朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2019年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

/// 秋の七草 /// 2019.09.18放送分



(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

明後日、9月20日は彼岸入りです。昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、野に咲く花も秋風に揺れる季節になりましたね。


みなさんは、「秋の七草」と呼ばれている草花が、いつごろ、どのようにして選ばれたのか、ご存知ですか。そのはじまりは、新しい元号の「令和」の由来となったことで注目されている、『万葉集』に見ることができます。

山陰にもゆかりのある奈良時代の歌人・山上憶良(やまのうえのおくら)は、秋の草花を題材にした2つの歌を詠みました。それらが『万葉集』に連続して収められています。

秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびおり)
かき数ふれば 七種(ななくさ)の花


秋の野に咲いている花を指折り(ゆびおり)数えてみると、七種類の花がある。と、1つ目の歌で詠んだあとに・・・

萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花

という2つ目の歌を詠みました。尾花はススキで、朝顔はキキョウのこと。1300年の時を超えて今に伝わる「秋の七草」の由来です。 『万葉集』には植物を詠んだ歌がたくさんあり、それらの多くを、私たちは益田市の島根県立万葉公園で見ることができます。

万葉人が心ひかれた花々は、どんな姿でどんな香りを放っていたのか・・・。想像力のスイッチを入れて、令和の時代からタイムスリップしてみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。http://www.asanoya.co.jp/

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。http://asanoyayu.exblog.jp/i19/


by asanoyayu | 2019-09-18 16:33 | 朝野家・香りの散歩道

/// 神輿を担ぐときの掛け声「わっしょい」のわけ ///

f0112434_13370164.jpg
今日は湯村温泉内にある「八幡神社」の秋祭り。

f0112434_13371244.jpg

午前中から石灯籠講の神事があり、飾り付け、神官を招いての昼食が朝野家でありました。

知らなかった!???
神輿を担ぐときの掛け声「わっしょい」のわけ・・・。

老男も若男も皆が和をもって、神輿を背負(しょぅ)い込む。
『和・背負』が「わっしょい」の語源らしい。

f0112434_13364840.jpg

秋祭りの時だけ書く「旅の思い出帳」の画。

(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)


「わっしょい わっしょい
       祭りだ わっしょい」


日本の言葉は表意語。言霊が宿っている。
「わっしょい」の文字を書くときには、気持ちを込めて書いていきたい。



by asanoyayu | 2019-09-15 13:38 | 旅行・体験日記

/// 荒湯生キャラメル ///2019.09.11放送分

f0112434_11395494.jpg
(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)


もうすぐ「敬老の日」ですね。夏の疲れを癒して、元気に長生きしてもらおうと、家族で温泉に出かけられる方も多いのではないでしょうか。

湯けむりが香る温泉に浸かって、おいしいものを食べれば、まさに命の洗濯ができそうですね。

山陰の湯村温泉には、およそ98度のお湯がこんこんと湧き出る源泉の「荒湯(あらゆ)」があり、調理にも使われています。

観光客にも開放されている湯つぼで、温泉玉子をつくったり、野菜を茹でたり・・。そして今、湯村温泉で人気急上昇中の温泉スイーツがあるのをご存知ですか?

それは、缶入りの練乳、コンデンスミルクでつくる生キャラメル。高温でお湯の量がたっぷりある荒湯の湯つぼなら、練乳を缶のままネットに入れて8時間ほど浸けておくだけで、とろっとろの生キャラメルができるのです。

湯村温泉に到着したら、まずは缶入りの練乳を湯つぼに浸けておいて、それからゆっくりと温泉や街歩きを楽しむのが、おすすめのコース。

また、この荒湯生キャラメルを使って、地元のお菓子屋さんがつくったフィナンシェも好評だとか。温泉街を流れる春来川沿いの足湯に浸かりながら、できたての生キャラメルやフィナンシェを味わうのが、湯村温泉の新しい楽しみ方になっているようです。

その光景を想像すると、どこからか甘い香りが漂ってくるような気がしませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供​で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナー​からもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2019-09-11 07:00 | 朝野家・香りの散歩道

/// 9月から底引きが始まりました ///



【 浜坂漁協報告 】

皆様、おはようございます。9月に入り朝晩がとても過ごしやすくなりました。とんぼが飛ぶ姿を見ることもあり秋の気配を感じられる日も多い中、いよいよ底曵網漁が解禁となりました。





