朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 今日のおばんざいは名古屋・ステーキハウスの神戸屋の「ハムセット」です ///

f0112434_22433239.jpg今年も大好きなステーキの神戸屋の「ハムセット」が送られてきました。ステーキの神戸屋は家内のいとこが経営をしていて、名古屋本店などとマリリンバーガーもやってました。

いただいたのは、ステーキハウスの前菜として出している生ハム、シュポラタソーセージ、ボンレスハムとドレッシングの詰め合わせで、いつも工場で作ってすぐ送ってくれるのです。
f0112434_22435826.jpg生ハムは限りなく生で、シンプルですが塩加減もぎりぎりまで抑えてあります。
いつも本店と同じように、さらし玉ねぎにドレッシングをかけて生ハムで包んで食べます。
f0112434_22442095.jpg

シュポラタソーセージはボイルかフライパンでソティーして、粒マスタードで食べます。かじると歯ごたえの良い肉の中から肉汁が滴ります。

ボンレスハムはそのままスライスでも美味しいのですが、厚めに切りフライパンで焼きステーキか、エッグマフィンにして食べると良くあいます。新鮮な材料を使っているのでとてもジューシィーです。
# by asanoyayu | 2008-07-26 01:39 | 美味彩宴

/// 上を向いて 天をめざせ ///

趣味でかいている墨絵を季節とともに・・・。

竹囲いに朝顔が咲き始めた。
蔓は上を目指して、竹に絡み付く。
夏の日差しで葉に養分を蓄え、綺麗な花を咲かせる。

f0112434_039361.jpg真っ直ぐ
上をむいて行きたい
時には人の力を
かりて
天をめざせ
# by asanoyayu | 2008-07-25 00:39 | 筆誤一会

/// 今日のおめざは金沢市・金澤烏骨鶏庵の「天来烏骨鶏卵かすていら」です ///

f0112434_2318455.jpg両親宅から娘(孫)がカステラを土産に、もらって帰ってきました。金沢市・金澤烏骨鶏庵の「天来烏骨鶏卵かすていら」が、今日のおめざです。

飾りの無い白地に黒の墨字で、天来烏骨鶏卵かすていら 金澤烏骨鶏庵と書いてあります。すごぉ~くシンプルですが、自信たっぷりなところが目を引きますね。
f0112434_2319837.jpg中のかすていらは濃い黄色で、しっとりしています。キメも細かくて艶々していて、烏骨鶏卵ならではの高級感があります。
f0112434_23194134.jpg食べるとしっとり、もちっ、ふんわりした生地は、優しく濃厚な味がしました。

金沢市山中にある自社竹林農場から取れた希少な卵。高級食材として知られ、滋養豊富な烏骨鶏卵をふんだんに使用した濃厚で忘れられない味わいです。
# by asanoyayu | 2008-07-22 23:20 | 美味彩宴

/// 今日のおばんざいは高知市・吉永水産の「鰹の生節と酒盗のセット」です ///

f0112434_085299.jpg先日、高知放送の取材の時、「野根まんじゅう」をいただいたとブログに書きましたが、もう一つお土産がありました。吉永鰹節店の高知特産の鰹の生節(なまぶし)と酒盗のセットが、今日のおばんざいです。
f0112434_093353.jpg江戸時代からの伝統の『土佐生節』製法に独自の改良を加え、丹念に造りあげたソウダ鰹のまるかじり生節で背と腹部を1本づつと、鰹の酒盗がはいった旅行用一杯パックで、高知のいごっそが酒飲むときには「これっ!」。
f0112434_0103426.jpg生噛りでもいいのですが、小さく切って生姜醤油で食べると深い味が…。
f0112434_0105783.jpgまた元々保存食と節約料理の酒盗は、内臓を塩漬けした珍味ですが、かなり塩分が多く、これがまた日本酒には合うんです。イカの塩辛のような臭みはなく、いくらでも酒がすすみます。
# by asanoyayu | 2008-07-21 00:12 | 美味彩宴

