朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2019年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

新温泉町ジオパーク学習会の記事

f0112434_20370179.jpg
昨日(30日)の新温泉町ジオパーク学習会の記事が、新聞に掲載されています。


by asanoyayu | 2019-01-31 07:35 | 山陰海岸ジオパーク

「湯村温泉の湯がき文化、湯村温泉祭りと湯村火祭り」

f0112434_20282405.jpg
やっと出来た!明日の講演のパワーポイント。

イメージ 2

1/30日新温泉町ジオパークネットワーク事務局主催の講習会第2部で、「湯村温泉の文化について」お話をさせていただきます。


イメージ 3

この学習会は新温泉町ジオパークネットワークが年2回開催しているもので、今回は新温泉町の文化と歴史、特に祭りについてお話をさせていただきます。


イメージ 4

1部は岡部会長が「川下祭り・麒麟獅子舞について」で、2部で私が「湯村温泉の湯がき文化、湯村温泉祭りと湯村火祭り」などを話します。


イメージ 5

また、この講演会は山陰海岸ジオパーク推進協議会が認定するガイド養成講座を兼ねています。

日 時:平成31年1月30日 13:30~16:00
場 所:新温泉町温泉総合支所 第3会議室
参加料:無料

by asanoyayu | 2019-01-30 07:18 | 山陰海岸ジオパーク

/// 湯村温泉で「温泉むすめ」 ///



エンバウンドの高橋社長に来て頂き、湯村温泉で「温泉むすめ」の説明会を行っています。



高橋社長は美人時計をプロデュースされた方で、各地の温泉を活性化するために、115のメインキャスター設定されました。



湯村千代ちゃんは会員番号?111番目になります。



本日は町の商工観光課、湯村温泉旅館組合、湯村温泉観光協会、新温泉町商工会、商工会青年部、美方青年会議所など集まっていただきました。

湯村温泉の新たなコンテンツ、新マーケットの開発として、今後展開していこうと思います。

by asanoyayu | 2019-01-28 07:41 | イベント・歳時記

/// 山崎まゆみさんの「二泊三日の温泉三昧」///



文藝春秋から「オール讀物」が送られてきた。原稿を投稿したわけでもなく、開いてみると・・・。



山崎まゆみさんの「二泊三日の温泉三昧」原稿で三朝温泉の大橋さんと共に入稿されてます。

そうそう、夢千代日記の撮影時に、俳優さん・スタッフさん達は朝野家に泊まられてましたので、樹木希林さんの件でお話をさせて頂きました。

山崎さん有り難うございます。また、お越しくださいね。感謝!!!

by asanoyayu | 2019-01-27 07:34 | テレビ・雑誌の取材

/// 荒湯は素晴らしい「地球からの贈り物」 ///

昨日、発行された「広報しんおんせん(平成31年1月号)は、荒湯キャラメルフィナンシェが表紙を飾ってくれました。

少しずつ、認知されていきます。よっしゃ~!!!


荒湯生キャラメルの新たな加工品が、次々に生まれてほしいものです。

------------------------8< チョキチョキ-----------------------
 新温泉町では総務省の交付金を利用し、お土産グルメ創出事業と銘打って町内の特産品開発支援を行っています。その成果の1つとして、湯村温泉の「荒湯の生キャラメル」を生地に練りこんで焼き上げた温泉スイーツ『荒湯キャラメルフィナンシェ』が12月に完成しました。

 「荒湯の生キャラメル」とは、練乳を荒湯の湯つぼに6〜10時間つけ置くことでキャラメルの様に変化させたものです。これは源泉が高温かつ豊富で、湯つぼを地元住民や観光客などが広く利用できる湯村温泉だからこそ可能なものです。

 春先には、多くの方がタケノコや山菜を湯がきに荒湯の湯つぼを利用します。泉質に重曹を含むため、手間なくアクが抜けて美味しく湯がくことができる湯村温泉の「湯がき文化」を感じながら、しっとりとした食感と口に広がるキャラメル風味が自慢の『荒湯キャラメルフィナンシェ』を味わってみませんか。
-------------------------------------------------------------------------

生みの苦しみの秘話は乗っていませんが、生みの親としては、嬉しい限りですね!

生みの苦しみ!!!

練乳缶24個入りを3ケース使い、時間、温度、湯つぼなどを色々変えて、メーラード反応を試しました。温度は一番高く、3時間でキャラメルソースに!、6時間~10時間がキャラメルに最適ですが、時間を長くすれば、硬さ、色が濃くなります。
荒湯は素晴らしい「地球からの贈り物」です。
by asanoyayu | 2019-01-26 07:09 | 社長お勧め商品

/// 久々にジオガイドをさせて頂きました ///



新日本旅行企画の今井さんがアテンドしている『中国・広州市遊学堂親子修学旅行団』のランドツアー、子供達がハチ北でスキー教室をしている間に、親御さんたちは湯村温泉に日帰り温泉体験に来られ、食事後、ジオガイドをさせていただきました。

現在、朝野家には総社員の半分の45名(1種ガイド44名、2種ガイド1名)がガイドの認定を受けていて、バタバタとしている私の代わりにガイドをしてくれているのですが、23日は友人の今井さん、時間も取れたので2種ガイドの私がさせていただきました。



