朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

///今日のおめざは京都『満月の阿闍梨餅』です ///

f0112434_21432588.jpg京都の同業者の社長から頂きました、京都左京区の『満月の阿闍梨餅』です。
f0112434_2144461.jpg江戸末期の安政三年(1856年)創業の満月の「阿闍梨餅」は餅米をベースに、氷砂糖や卵と素材を練り合わせた生地に、丹波大納言小豆の粒餡を包んで焼いた半生菓子で、外見はまんまるのお饅頭ですが、よく見ると中央が少しぷっくり盛り上がっています。これは阿闍梨がかぶる網代笠を象ったものだそうです。
材料の質を落とさず、値段を上げないよう、一種類の餡で一種類の菓子しかつくらないそうです。
f0112434_21443013.jpg外はしっとりもちもちした薄皮で中は、甘さ控えめの粒餡がたっぷり入っています。このもちもち感と甘さひかえめなあんこが絶妙でとてもおいしいです。

賞味期限が早いのが残念ですが、硬くなったらオーブンで焼くと皮がパリッとして、また違った美味しさがあります。衣をつけずに油で揚げると揚げもちになります。これもいいですよ。
# by asanoyayu | 2008-03-20 00:48 | 美味彩宴

/// 湯村温泉『ゆむら灯火の景写真コンテスト』審査しました ///

17日夜、ゆむら灯火の景実行委員会第4回役員会が開かれ、出席しました。

f0112434_23112917.jpg湯村温泉の冬の風物詩として定着してきました、住民参加の第5回目となる「ゆむら灯火の景」も無事終わり、反省会と次年度の取り組みについて話し合われました。
今年は少雪の中、開催の2日前に雪が降り、過去4回とも雨まじりの開催から考えると天候にも恵まれました。コンサートの時間を遅らせることにより、数多くの宿泊客や近隣の方、まちづくりのヒントにと厚木市(神奈川県)の方からもわざわざお越しいただきました。

多くの住民の方に参加いただけるよう雪像コンテストも4回目になりました、次年度はより発展するよう考えていきたいと思います。
f0112434_23123323.jpg本年初めての写真コンテストは応募作品は多くなかったのですが、役員による審査が実施されました。
プロカメラマンによる写真コンテストの標準規範をレクチャー後、役員8人がそれぞれ無記名で最優秀賞1点、優秀賞2点が選ばれました。

f0112434_2313944.jpg最優秀・最新デジタルカメラ/「雪だるまのおるすばん」 中野常幸さん 

優秀賞・地元特産物/
「回想」 竹中静男さん
「あら 恥ずかしい」 加藤猛さん

参加賞・ビール券/コンテスト参加者

次年度もご参加よろしくお願いいたします。
# by asanoyayu | 2008-03-18 00:10 | イベント・歳時記

第10回浜坂みなと「ほたるいか祭り」の詳細 4/6

イベント情報「もうすぐ「ほたるイカ」の季節です」でお知らせしていました、第10回浜坂みなと「ほたるいか祭り」の詳細が決まりましたのでお知らせします。
f0112434_1215268.jpg
●日時/平成20年4月6日(日) 10時~14時
●場所/浜坂漁港せり市場

◆春を味わう味覚コーナー(このコーナーはどれも一品100円※現金で対応)
・ほたるいかの串揚げ ・ほたるいかの沖漬け ・ほたるいかの軍艦巻き
・ほたるいかのお好み焼き ・ほたるいかの炊込みご飯
・さつきえび汁 ・ハタハタ料理 ・大茹だこ切身

◆春を楽しむイベントコーナー
・お楽しみ抽選会
・餅まき大会
・足湯コーナー(七釜温泉)
・ほたるいかふれあい体験ゾーン(但し天候により変更あり)
・クレーンで吊る釜揚げコーナー
 揚げたてアツアツほたるいか無料試食サービス