/// 今日のおめざは高知市・七福堂の「野根まんじゅう」です ///

f0112434_22361023.jpg先日、高知放送の旅番組取材があり、お土産に高知は「野根」というところで作られたひと口サイズのお饅頭「野根まんじゅう」をいただきました。
f0112434_22364698.jpg「野根まんじゅう」の生地は水を使わず、お酒を使用して作っています。ひねり餅のような形をした薄皮の中身は、北海道産のこしあんが入っています。

土佐銘菓、野根まんじゅうは浜口福月堂、吉野屋本舗などの各社から販売されていますが、今回いただいたのは七福堂の野根まんじゅうです。
f0112434_22401861.jpg一口サイズで薄皮の酒まんじゅうで餡をさらしているのか、色は普通のこしあんよりも薄いです。また甘みもあっさりしています。
# by asanoyayu | 2008-07-20 01:20 | 美味彩宴

/// 今日のおめざは台湾スイーツの「雪花氷」です ///

f0112434_2241291.jpg鳥取で台湾スイーツの「雪花氷(シェーファーピン)」が食べれるということで鳥取北ジャスコに行ってきました。販売しているのは2階フードコートの「ペッパーランチ」でサイドメニューとしてありました。

昨年9月、台湾の旅行会社の社長が結婚するということで、台湾に行きましたが、その時食べることのできなかったのが人気のスイーツ「雪花氷(シェーファーピン)」です。
f0112434_22413646.jpg「雪花氷(シェーファーピン)」は台湾のカキ氷で、日本のように氷を削るのでなく、スイーツスノーアイスという果汁たっぷりのシャーベット状氷柱を非常に薄くスライスしたカキ氷なのです。

専用の電機カキ氷機で薄く綿のように削ります、ペッパーランチの機械は台湾チャーミー(CHARMY)製で、絹のドレープのようなシャーベットでした。
f0112434_22452162.jpg注文したのは「抹茶」「マンゴー」の2種類、抹茶にはアズキ添えられ、上には抹茶が振られていました。

マンゴの方にはたっぷりの果肉ブロックとマンゴソースがかけられていて、結構しっかりした味付けです。
f0112434_2246261.jpgスプーンを入れるとサクッという感じでなく、スーと入っていきます。
f0112434_22471616.jpg食べると普通のかき氷のようなキーンとくる冷たさがなく、とってもまろやか、口の中で“ふわっ”と溶けていきます。

アイスクリームとかき氷を足して2で割ったような感じ、まるで冷たいワタ菓子を食べているような食感でした
# by asanoyayu | 2008-07-19 00:49 | 美味彩宴

/// 今日のおめざはハワイアンホーストのマカダミアクランチです ///

f0112434_16475640.jpg今年、寿退社した売店リーダーRちゃんが新婚旅行から帰ってきて、お土産をいただきました。今日のおめざはハワイアンホーストの「マカダミアクランチ」です。
f0112434_16482194.jpg昔からハワイ旅行の定番ハワイアンホーストのチョコレート。創始者は日系三世の滝谷守さん、40年前にハワイの名産であるマカデミアナッツを使ったお菓子を作ろうと思いつき、商品化したのがハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレートの始まりです。工場はホノルル空港の近くにあります。

昔のパッケージはブラウン色でハワイの神TIKIが描かれていて、少し怖い感じでしたが、ずいぶん変わりました。(昔の復活バージョンも出ているようです)
f0112434_16485791.jpg砕いたマカダミアナッツとクリスプライスが、ミルクチョコに入っていて、サクサクッとした食感がいいです。やっぱりマカダミアナッツは美味しい。不滅の定番ですね。
# by asanoyayu | 2008-07-18 01:47 | 美味彩宴

/// 今日のおめざは香港・英記茶荘の「雙花香片」です ///

f0112434_12144987.jpgフロントのN子リーダーが、会社のインセンティブ旅行で香港・マカオに行って来ました。

とても楽しかったみたいで、お土産にお茶を買ってくれました。本日のおめざは香港・英記茶荘の「雙花香片」です。

英記茶荘は、香港屈指の銘店として100年以上の歴史を持ち、創業以来「不買低級劣茶(品質の劣るお茶は扱わない)」を貫いている中国茶専門店です。

地元の人々をはじめ、専門家からも圧倒的な支持を得ています。
f0112434_12151719.jpgお土産の「雙花香片(ソウカシャンペン)」はジャスミンの花で香り付けした緑茶で、二回香りづけを重ねることから、「雙花香片」と名付けられたらしいです。
f0112434_12155039.jpg緑茶の中に白い乾燥ジャスミンの花がたくさん入っていて、非常にオリエンタルな香りがします。その澄んだ香りと爽やかな味わいで、油っこい食事を洗い流すと共に、口の中をサッパリとしてくれます。

