朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅行・体験日記( 382 )

/// 20日19:00~NHKBS「にっぽん横断 こころ旅」で湯村温泉が・・・///

f0112434_10414347.jpg
NHK BS プレミアル「にっぽん横断 こころ旅」745日目は、湯村温泉にお越しの火野さん。

今晩6/20日19:00~19:29に放映されます。ぜひご覧くださいね。

<今夜7時のとうちゃこ版>
地元の名物を味わう昼食タイムあり、の湯村温泉ぶらり旅。...
最後は雨も上がって・・・夜7時からお楽しみに(^o^)/


by asanoyayu | 2018-06-20 10:43 | 旅行・体験日記

/// 民泊物件 届け出低調 ///

f0112434_19074558.jpg

国内の闇民泊件数は60,000軒を超えたが、住宅宿泊事業法(民泊新法)の届け出件数は約2,000軒(6/8日時点)となっている。

新法では、宿泊者の安全のための消防法、警察の立入などの法令を遵守しなければならず。その上で今まで隠れてた闇収入に税金が掛かってくるなど、旨みがなくなるからだ。


旅館業法は、消防法、警察の検閲、保健所などやビル管理、温泉法、建築基準法などたくさんクリアーしないと開業できないし、その後も各法律の更新もありチェックされている。

宿泊者の偽名は許さられず、外国人にはパスポートのコピー保存も義務付けされている。宿泊者の足取りが分かるために、法定伝染病者の拡がり防止やテロリストの早期発見にも役に立つ。

日本の旅館ホテルの安心・安全・おもてなしは、これによって行って来られた。

オリンピックに向けて宿泊先が足らないと言ってたが、コンパクトな日本では、鉄道・バス・飛行機などの交通機関は正確な時間に着き、安全、少々地方でも十分宿泊できし、地方の旅館・ホテルの稼働率はさほど高くないから、ドーナツ宿泊をさせれば地方の活性化にも繋がる。

闇民泊でなく、旅館業法の簡易宿泊所や新法の登録して正々堂々と商売をすべきだ!


by asanoyayu | 2018-06-07 19:06 | 旅行・体験日記

/// 休館日に社員研修でジオガイドセミナーとコミュニケーション ///

f0112434_18215673.jpg
今日は休館日を利用し、久々の社員研修に出掛けています。 香美町香住区のジオガイド2種で活躍中の今井さん。全国を講演して走り回っておられます。講演の中では、いつも成功例として「朝野家ジオガイド」の話をしてくれています。
f0112434_18220810.jpg
昼食はかに八代さんで「ほたるいかづくし料理」後半は小代地区に場所を移動しての研修です。
f0112434_18222033.jpg
小代ガイドクラブの田村さんにお世話になり、久須部渓谷、うへ山の棚田、吉滝へ。
f0112434_18223356.jpg
勉強させていただきました。小代村は「日本一美しい村」に登録されていて、但馬牛の本場の一つ。

f0112434_18225628.jpg
現地勉強会の後は、朝野家で「人に伝わる話し方」のコミュニレーション勉強会を行いました。



by asanoyayu | 2018-05-31 16:44 | 旅行・体験日記

/// 浜坂調停協会定時総会 ///



11:00〜浜坂調停協会定時総会が終了後、懇親会が始まりました。



3月末をもって調停委員を退任をさせて頂きます。JCを卒業してすぐ、民事で20年、家事で18年お世話になりました。



裁判官の横での司法、サラ金相手の特調、土地の境界、交通事故調停、若年層離婚、給料の不払など人生の節目を色々な調停を通じて疑似体験をさせて頂きました。



多くの人生経験は、とても勉強になりました。申立人・相手方共に説得するのでなく、納得する調停成立を目指して来ました。

長きにわたり有難うございました。感謝!!!




by asanoyayu | 2018-05-20 12:46 | 旅行・体験日記

/// 周辺観光に鳥取もお薦めです ///

カテゴリ:旅行・体験日記


湯村温泉は鳥取との観光連携を増やしていきます。



香美町村岡/かつらの水



香美町村岡/但馬大仏



鳥取と湯村温泉の間は、鳥取駅、鳥取空港、鳥取バスターミナル、鳥取港などすべての交通が50分で結ばれています。

行政の枠にとらわれず、しっかりと2次交通を作れば湯村温泉に来やすくなります。

片道を鳥取砂丘、砂の美術館、わらべ館、智頭急行、大江の郷などの鳥取の観光をご案内することができます。

いよいよ、鳥取DMOの流れができそうです。

by asanoyayu | 2018-05-16 17:38 | 旅行・体験日記

/// 自然がいっぱい! こんな近くにオシドリのつがいが・・・ ///

f0112434_16515589.jpg
新温泉町商工会温泉支所横の砂防ダムに、鴛鴦のつがいがいてます。
f0112434_16522082.jpg

えぇ〜!こなところにです。やっぱり、湯村温泉は自然がいっぱいなんだね。

f0112434_16523486.jpg
当地でしかも、こんな小さな水たまりで・・・、初めて見ました。


by asanoyayu | 2018-05-15 10:38 | 旅行・体験日記

/// 朝野家のルーツは関東武士・源氏の流れを汲む ///



会長の四十九日の時、従兄から「以前、会長に朝野家の家系図を見せてもらったんだけど、出来たら写真かコピー取りたいんだけど・・・」と言っていた。私も見た記憶があり、母に聞いて父親の机近辺を探してみた。

「あったから、何時でも着て下さいね。」

従兄は私より早く母の所に来ていて、家系図を眺めている。写真コピーを元に現代風に解り...やすく三十三代目まで書かれています。


朝野家(あさのや)の真南に白豪山(通称・城山)があり、今見ても頂上が削られて平らになっています。その麓には歌長(うたおさ)という集落があり、そこで私達の先祖は過ごしていたと温泉町の町史本に書かれています。