◆春を感じる催事コーナー
・浜坂町漁協直販コーナー(塩干魚・焼イカ・鮮魚) ・海産物販売コーナー
・但馬牛ステーキ販売コーナー ・農産物・特産物販売コーナー
 地元でとれた野菜やお米から手作り食品までたくさんあるよ!
詳しくは
浜坂観光協会 TEL.0796-82-4580 FAX.0796-82-3467
後援/新温泉町
# by asanoyayu | 2008-03-17 12:15 | イベント・歳時記

ネット環境にHD-PLCは便利です

f0112434_17493576.jpgHD-PLCってご存知ですか?2階の寝室にもネットを引きたいと言うことでついに買ってしまいました。

無線LAN、有線LANなど検討したのですが、無線LANはケーブルを引かなくてもいいが、間取りや構造によっては電波が届かないケースや反対にPASSなどの暗証番号も洩れる場合がある。有線LANは壁や天井にケーブルを張り巡らせなければいけない。
f0112434_175055.jpgそこで以前から興味のあったHD-PLC。電気を送るだけだった家庭内の電気配線(電力線)に情報信号を乗せて送る通信技術で、ご家庭にあるコンセントと電気配線がデータ伝送ケーブルに変わり、各部屋のコンセントにPLCアダプタを差し込むだけでネットワークに接続可能なのです。
f0112434_17504880.jpg買ったのはPanasonicの親機BL-PA100KTと子機BL-PA1002台で、設置はいたって簡単です。
親機に電源コードとLANケーブルを接続、子機一台は登録済みなので、増設の子機を登録。これもいたって簡単同時にボタンを押すだけで自動登録。これでラップトップパソコンと子機さえあればトイレだろうと、風呂だろうとコンセントのある家中どこでも持っていけるのです。有線なのでサクサクと非常に便利になりました。

子機増設もネットカメラなどのネットワーク機器もすべてコンセントでいけるため、配線ケーブルも無くすっきりします。
# by asanoyayu | 2008-03-17 00:47 | 社長お勧め商品

/// 今日のおめざも『ローソンのチョコinストロベリー』です。 ///

f0112434_23222124.jpgホワイトディーの終わった夜中に、子供を送った家内が帰ってきて、「こんなの、ローソンで売ってたわよぉ~」と出してきた「素材が活きてる チョコinストロベリー」だ。昨日に引き続き今日のおめざは『ローソンのチョコinストロベリー』です。
f0112434_23231056.jpg昨日「今日のおめざはQuaのホワイトフルーツ」と、UPしたばかりなのに・・・。希少価値もなくローソンで「ぽけっとおやつ」シリーズとして売ってました。しかも発売は2006年5月、価格はたったの148円(30g)。アンジェのチョコは2.000円(150g)。値段だけだと2.7倍ですね。
f0112434_23235881.jpg残っているホワイトフルーツをアンジェの箱から取りだし、イチゴを比べてみると2まわり小さく真空乾燥しやすくチョコが浸透しやすいように半分に切ってあります。裏を見るとどっちもエフコム製です。食べてみるとローソンは小さい上に染み込んでいるチョコが多く、サクサク感に乏しい。香りも欠ける。イチゴを選別したときに出てくる小さいのを利用している感じだ。

エフコムのHPを見ると特許の新製法「FCOM(R)含浸製法(エフコムガンシンセイホウ)」でつくられていて、。「チョコレートプリザーブ果実」といわれている。「含浸」技術とは、素材に新しい機能を付与する目的で各種機能成分を浸み込ませる技術。

値段は高いがアンジェのほうはフルーツまるまるの感じ、アンジェが本命なら、ローソンは義理チョコかな?
# by asanoyayu | 2008-03-16 00:19 | 美味彩宴