科学的にも証明されていて、ジャスミンの香り成分「ベンデルアセテート」は、かぐことで大脳を刺激し、自律神経の緊張を緩和させ、ストレス解消や集中力を高めます。

また脂肪分解促進作用と脂質吸収抑制作用も持ち合わせています。
メタボの私にぴったりのお土産でした。
# by asanoyayu | 2008-07-15 12:19 | 美味彩宴

/// 今日のおばんざいは横浜・崎陽軒の「シウマイまん」 ///

f0112434_23202126.jpg今年の春から横浜の高校に行った娘が、10日間のテスト休みで帰ってきました。
崎陽軒のひょうちゃん(シウマイに入っている陶器のしょうゆ入れ)を集めているのを知って、崎陽軒という名が記憶されていたのか、シウマイでなく、「シウマイまん」を買ってきてくれました。今日のおばんざいです。
f0112434_2321180.jpg横浜といえば崎陽軒、崎陽軒といえばシウマイ。「シウマイまん」とは名前の通り、その有名なシウマイを饅頭で包んであり、小さな豚まん(?)のようです。焼きそばパンやコロッケパンのように思い切った商品ですね。

f0112434_23214446.jpg直径4センチぐらいの小さな饅頭ですから、手軽に食べることができます。シウマイのように醤油や箸がなくても食べることができますが、もう少したれなどがあってもいいのではないでしょうか。そのまま食べるには少しパンチにかけています。

崎陽軒では「シュウマイ」でなく、「シウマイ」なんですね。また上の焼印は崎陽軒のキャラクター「ひょうちゃん」が押してあってかわいいですよね。
# by asanoyayu | 2008-07-14 01:17 | 美味彩宴

/// 今日のおばんざいはたつの市・炭屋の「いかなごくぎ煮と御所えび紅梅煮」 ///

f0112434_22273097.jpg朝野家では珍味や料理を高島屋、阪急百貨店で販売していただいているのですが、このたび、ちりめん昆布(いか・たら・紫蘇・オリジナル)4種を発売することとなりました。

勉強のために、専務が仲良くさせていただいているたつの市・炭屋の「いかなごくぎ煮と御所えび紅梅煮」を買ってきました。

炭屋さんは天明八年(一七八八年)創業の老舗で、水揚げされたピチピチいかなごを、龍野の天然醸造醤油で長時間かけて煮込みます。くぎ煮とは煮あがった姿が釘のような形をしているところから、「くぎ煮」の名がつけられております。
f0112434_2228979.jpg料理方法は色々ですが、関西(阪神間とくに神戸から播州にかけて)では春の風物詩として、くぎ煮は各家庭で作られます。

炭屋では、工場直結の荷揚げ桟橋をもち、網揚げ30分以内に調理開始しします。調味料は 醤油とざらめ砂糖、生姜だけで調理し、いかなごもふっくらしていて、とても柔らかく、形も煮込みすぎて小さくなっていません。
f0112434_2228562.jpg家庭で作ると飴状で甘くなりすぎるのですが、さっはりとした甘さで、いらくでも食べられそうです。

御所えび紅梅煮はさくさくと歯ごたえを残しながら、えびの風味が口いっぱいに広がります。紅梅煮とは梅を使っているわけではなく、炊いた素材が赤くなる場合に使われます。
# by asanoyayu | 2008-07-10 01:23 | 美味彩宴

