朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2018年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

【 突然食べたくなる出汁巻 】

f0112434_14094534.jpg

旅館に育つと、時々、突然出汁巻が食べたくなる。関西風の出汁たっぷりの卵焼き。小さい頃からの大好物!

旅館に泊まると必ずといって良いほどの出汁巻、お客様に出せない両端は、社員の賄いとなり丼鉢に入る。端とはいえプロの調理人の出汁巻。


巻き簾を開くとあったかい湯気と豊かな香りに包まれる。箸で切ると出汁が溢れ出す、美味しいに決まっている。そんな出汁巻が食べたくて、作ってみた。

f0112434_14102400.jpg
時間がない時は、出汁をとらずに白だしか昆布だしを水に溶いて使います。酒の煮切り、みりん、薄口醤油で適当に!!!
f0112434_14112264.jpg
泡を立てずに、白身を切ります。
f0112434_14124478.jpg
一回、裏ごしをするとカラザや殻破片もとれて、滑らかに、均一の黄金色になります。
f0112434_14133244.jpg
少し強火で手早くです。
f0112434_14141475.jpg
手前に寄せて油をひき、奥に寄せて油を引くの繰り返し。
f0112434_14151619.jpg
膨らみを潰して残りを本体の中に流し込んでいきます。こまめに火加減調整をして下さいね。半熟ぐらいで巻いて、巻き簾の中で火を入れていくと、柔らかい出汁巻の出来上がりです。

いつも使っている銅の玉子焼き鍋も巻き簾もないので綺麗に焼き上がらないが、美味かった。ときどき食べたくなり、ときどき満足。

#出汁巻き卵 # #男子厨房 #思い出 #旅館 #出汁


by asanoyayu | 2018-08-20 14:17 | 亭主のわがまま簡単レシピ

/// 講演用PP完成 30分以上になるなぁ〜 ///

f0112434_13525076.jpg

22日地元 村岡高校で公開ワークショップ「コミュニティづくりを私もひとつ」で、湯村温泉でのコミュニティづくりの講演を30分させて頂きます。

f0112434_13531326.jpg

地域コミュニティで必要な事、人財、湯村温泉の事例、ベクトルを揃えるとは、観光の仕組み、You- murART、しんおんせん絆コンファレンスなど

f0112434_13555665.jpg
f0112434_13533942.jpg
インバウンドや新商品の話もでければ良いですけど・・・。27枚のパワーポイントで30分はきついなあ〜!


by asanoyayu | 2018-08-19 13:46 | 講演会

/// 8/24日は夏休み体験 湯村温泉の夜を焦がす「湯村の火祭り」 ///

f0112434_17051557.jpg

毎年も8月24日(水)の地蔵盆に、湯村温泉の伝統行事『湯村の火祭り・ジーロンボ、ターロンボ』が開催されます。夏休み最後の体験をお子様と一緒にどうぞ!。

江戸時代の天保年間に始められ、『湯村の火祭り』は湯村温泉独特の伝統行事です。

f0112434_17052650.jpg

正福寺に集まった子供たちはタイマツを手に、行者のほら笛の音を合図に正福寺の階段を下り、町内を流れる春来川を囲んで、行事が広げられます。

子どもたちは、たいまつの炎を打ち振りしながら、「ジーロンボ、ターロンボ、ムーギノナーカノクーロンボ」のはやしにあわせて、火のついたタイマツを振り回しながら、無病息災、五穀豊穣を祈願し、高ぶる心や心の病気を焼き払い、水に流してきれいな心に・・・と祈ります。

火の乱舞が春来川に生えて幻想的なひと時を演出します。数に限りはありますが観光客用のタイマツもご準備しております。地元の子供たちに混じって、故郷での夏の思い出をお作りませんか?。

f0112434_17053502.jpg

私の子供のころは、束ねたおがら(大麻の繊維でを取った後の余った茎苧殻)に火をつけて回したものでした。最近は角材に旅館の古タオルを巻いて灯油にひたしてタイマツをつくります。昔はecoだったんですね。

幻想的な光の輪、どこか懐かしい子供たちの歌声、そして、灯りを映す川の匂い・・・。湯村の人々は、この火祭りがやってくると「そろそろ夏も終わりだなぁ~」と肌で感じます。

ご予約は朝野家、こちらまで


by asanoyayu | 2018-08-18 07:50 | イベント・歳時記

/// やっぱり!かえるの長男 ///

f0112434_15000944.jpg

お客様に少しでも喜んでいただこうと、営業部が湯村温泉内のみどころ地図を新たに製作しました。

ジオガイドの内容や隠れハート、半径400mのまちづくり、新たにできたインスタ映えの + =♡も盛り込んで女性好みの朝野家オリジナル「湯村てくてく・・」マップ。

なかなかいい感じに仕上がっています。見たことあるイラスト絵だと思えば・・・、長男の仕事でした。

流石!蛙の子1号です。次また、作ってくださいね。

フロントにおいてございますので、お出かけの時はご利用ください!!。


by asanoyayu | 2018-08-17 15:00 | 旅行・体験日記

/// 国連にある平和の鐘 ///2018.08.15放送分

f0112434_16454507.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日8月15日は「終戦の日」です。戦争のない世界を願う思いを、私たちひとり一人が、あらたにする日でもありますね。みなさんは、ニューヨークの国連本部に、日本から贈られた「平和の鐘」があることをご存じですか。