/// 今日のおめざはQuaのホワイトフルーツ ///

f0112434_14252040.jpg今日はホワイトディー、妻や子供たちに、バレンタインのお返しはQuaのホワイトフルーツのストロベリーとキューウィです。
f0112434_14191020.jpgどこで売っているかというとインターネットで買ったのですが、扱いは輸入雑貨取扱店のアンジェ1箱の価格は 1,905円 (税込2,000円) 送料別 なので、苺の場合1粒150円と高価です。ホワイトディーと言うこととテレビで放送されて興味津々で、ついつい買ってしまいました。ある程度の味は予測できるのですが・・・。
f0112434_1426233.jpgインスタントコーヒーやインスタント味噌汁の具として有名なフリーズドライのフルーツにホワイトチョコを中心まで染み込ませたもので、不思議な新感覚スイーツ?(チョコレート?)です。
f0112434_14205154.jpgフリーズドライのものに見えるけど、食べてみると最初にチョコのとろける食感とフルーツのサクサク感と後からおそってくるフルーツの香り、素材の持つ美味しさやビタミンはそのままのチョコレートです。
あっという間に完食してしまいました。

他にもコーンやカシス、さらにココアをかけたトリュフストロベリーなどがあります。化粧箱が綺麗で、食感が話題にもなるので、プレゼントなどの特別なときのチョコにはいいですね。
でも、お返しなのにもらった本人よりも食べてしまった。
# by asanoyayu | 2008-03-14 14:21 | 美味彩宴

今日のおめざは京都宇治「駿河屋の茶だんごとみなづき」です

f0112434_22534446.jpg長女の同級生がおばあちゃんと遊びにこられました。

お二人からからいただいた京都宇治「駿河屋の茶だんごとみなづき」が今日のおめざです。
f0112434_2254156.jpg京都宇治といえば茶所、宇治の銘菓と言えば『駿河屋の宇治茶だんご」です。宇治に行かれる観光客は必ずといっていいほど買って行く有名な名物土産です。

地元抹茶を使用し、ほのかな甘みと濃い茶の香り、上品な味わいになっています。もちもちとした米粉のお団子で、色を見ていただいたらわかるようにたっぷり名産の抹茶が練り込まれれています。
f0112434_22544914.jpgみなづき三種類。「みなつき」のベース、ういろう生地は上用粉の風味と優しい甘みとねっとり感、白、抹茶,ニッキに大納言小豆。

今でも覚えている、子供のころに名古屋の青柳ういろうのTVCM 、「白、黒、抹茶、あずき、コーヒー、ゆず、さくら ♪~。悔しかったら言ってみな!白、黒、抹茶、あずき、コーヒー、ゆず、さくら 七つの味を残らずポィ、ポポポィのポィポィポィ あおやーぎういろうー食べちゃったーぁ♪~」を思い出しながら食べました。いまも名古屋のほうではやってるのかなぁ~!?。

駿河屋さんは品質を保てる範囲が商いなので、デパート ・スーパーには出店いたしておりません。通販では買えるみたいです。
# by asanoyayu | 2008-03-12 00:36 | 美味彩宴

昭和レトロ 名車Fairlady1500

f0112434_11161096.jpg鳥取のスーパー駐車場でフェアレディ1500を見つけました。2シーターのオープンカー。
1960年代の車で50年近く前なのに、ピカピカで大切に乗られているのがわかります。

昭和を代表する日本最初のスポーツカーでこの間、湯村温泉にお嫁入りした三井精機製ハンビーとは同年代の両極端車。

SR311型は最高速度205km/hで「第1回日本グランプリ」で優勝した国際レベルのスポーツカーであった。名前の由来はミュージカル”My Fairlady”で、前年渡米した日産自動車・川又克二社長の命名したものです。

あまりじろじろ見ていると怪しまれるので、正面から1枚だけ取らせていただきました。バンパー、フェンダーミラーなどメッキが施されていて、古さを感じさせないデザイン。バックバンパー上に誇らしげにFairladyの文字が輝いています。