/// 今日のおめざはひさびさに出雲市・はら屋の「もちもちタイ焼き」です ///

f0112434_2326526.jpg以前にも紹介したことのある「はら屋のもちもちタイ焼き」が今日のおめざです。

「久々に売ってましたよ」と家内が、鳥取のサンマートで買ってきてくれた。
以前「あるかなぁ~」と何度か店内を見たのですが・・・。残念ながらありませんでした。

よく売れているのか包装セロハンも変わっています。今までは手作り感いっぱいの透明セロハンで小さく「タイ焼き」と書いてあるだけだったのですが、新バージョンは青色の魚に白抜きで「もちもちタイ焼き」とデザインされています。
f0112434_23284745.jpg味は以前と変わらない美味しさで、モチモチ感と程よい甘さのあん。
長期保存が利くようにエージレス(脱酸素剤)も入っています。

そのまま食べてもモチモチでいいのですが、タイ焼きは熱いのが命。焼き餅のような感触にしたくて30秒の電子レンジ、オーブントースターで5分。
熱々のパリパリでもちもち。
f0112434_1416100.jpg「やっぱり旨い!」5日連続今日もまた食べてしまった。癖になりそぉ~。
もう少し買ってきて冷凍にしておかなければ・・・・・。
値段を聞くと1個126円(税込み)⇒138円と値上げされていたが、絶対にお勧めのたいやき(やきもち)です。
# by asanoyayu | 2008-07-08 00:24 | 美味彩宴

/// ほっ、ほっ、ほ~たる 来い♪~ ///

趣味でかいている墨絵を季節とともに・・・。

夏の夜を川岸を歩いていると、無数の光が・・・。
ホタルの季節。
子供のころはたくさんいてたのに・・・。

関東と関西では光っている時間が違うのをご存知ですか?
種類によっても違うそうなのですが、関東では1回に4秒ほど光り、関西の蛍は2秒間隔で点滅します。

同じように電力会社の電気(交流)も電気のプラス(+)、マイナス(-)が1秒間に何十回と入れ代わっています。その数は周波数と呼ばれるもので、フォッサマグマの糸魚川を境に東側は50回(50Hz=ヘルツ)、西側が60回(60Hz)となっています。 関西のほうが10回も多く入れ替わっているのです。ホタルも電気もせっかちな関西人に似てくるのでしょうか!

f0112434_16544856.jpg生かされて
一夜の夢を
夏ぼたる
# by asanoyayu | 2008-07-07 01:50 | 筆誤一会

/// 今日のおめざは岡山・広栄堂の「元祖きびだんご」です ///

f0112434_15332569.jpg経理課長Tさんが岡山の土産を届けてくれました。

岡山といえば広栄堂の「元祖きびだんご」が今日のおめざです。
f0112434_15352541.jpg広栄堂は150年間パッケージは世界的絵本作家・五味太郎氏がかかれたもので、非常にかわいい商品となっています。

また中には小冊子があり、桃太郎などの短編物語が入っているのも子供にうけそうです。

また古いバージョンのパッケージにはアトムの漫画で有名な手塚治虫氏を採用しているのも興味深いです。
f0112434_15355039.jpg味は元祖きびだんご、海塩入り、黒糖の3種類。箱も可愛いし、包み紙も桃太郎やおにだけでなくタコとか宇宙人(?)まであり、五味ワールド。

・きびだんご(プレーン)-とてもやわらかく求肥で後味がさっぱり

・海塩入り-塩を入れることで甘みがましている。

・黒糖-黒糖の香りと独特の甘みが生きています。
f0112434_15361993.jpgシンプルだからこそ、時代を先取り150年も続いたのでしょうね。

きびだんごのほんのりした甘みと柔らかさと五味さんのイラストがマッチして、より美味しく感じた一品(三品?)でした。


お子さんのお土産に喜ばれる一品です。
# by asanoyayu | 2008-07-06 01:30 | 美味彩宴

/// いよいよ旧薬師湯の解体が始まりました ///

f0112434_2221154.jpg湯村温泉のシンボル薬師湯が移転してから、旧薬師湯の解体が始まりました。

本格的には7日(月)から始まるのですが、今日は内装撤去で、壁紙などの不要物がトラックに運び込まれました。

f0112434_22231882.jpg旧薬師湯は昭和36年に新築、昭和55年に大改装し現在の形になり、約50年間使用されてきました。町の中心地にあり、住民をはじめ、観光客にも親しまれた温泉でした。
男女別の浴室は、円形の浴槽が一つと泡風呂だけのシンプルな構造でタイル張りのレトロな雰囲気が魅力で、昔ながらの温泉情緒のある風呂は惜しまれながらの取り壊しです。解体予定は7月下旬までの予定です。