山陰の海岸には源平の乱で敗れた平家の一門が住みついている事が多いが、朝野家(奈良九郎)のルーツは、もともとの奈良家で現在の熊谷市に居を構え関東武士と伝えられている。 成田氏の祖である助高の子三郎高長が奈良氏を称しており、保元物語では鎮西八郎為朝との戦いである白河夜討の条に源義朝の従兵として登場します。



朝野家(あさのけ)は鎌倉時代、文治元年(1155年)温泉城の初代城主と伝えられる奈良九郎太郎源宗光の後裔で、「天正9年6月19日羽柴軍の覇行で城落、歌長村へ蟄居して民間にあり」と温泉町郷土読本にもあります。



また、温泉町史にも「これより先将監は落城のまぬがれ難きを知り十四日の夜奥方若君女中を歌長に落したので、その子孫朝野氏を名乗り今日に及んでいるという」 。



朝野家文章も「右近将監ノ難立世ヲ憚リ姓ヲ替へ奈良ヲ朝野ト改姓シケル之レヨリ土民トナリ朝野五郎左衛門孟重ト改ム」とあり、奈良姓から朝野姓に、武士から農業をするにいたったのです。 朝野家(あさのけ)の菩提樹のある寺は、新温泉町熊谷の善住寺で、地名の熊谷(くまだに)は奈良家の本拠地の熊谷(くまがや)に因んだものではないだろうか?と想像してしまう。



先祖代々、続いてきた命、次にしっかりと繋がなければと二人でルーツの花を咲かせた。従兄と会長との会話に感謝です。



朝野家(あさのや)がお城の形をしているわけは、こんなところにあったんです。 1155年に関東熊谷から湯村の地に移って、源氏の朝野家(あさのけ)は今36代目になっています。


by asanoyayu | 2018-05-04 13:10 | 旅行・体験日記

/// 麒麟のまち観光局の湯村視察 ///




麒麟のまち観光局の専務理事他3名が、湯村温泉に視察研修に来てくれました。

「麒麟のまち観光局」は鳥取市、智頭町、八頭町、若桜町、岩美町の鳥取側と新温泉町、香美町の兵庫県側の県境を越えた観光県DMOとして、今年4月に発足しました。

今後、新温泉、香美の2町とどう連携をしていけるか?専務理事は初めてなので、湯村温泉のジオガイドと滞在観光のための仕掛けなどを案内して回りました。



「湯村温泉幸せの隠れハート探し!」をして頂きながら、「おもしろポスター」、「あなたはどこから来られましたか?ピンマップ」。





荒湯では「ゆで玉子体験」「湯村温泉の飲泉」「荒湯生キャラメル」「ベルチェ素子温度差発電」などの体験メニューもして頂きました。



湯村温泉の魅力発信には、鳥取からの2次交通が必要となります。香美町にさらに伸ばすには、周遊バス網か、レンタカーが有効手段になります。


by asanoyayu | 2018-05-01 15:52 | 旅行・体験日記

/// 湯がき文化と半径400mのまち創りの講演 ///



10:00〜但馬文教府のみてやま学園で「湯がき文化と半径400mのまち創り」の講演をさせていただきました。



2年前にも講演させていただいたのですが、今年は5月にもう一度させていただきます。



半径400mの湯村温泉の日常温泉や荒湯生キャラメル、ペルチェ素子発電も含めて90分、少しは湯村温泉を身近に感じてくれただろうか?


by asanoyayu | 2018-04-27 13:06 | 旅行・体験日記

/// 「鳥取砂丘砂の美術館」4/14日~第11期展示「北欧編」が開幕 ///



朝8:30〜砂の美術館第11期展示・北欧編のオープニングセレモニーに、出席しています。 早速、見学。第1回目から見にきてますが、構成力、表現力の素晴らしさは年々上がっています。





















動物の毛並み、腕の血管などを見るとブロンズ彫刻の様で、これが砂で作られているとは思えません。

湯村温泉・朝野家から車で45分(30km)の砂の美術館へお出かけください。

-------CUT-8<-----日本海新聞4/14日

【 幻想的、遊び心満載 鳥取砂丘砂の美術館・北欧編 】

国内唯一の砂像の屋内展示施設「鳥取砂丘砂の美術館」(鳥取市福部町)で14日、第11期展示「砂で世界旅行・北欧編 美しい大自然と幻想的な物語の世界へ」が開幕する。

9カ国から来日した19人の砂像彫刻家が手掛けた北欧神話やアンデルセン童話など多彩な22作品が一堂に並ぶ。来年1月6日まで。

13日は内覧会があり、約80人が来館した。今期は2557トンの砂を使用。入り口側から会場を眺めると北欧神話など大人向けの作品が一望でき、逆側からは童話や児童文学をテーマにした子どもに人気の作品が並んで見えるなど会場全体で連携する演出にも挑戦した。

15分に一度、フィヨルドの風景をモチーフにしたメイン作品の上空をライトで照らしてオーロラを出現させたり、作品の間に水を流して自然や神話の世界観を演出したりと砂以外の表現にもこだわった。

同館の茶圓勝彦総合プロデューサー(57)は「目線や動線にも気を配り、作品全体に遊び心を施した。何度も見たくなる仕掛けがあるのでじっくり鑑賞してほしい」と話した。

14日は午前8時半に同館駐車場のウエルカム砂像前で開幕式がある。同9時開館。今季は50万人以上の来館者数を目指す。(浜田匡史)

------------CUT-8<----------






by asanoyayu | 2018-04-14 19:11 | 旅行・体験日記