朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:イベント・歳時記( 228 )

/// 8/24日は夏休み体験 湯村温泉の夜を焦がす「湯村の火祭り」 ///

f0112434_17051557.jpg

毎年も8月24日(水)の地蔵盆に、湯村温泉の伝統行事『湯村の火祭り・ジーロンボ、ターロンボ』が開催されます。夏休み最後の体験をお子様と一緒にどうぞ!。

江戸時代の天保年間に始められ、『湯村の火祭り』は湯村温泉独特の伝統行事です。

f0112434_17052650.jpg

正福寺に集まった子供たちはタイマツを手に、行者のほら笛の音を合図に正福寺の階段を下り、町内を流れる春来川を囲んで、行事が広げられます。

子どもたちは、たいまつの炎を打ち振りしながら、「ジーロンボ、ターロンボ、ムーギノナーカノクーロンボ」のはやしにあわせて、火のついたタイマツを振り回しながら、無病息災、五穀豊穣を祈願し、高ぶる心や心の病気を焼き払い、水に流してきれいな心に・・・と祈ります。

火の乱舞が春来川に生えて幻想的なひと時を演出します。数に限りはありますが観光客用のタイマツもご準備しております。地元の子供たちに混じって、故郷での夏の思い出をお作りませんか?。

f0112434_17053502.jpg

私の子供のころは、束ねたおがら(大麻の繊維でを取った後の余った茎苧殻)に火をつけて回したものでした。最近は角材に旅館の古タオルを巻いて灯油にひたしてタイマツをつくります。昔はecoだったんですね。

幻想的な光の輪、どこか懐かしい子供たちの歌声、そして、灯りを映す川の匂い・・・。湯村の人々は、この火祭りがやってくると「そろそろ夏も終わりだなぁ~」と肌で感じます。

ご予約は朝野家、こちらまで


by asanoyayu | 2018-08-18 07:50 | イベント・歳時記

/// 湯村温泉・灯籠絵巻~8/19日まで ///

f0112434_10564090.jpg

今朝の読売新聞に、湯村温泉の灯篭絵巻が載ってます。

湯村温泉の夏の風物詩で、盆明けの8/19日(日)まで春来川沿いに展示してあります。是非ご覧ください。



by asanoyayu | 2018-08-09 10:55 | イベント・歳時記

/// 浴衣で春来川沿い歩こう 風鈴で涼演出 湯村温泉街 ///

f0112434_13311521.jpg

30日の神戸新聞と神戸新聞NEXTで、「湯村温泉 色浴衣・夢さんぽ企画」を取りあげて頂きました。有難うございます。

---------------------cut 8< チョキチョキ---------------------

街角に風鈴を飾り、浴衣姿でのそぞろ歩きを促す夏休みの特別企画がこのほど、兵庫県新温泉町湯の湯村温泉街で始まった。温泉街の夏の魅力をアピールすることが狙いで、街を流れる春来川沿いにつり下げられた風鈴約60個が、軽やかな音色で涼しさを演出している。(小日向務記者)

湯村温泉観光協会や旅館などの関係者らが、荒湯周辺の橋の上などに、鉄製の南部風鈴や陶磁器の風鈴などをつり下げた。「ようこそ ゆむらへ」などと書かれた短冊が風に揺れては涼しげな音を奏で、通り掛かった観光客らが足を止めて、聞き入ったり、写真を撮ったりしている。

風鈴の設置は特別企画「色浴衣で夢さんぽ…。」の一環。合わせて、温泉街の旅館などの宿泊客が色浴衣で観光協会を訪れると、温泉街の飲食店やお土産店などで使える500円券(2日間有効)がプレゼントされる。

また「荒湯たまごプレゼント」も同時に実施。宿泊施設で引換券を受け取り、お土産店などで温泉卵「荒湯たまご」と交換できる。風鈴を取り付けた27日には、湯村温泉観光協会など温泉街の7施設で、従業員らも浴衣姿となって観光客を出迎えた。

同観光協会の朝野泰昌会長は「湯村温泉は重曹泉で、肌がさっぱりする。加えて、浴衣の肌触りや春来川の風、風鈴の音色など五感で“日本の夏”を楽しんでほしい」と話している。特別企画は8月31日まで。同観光協会TEL0796・92・2000
---------------------cut 8< チョキチョキ---------------------

もう顔が飽きたとは思いますが・・・(笑)


by asanoyayu | 2018-07-30 13:32 | イベント・歳時記

/// 「湯村温泉・夏休み特別企画」色浴衣で夢さんぽ ///

f0112434_19502730.jpg
昨日、「湯村温泉・夏休み特別企画」色浴衣で夢さんぽ・
・・。がスタートいたし、本日の日本海新聞に載っていました。

期間は、8月31日(金)までです。

温泉橋に風鈴が設置され、川風を受けて心地よい音色を響かせています。

by asanoyayu | 2018-07-28 07:42 | イベント・歳時記

/// 湯村温泉観光協会の『色浴衣で夢さんぽ』企画 ///

f0112434_19320699.jpg
昨日、湯村温泉観光協会の『色浴衣で夢さんぽ』企画で、湯村温泉街の事業所の方々も色浴衣を着用され、盛り上げて頂きました。

