしませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供​で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナー​からもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2019-09-11 07:00 | 朝野家・香りの散歩道