跡地はミニ公園として生まれ変わる計画です。

f0112434_22224113.jpg*解体に伴い、旧薬師湯1階のトイレは使用できません。

お早めに北・南・東の各駐車場にありますトイレを利用していただくか、観光協会のトイレをご利用ください。
# by asanoyayu | 2008-07-05 01:24 | まちづくり・人づくり

/// おもてなし講座の講師-温泉力1回目 ///

7/3日、14:00~観光協会のおもてなし講座の講師をしました。

f0112434_13224190.jpg温泉町観光協会では、宿泊のお客様や来訪者に喜んでいただくために、昨年からはじめた事業です。
温泉・歴史・文化などをテーマに、住民の方を対象に7回行われ、今年は2年目で3回予定されています。
3回のうち2回を担当し、「温泉力」というテーマでお話をさせていただきました。
 f0112434_22261751.jpg朝野家のHP(ホームページ)の「温泉力」バナーを見ていただけたら、湯村温泉の魅力がわかるのですが、地元の方には当たり前すぎて、自分の所の魅力はわからないものです。今日の講座参加者は20名。その多くが観光関係者でした。

f0112434_22302220.jpg「温泉力」の話をする前に共通認識としての現状認識をしてもらいました。
なぜ湯村温泉が「温泉力」をテーマにするか?ということです。

・1分間に2,100リットリ、98度の高温泉、1日3000トン。
・半径400メートルの中に49泉源があり、個人の泉源もある
・1トン160円で水道料金より安いなど等

他にもたくさん、理由があります。

f0112434_2232852.jpgまた湯村温泉とディズニーランドの類似性など話をさせていただきました。
90分間、話しぱっなしでしたが、皆さん真剣に勉強していただきました。

2回目は10月です。受講者が減らなければいいのですが・・・・・。
# by asanoyayu | 2008-07-04 01:10 | まちづくり・人づくり

/// 今日のおめざは神奈川県・チボリーナの「オレンジの帽子」です ///

f0112434_032569.jpgお取引先の会社所長交代でご挨拶に来られました。

今日のおめざはクッキーとチョコの詰め合わせで、神奈川県・ちぼりの「チボリーナのオレンジの帽子」です。

f0112434_041185.jpgしあわせの赤い帽子・チボリーナという総称ですが、詰合せ缶が綺麗で帽子をかぶった少女の横顔が印象的です。青・紫・黄色・ピンク・オレンジ・赤・金と帽子の色によって詰め合わせの量と種類が分かれています。

同じ絵でも色によって印象がずいぶん変わるものですね。

f0112434_045234.jpgちなみにオレンジの帽子はミルクロールやラングショコラなど全15種類のアソート。

アソートは色々な味が楽しめるのでいいですね。

f0112434_05246.jpg真ん中のクッキーはキャンディドクッキーで、クッキーの上に赤い帽子のアップルキャンディーを乗せています。
# by asanoyayu | 2008-07-03 00:06 | 美味彩宴

/// 今日のおめざは小饅寿本舗の「黒糖こまんじゅう」です ///

f0112434_2362734.jpg社長ブログから「交通取締り情報」と「イベント情報」、「香りの散歩道」が独立ブログとなり、毎回「美味彩宴」のお甘味が中心となってきています。7月に入ってもそのお甘味情報です。