今朝の日本海新聞に載っていました。

≪ご協力いただいた事業所≫
・温泉総合支所 ・カドミセ ・但馬銀行湯村支店
・但馬信用金庫湯村支店 ・鳥取信用金庫湯村支店
・おばあかふぇ ・湯村温泉観光協会

ご協力ありがとうございました。


by asanoyayu | 2018-07-28 07:07 | イベント・歳時記

/// 26年目の平和の折り鶴 ///

f0112434_14402469.jpg

新温泉町と湯村温泉観光協会は、今年も千羽鶴と湯村温泉の温泉、集まった浄財を持って、母の故郷・広島にお持ちします。

体内被爆者と人が支え合っていきていることを描いた「夢千代日記」をきっかけに、ロケ地になった湯村温泉は、被爆者が利用される原爆養護老人ホーム2カ所に温泉を贈り、入浴や足湯に利用して頂いてます。


今年は西日本豪雨で被害にあった広島市安佐北区と東区にある養護ホームの2カ所に温泉10トンお届けします。

また、夢千代像に集まった浄財と旅館や店舗で、観光客や住民、社員が折った折り鶴5万羽も毎年平和記念公園や各施設に納めています。

また、あの暑い日がやってきました。


by asanoyayu | 2018-07-24 14:37 | イベント・歳時記

【 湯村温泉・夏の風物詩「灯篭絵巻」 】

f0112434_18061018.jpg

19日天狗祭り👺に先駆けて、湯村温泉・夏の風物詩「絵灯篭」が、設置されてテスト点灯されました。

f0112434_18064196.jpg

今年は盆明けまで点灯しますが、悪天候の場合は安全のために撤去する事もございます。

f0112434_18071571.jpg

◆日 時:平成30年7月21日(土)~8月19日(日)19時00分から22時00分まで点灯予定

◆場 所:新温泉町湯 湯村温泉街

f0112434_18083015.jpg

春来川沿いの欄干に15基設置されています。

f0112434_18090794.jpg

美人画などが描かれた絵灯篭は、「絵灯篭祭」で有名な秋田県の湯沢市から譲り受けたものです。但馬牧場公園で開催予定の「但馬“牛まつり”」のプレイベントとして、機運を盛り上げるために、毎年、湯村温泉街で実施しています。

f0112434_18095245.jpg

光が入るとまた違った表情になります。

淡い光が温泉街を照らし出し、ますます浴衣が似合う街になります。風情たっぷりの絵灯ろうが春来川沿いにずらりと並びます。

湯村温泉街が素敵なファンタジーに包まれます。


by asanoyayu | 2018-07-21 18:10 | イベント・歳時記

/// 7/15日(日)には『浜坂ふるさと夏まつり花火大会』 ///

f0112434_12151876.jpg
朝野家にお泊まりいただき、ぜひお出かけ下さい!


平成30年(2018)7月14日(土)・15日(日)・16日(祝)と但馬三大祭の一つ「川下大祭」が行われ、麒麟獅子舞や御神輿が町内を練り歩き、たくさんの屋台や出店もでて大勢の人々でにぎわいます。

f0112434_12154477.png

また、本祭日のが行なわれ浜坂の夏の夜空を彩ります。
今年は臨時列車も出ますのでぜひご利用下さい。


●日時:平成30年7月15日(日)午後8時~

※荒天の場合は翌日に順延となります。

●場所:浜坂県民サンビーチ(JR浜坂駅より徒歩約20分)
※時間帯により一部道路が車輌通行止めとなりますのでご注意ください。


by asanoyayu | 2018-07-05 12:16 | イベント・歳時記

/// インバウンドセミナー初級編 ///

f0112434_12021174.jpg
今朝の新聞に、6/28日新温泉町商工会のインバウンドセミナーの記事が載ってました。

セミナーは商工会、湯村温泉・浜坂の両観光協会、湯村温泉旅館料飲組合などが主催しました。


by asanoyayu | 2018-07-04 12:01 | イベント・歳時記

【 湯村温泉まつりの大菖蒲綱引き速報 】

f0112434_20260216.jpg

上が勝ちました。五穀豊穣です。

f0112434_20232022.jpg

今回は上(かみ)組の作戦勝ち、荒湯が下組側にあり観光客の方はどうしても下(しも)組に集まり、しかも、傾斜は上が高く、下は低くなっている。同数だとしても引くのに下組の方が有利になり、毎年、下組が勝ってしまう。

f0112434_20242079.jpg
でも、今年は策を練って、稲負谷川と春来川の南側が上組、北側が下組なので、「京阪神のお客様は上組に、鳥取島根但馬方は下組に行ってください」とアナウンスしてもらいました。
f0112434_20245095.jpg

いつも数で負ける上組に、観光客が加わりほぼ同数になり、勝つことができました。有難うございます。

f0112434_20253399.jpg

朝野家は上組・下組にも会社や自宅が掛っているので、どちらが勝ってもいいんですが・・・、出来れば引き分けだと五穀豊穣と商売繁昌の両方だったのです。(笑)


by asanoyayu | 2018-06-03 20:18 | イベント・歳時記