1日底曵の初競りがあり、市場に出てみると、ハタハタ・アカガレイがたくさん並んでいました。





昨年の初競りと比べると7割位の漁獲量でしたがこれからの漁に期待です。





その他にはイテガレイ・スルメイカ・タラ・エビ類・バイ等々色んな魚が並んでいました。

by asanoyayu | 2019-09-06 15:11 | 旅行・体験日記

/// 電気自動車コムス3台を配備 ///

f0112434_14424015.jpg
13:00〜新温泉町おんせん天国室から、12月まで電気自動車コムス3台を新温泉町商工会温泉支所、湯財産区・湯村温泉観光協会、浜坂観光協会に貸出ました。
f0112434_14424896.jpg

50ccのマイクロカーで60kmが最高時速、町内のチラシなどの配送や銀行行きなどに使います。

f0112434_14425666.jpg
商工会温泉支所は温泉の赤色車、浜坂観光協会は松林の緑色車、湯村温泉観光協会は黒色になりました。

f0112434_14430560.jpg
排気ガスが出ないのが、ECOですね!


by asanoyayu | 2019-09-05 14:26 | エコ・節電・システム

「救急車の出番」2019.09.04放送分

f0112434_15000780.jpg

(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

今年の夏も猛暑が続きましたね。熱中症などによる救急車の出番も多かったようです。

救急車と言えば、来週の月曜日9月9日は「救急の日」です。救急医療についての知識と理解を深めてもらおうと、昭和57年に制定されました。

日本の消防機関に、はじめて救急車が登場したのは、昭和8年、今から86年前のこと。横浜の消防署に、アメリカ製のキャデラックの救急車が配置されました。最高時速は40キロメートル、車体の長さが5.
3メートルもあり、収容人数は「寝て4人、座って8人」という記録が残っているとか。白い車体に赤い線が1本入り、サイレンが1つ付いていたそうです。

その頃はまだ、市民にとっては自動車そのものが珍しかった時代。こんなに大きな救急車が、サイレンを鳴らして街を走っていたら、それだけでニュースになったことでしょう。

当時の新聞には、こんな見出しが躍りました。


「電話一本で直ぐに飛出す救急自動車 貧困者には何よりの福音(ふくいん) いよいよ今日から活動開始」。


誰でも無料で利用することができる、はじめての救急車に対する期待の大きさが伺えますね。


自然災害や火災、交通事故などが発生したとき、一刻も早く救急処置ができるように登場した救急車は、今、全国の消防署で6千台以上が活躍しています。はじめの一歩に思いをはせて、私たちも救急活動に協力しませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。
朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。



by asanoyayu | 2019-09-04 07:00 | 朝野家・香りの散歩道

/// 出張に荒湯生キャラメルロールケーキ 要予約 ///


画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
9/5日の出張に荒湯生キャラメルロール持っていきます。予約済みです。
早く定番商品に、ふるさと納税商品にも登録をお願いいたします。

【荒湯生キャラメルロール】

巷で人気の(?)荒湯生キャラメルロール、今日もカットしたもののご予約を数個いただきましたので、店頭にも並んでいます。エルのロールケーキは数種類あり、気まぐれで変わって行きますので、荒湯生キャラメル味が良い方はお早めにお買い求めください(*^^*)

和風ロールのスポンジ生地には和三盆糖を使用していますので、上品な甘味に仕上がります(*´ー`*)


by asanoyayu | 2019-09-02 13:59 | 社長お勧め商品

/// メルセデス・ベンツで行く・極上の愛犬旅秋号(8/31日発行)『TRAVEL WITH DOG vol17』///

f0112434_13505377.jpg
7月に対談取材のあったメルセデス・ベンツで行く・極上の愛犬旅秋号(8/31日発行)『TRAVEL WITH DOG vol17』が届きました。

『TRAVEL WITH DOG』はメルセデス・ベンツ日本の協力で、ワンランク上の休日を愛犬と過ごしたいと願う方々に向けて、年4回季刊誌として発行され、全国のメルセデス・ベンツ正規ディーラー210店舗へ配布設置や国内ペットショップなどでも配布されています。

実際にトラベル・ウィズ・ドックの中村社長にも、愛犬のかんたろう君と共に何度も宿泊されました。

f0112434_13510228.jpg
今回は『人気のオンリーワン宿に迫る!TWD対談』で紹介して頂きました。

・10年ほど前のワンちゃんプランの秘話
・オンリーワンの宿に
・犬は家族の一員
・ワンちゃんの浴衣サービスはなぜ?
・家族の一員として
・ルールやマナー

・・・などを対談させていただきました。

f0112434_13511087.jpg

【愛犬家の女将による心づくしのもてなし】

女将オリジナルわんちゃん浴衣を着ています。お越しの時はワンちゃんの男女別や体格に合わせてサイズがございますので、ご予約までお問い合わせください。

お待ちしております。

*巻末には朝野家宿泊プレゼントもあります。ぜひ!ご応募ください。


by asanoyayu | 2019-09-01 13:49 | テレビ・雑誌の取材