6月上旬、鳥取市のジャスコ鳥取北店南にあるトリニティーモール内「業務スーパー」の一角に、話題の10円饅頭がオープンし、買いに行きました。

鳥取北小饅寿本舗は小饅寿本舗フランチャイズで、まいどおおきに食堂のように前に地域店舗名をつけています。

行った時はもう夕方だったので、従業員もおらず業務スーパー内の陳列化していて、10個入り、20個入り、30個入りがプラケースで並べられていました。

f0112434_2371040.jpgそういえばむかし「10円あったらチロルチョコ」というCMもありました。10円といえば駄菓子ではまだまだ買える範囲ですが、饅頭1個10円はいかにも安い。
ついつい社員の土産用として、60個も買ってしまいました。

f0112434_23152480.jpgさすがに10円だと直径3.5センチの小ささです、黒糖蒸し饅頭は思ったより本格的な品でした。

黒糖生地の外側は艶があり、柔らかくふあふあで弾力もある。中の餡はこし餡だが甘すぎなく、
1口でパクリと食べれて、後をひきます。

f0112434_2383389.jpg結局テレビを見ながら、お茶で軽く10個も・・・、餡が少ないので多くいただける。

山本おたふく堂のふろしきまんじゅうが1個56円≒10円饅頭5個分。
あやうし、ふろしきまんじゅう。


ふろしきまんじゅう好きの予約係も「いいですね」と頬張っていた。
# by asanoyayu | 2008-07-01 00:52 | 美味彩宴

/// 今日のおめざはMiam Miamの「フルーツタルト」です ///

f0112434_2301717.jpg
娘の所に行っていた家内が買ってきたのは、Miam Miamのフルーツタルト。実は娘と一緒に食べたなかむらのフルーツタルトが美味しかったので、お土産に買おうと思いながら忘れて、罪滅ぼしに途中に似たようなタルトがあったので買ってきたらしいです。

ところがなかなか美味しいのです。

こだわりのフルーツタルト専門店ミャムミャムは、創業30年の果物屋3代目がタルト屋を始めたのです。だからフルーツが美味しいのです。

アタフルフォマンゴのタルト、無花果のタルト、桃とチェリーのタルトの3種類。
f0112434_231721.jpg「おぉ~フルーツたっぷり!」
「一緒に食べたのはもっと、こぉ~んなに多かったわよ」
「どこ?」
「連れて行ってもらったら、店の名前は知らない」

話を聞いていると「ベリーカフェ」かな・・・・・?
f0112434_2314078.jpg無花果のタルト、完熟でとても香りも高く、柔らかくて美味しいです。

生クリームと無花果の組み合わせは珍しく、てもいけます。
マンゴのタルトもマンゴが主役、フルーツ食べている!って感じです。

最近のフルーツは流通期間が短く、完熟で甘いですね。

今度は「ベリーカフェ」と食べ比べしなくては・・・。
# by asanoyayu | 2008-06-30 01:07 | 美味彩宴

/// 今日のおめざはユーハイムの「リーベスバウム 」です ///

f0112434_23451340.jpg26日会社のOB会があり、懐かしい人たちが集まってくれました。
ほとんど地元の方が多いのですが、鳥取から来られた元客室課長のSさんはユーハイムの「リーベスバウム 」をお土産に持ってきていただきました。

今日のおめざです。
f0112434_23454944.jpgユーハイムといえばバームクーヘンなのですが、それもそのはず、このバウムクーヘンを、日本で初めて焼きあげたドイツ人こそカール・ユーハイム、ユーハイムの創設者です。
f0112434_2346182.jpg卵・砂糖・バター・小麦粉。保存料・防腐剤・酸化防止剤・添加物等は一切使用せず、マジパンをたっぷり使った柔らかなおいしさ。

オーソドックスですが、質にこだわった正統派バームクーヘン、スライスしてひとつずつ包んであります。

いつも食べる時に切るより薄いのですが、食感が柔らかく、口に入れるととけていく感じがします。さすが洋菓子王国神戸。
# by asanoyayu | 2008-06-29 00:40 | 美味彩宴

/// のんびり行こう、自分の足あと ///

趣味でかいている墨絵を季節とともに・・・。

梅雨に入ってよく見る風景。
紫陽花の葉にカタツムリが雨のシャワーを浴びている。

カタツムリの動きはゆっくり、私たちから見ると実にのんびり。
でも着実に足あとが残っている。
残せているかな? 俺の人生。

f0112434_173262.jpgのんびり、ゆっくり
着実に
自分の足あと
のこしつつ
# by asanoyayu | 2008-06-27 17:32 | 筆誤一会