普通にジオガイドしても印象に残らないので、「湯村温泉・幸せの隠れハートを探せ!」を併応しながら、「ゆで卵体験」、「足湯体験」、「飲泉体験」とスペシャルな「荒湯生キャラメル体験」などをしていただけました。



八幡神社での「参拝体験」では、手水の使い方、階段の歩き方、本殿への参り方なども興味をもって体験していただけました。

一つ一つの動作には意味があり、日本人の行動は知らず知らずのうちに自然崇拝・八百万の神々につながる。つまり感謝から物事が始まる。



荒湯体験では「飲泉体験」をされた方が、「ポットに入れて持って帰って良いか?」と手持ちのポットに入れて帰られるのが印象的でした。



もちろん「荒湯生キャラメル」も好評でしたよ。

by asanoyayu | 2019-01-25 08:27 | 山陰海岸ジオパーク

/// ククサを贈られた人は幸せになる ///2019.01.23放送分



(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

2019年は、北欧の国フィンランドと日本が外交関係を結んで、100周年に当たります。

フィンランドと言えば、あのムーミンの物語が生まれた、美しい森と湖の国。うらやましいほど豊かな自然の中で暮らす人々が、国を代表する樹木、国樹(こくじゅ)に選んだのは、何の木かご存知ですか?

答えは、白樺です。

冬は雪をまとった白い幹が、幻想的な風景を作り出す、白樺はフィンランドの人々にとって、とても身近な木です。

夏は、青々と繁った若葉の枝をサウナの中に持ち込み、カラダをバシバシ叩くと、清々しい香りがあたり一面に・・・。森の中で深呼吸をしているようなこの香りには、リラックス効果があると言われています。

また、白樺からとれるさまざまな天然の成分は、いわゆる民間療法に使われてきました。最近では、白樺から抽出されるキシリトールが、歯の健康づくりに役立つ成分として注目されていますね。

そして、カゴや器など、伝統工芸品にも白樺は使われています。なかでも、白樺のコブをくり抜いて作った「ククサ」と呼ばれるマグカップは、この地に古くから伝わる幸運のシンボル。

「ククサを贈られた人は幸せになる」という言い伝えがあり、今も出産祝いなどの贈り物として人気があるそうです。

フィンランドと日本の外交100周年の今年、白樺にも注目してみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2019-01-23 07:17 | 朝野家・香りの散歩道

/// 湯村温泉の誘致企画会議 ///



10:30〜湯村温泉旅館料飲組合の初めての試み、旅館飲食店ばかりでなく、土産物、行政、商工会、商工会青年部、じゃらん、楽天のOTAなどが一堂に集まり、湯村温泉の誘致企画会議をしています。

グループディスカッション、KJ法によるアイデアをピックアップして、これからの湯村温泉の方向性を検討しています。



時間・お金・場所などの制限を外したディスカッションでは、足湯酒場、プチ野菜の湯がきセット、農業体験、オプションプランの活用、但馬牛・松葉蟹のクレーンゲームなど色々出てきます。



旅館組合の方でまとめて、皆様にお渡しします。物事には出来る事と出来ないことがあります。でも、出来ない事の中にも、時間を置いたら出来る事は、条件が整ったら出来る事となので、出来る事なんです。



私からもYou-murARTの提案で苔アート、撥水アート、アートギャラリー、若手アーティストの育成プログラム、竹灯籠YUMENARIE、友好温泉地創りなどを発表させていただきました。

少しずつ進んでいます。

by asanoyayu | 2019-01-22 20:10 | まちづくり・人づくり

/// チーム新・湯治 ///



朝10:00〜環境省温泉地保護利用推進室の方と新しい湯村温泉の在り方について、検討中。



湯村温泉のある新温泉町も加入している「チーム新・湯治」の現地状況調査で、町との懇談や環境省の「グリーンニューディール基金」で作られた「温泉熱小型バイナリー発電」の視察も兼ねての来町です。


この新湯治には、温泉保養施設のリフレッシュパークゆむら、温泉旅館施設、飲食店、健康公園の施設など、面で利用されることとなります。



東京から2時間県内(飛行機)は、サテライトオフィスやオフサイドミーティングなど可能となります。

会議室、分宿、保養所契約など今までのMICEノウハウも、実証済み、夢ホールの改装などもプラスになります。まずは実証プラン創りをスタートして行かなければなりません。

20年前の旅館組合で話していた「新湯治」とは、形が違いますが、半歩進みました。




by asanoyayu | 2019-01-21 17:54 | 温泉力

/// Shrimp Crispsこれ良いですね ///



最近、これにハマっています。鳥取の輸入雑貨・食料品で、娘が買ってきたタイのShrimp Crisps。



海老のあたまをサクサクに揚げた少し変わったスナック。味もオリジナル、トムヤンクン、ワサビ、シャラチャー4種類。150円税別ぐらいで売ってます。



天麩羅で車海老の頭も揚げてくれたものばかりを食べているような感じですね。海老好きの私には、美味いですよ。



一袋食べても111kcalで、炭水化物が5.6gと低いのもいいですね。タップとカルシウムも取れます。

タイと言えば、養殖海老大国、身は加工しても頭は残る海老のビスクを作るより、簡単に食品加工になります。考えてますねぇ〜!?

by asanoyayu | 2019-01-20 17:40 | 今日のおめざ・おばんざい