この鐘は、終戦から6年後の昭和26年、パリで開催された国連総会にオブザーバーとして参加した、当時の日本国連協会代表・中川千代治(なかがわ・ちよじ)さんの呼びかけによって造られました。

中川さんは国連総会で「世界の平和を願う人々からコインをいただき、その平和への祈りを一つにした鐘を国連に寄贈して、平和のために鳴らしてほしい」と訴えたそうです。

当時はまだ、日本は国連に加盟を許されていませんでした。その国からの提案に、果たして耳を傾けてもらえるのか…結果は、賛同してくれた65カ国の代表者から、各国で使われているコインが贈られたのです。

それを日本に持ち帰り、世界のコインを溶かし込んで鋳造された鐘には、「世界絶対平和万歳」という文字と、平和の象徴である月桂樹の模様が刻まれました。鐘の鋳造には、中川さんの出身地である四国の人々が、無償で力を尽くしてくれたという逸話も語り継がれています。

そして、昭和29年。世界平和への思いを一つにした鐘の音は、ニューヨークの国連本部で鳴り響いたのです。「終戦の日」の今日、みなさんはどんな願いを空高く響かせたいですか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2018-08-15 07:40 | 朝野家・香りの散歩道

今夜の一枚は【 朝顔 】

f0112434_20383004.jpg
(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

暑い日が続きます。
元気に太陽に駆け上っているのは、つるを伸ばしながら咲いている「朝顔」でしょうか?!

真っ直ぐ 上をむいて 生きたい
 時には人の力をかりて
  天をめざせ


大変な時や困った時は、人に支えてもらって進めば良い。
自分の目指すところに、一生懸命。天をめざせ!!!


by asanoyayu | 2018-08-12 20:39 | 筆誤一会

/// 世界ジオパーク再認定審査 ガイド育成など評価 ///

f0112434_11075549.jpg
昨日の神戸新聞にもジオパークの再認定審査の記事が載ってました。

審査員からは「景観やインフラなど多くの有料事例を目にし、関係者の強い決意や情熱を感じた」と評価されました。


by asanoyayu | 2018-08-11 11:07 | 山陰海岸ジオパーク

/// 満足できる改善 ///(8/10日付日本海新聞記事より抜粋)

f0112434_11030106.jpg
ユネスコ世界ジオパークネットワーク(GGN)による山陰海岸ジオパーク再認定審査は最終日の9日京都府京丹後市の大成古墳などで行われた。

4日間の視察を終えて、会見に臨んだ審査員らは「4年間でとても大きな努力をした」「世界のジオパークの良い事例となるような役割を果たしてほしい」と高く評価した。

良かった!手応えあり!!!

by asanoyayu | 2018-08-10 11:00 | 山陰海岸ジオパーク

/// 湯村温泉・灯籠絵巻~8/19日まで ///

f0112434_10564090.jpg

今朝の読売新聞に、湯村温泉の灯篭絵巻が載ってます。

湯村温泉の夏の風物詩で、盆明けの8/19日(日)まで春来川沿いに展示してあります。是非ご覧ください。



by asanoyayu | 2018-08-09 10:55 | イベント・歳時記

/// そろばんの日 ///2018.08.08放送分

f0112434_18232239.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

末広がりのおめでたい数字「八」が二つ並んだ今日八月八日は、語呂合わせで生まれた記念日が多いことをご存じですか。

ハッハと笑う「笑いの日」、ハハとパパに感謝する「親孝行の日」、そして、パチパチと玉をはじいて計算をする「そろばんの日」でもあります。

そろばんが日本に伝来したのは、室町時代の終わり頃ではないかと言われています。江戸時代には、寺子屋などで子どもたちも習うようになり、「読み書きそろばん」が学問の基本でした。文章を読んだり、書いたり、計算するチカラをつけることが大切なのは、今でも同じですね。

現在、日本にはそろばんの二大産地があります。兵庫県小野市の「播州そろばん」と、山陰の皆さんにはおなじみ、島根県奥出雲町の「雲州そろばん」。どちらも国の伝統的工芸品に指定されている、日本の宝です。樺(カバ)や柘植(ツゲ)、煤竹(ススタケ)などの天然素材で作られているそろばんは、生き物です。

熱や湿気を嫌うので、直射日光の当たらない涼しい場所に保管しましょう。万一水に濡らしてしまったら、すぐに拭いて風通しの良い日陰で乾したほうが良いそうです。

丁寧に作られた道具は、大切にすれば長く使い続けることができる。そのことを、子どもたちが身をもって学べるのも、そろばんのいいところでしょう。

「そろばんの日」の今日、お宅にあるそろばんも、手入れをして長持ちさせませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2018-08-08 08:21 | 朝野家・香りの散歩道