すばらしき昭和の名車です。
# by asanoyayu | 2008-03-10 11:25 | イベント・歳時記

こだわりのおいしいパン工房「サンセ-レ」再開

しばらく休んでいました湯村温泉の焼きたてパン屋「サンセーレ」が再開しました。

f0112434_2291666.jpg場所は正福寺山門階段下で、牛串屋『たじま牛 湯村屋』の裏になります。

階段を上がると懐かしい香りとご主人の顔。

バケット、クロワッサン、メロンパン、グリッシーニ、コーン・ツナの惣菜パン、蓬あんパン・栃餅パンの菓子パンなどすべて1人で手作り、小さな店にたくさん置いています。

材料に国産小麦や無農薬・自然酵母などにこだわっているのに低価格。味は確かなんですが、言葉少ない職人肌の但馬人です。
f0112434_22103641.jpg特にバケット(通称フランスパン)はパリッと香ばしい皮(クラスト)と、ふんわり柔らかくしっとりとした中身(クラム)が特徴で、小麦のいい香りがしています。

私はそのまま食べるのもすきなのですが、スライスしてバターを塗り、生ハムとメルティングチーズを軽くトーストするか、マヨネーズを塗り、ゆでたまご、アンチョビ、チーズをトーストして食べるますが、焼くと益々小麦の香りがたちます。
簡単に料理の1品になります。

グリッシーニは1本50円これもお勧めです。生ハムを巻きつけるとアペタイザーの出来上がり。
f0112434_2211107.jpg特にこの季節のお勧めは栃餅パン。白パンの中に栃餅がまるまる1個入ってます。パンの中に餅?

侮る無かれ絶妙の食感、まるで苺大福を食べたときのような衝撃。

柔らかい白パンの中にもちっとした餅、そして上品な甘さのこしあん。後からついて来る栃の香り。
湯村土産にもお勧めです。

ぜひご賞味ください。
# by asanoyayu | 2008-03-09 22:15 | まちづくり・人づくり

今日のおばんざいは中原水産(有)の『新子の釜揚げ』などです

神戸市沖の明石海峡で5日起きた貨物船沈没事故で、現場海域に流出した重油によるイカナゴ漁への影響が懸念されています。イカナゴの稚魚「シンコ」漁が最盛期ですが、地元漁協は、漁場を変更や自粛が行われています。

f0112434_2248673.jpg5日、同業の会議で淡路島の方からたくさんのイカナゴをいただきました。
今日のおばんざいは中原水産(有)の『新子の釜揚げ』『いかなごのくぎ煮』『小女子ちりめん』大江海苔の『味付けあわじのり』です。 

大きな発泡スチロールの中には瀬戸内海の春の風物詩「いかなご」でいっぱい。ペットボトルを凍らせて鮮度が落ちないように持ってきてくれました。毎年はクール宅配便で送ってくれるのですが、今年は会議に来るので持参してくれました。
f0112434_2248433.jpg家族みんな「新子の釜揚げ」が大好き。ポン酢でいただきます。中原水産の品は柔らかくふぁ~としています。今朝取れたての新子なので余計に美味い。一人一パックいただきます。8パックで2日持ちました。
f0112434_2249413.jpgくぎ煮も家庭や商店で色々味があります。硬い目のもの、甘いもの、辛いもの、唐辛子入りなどの中でこれまた柔らかくふぁ~甘く、解けるような感じで息子好み、白いご飯が進みます。「小女子ちりめん」も塩分が少なくおにぎりに入れれば丁度いいですよ。

(有)大江海苔の味付けあわじのりは8切48枚入りを5パック、バリッという感じでそのまま酒のつまみになります。ご飯に乗せて食べようとすると途中で割れてくるめません。厚さがあり、味もしっかり付いてます。

うぅ~食べ過ぎた!
# by asanoyayu | 2008-03-09 00:52 | 美味彩宴

今日のおめざは『田丸弥の白川路』です

 f0112434_1393126.jpg大阪営業所社員のM君からお土産にいただきました、きょうのおめざは京都・北区にある田丸弥のおせんべい「白川路」です。
f0112434_131076.jpg袋の中には3枚の薄焼き煎餅(直径7cm)が入っていて、口にほうばるとサックと胡麻の香りがします。3枚入っているとお得な感じもします。

ほのかな甘みと口どけ、薄い煎餅の割りに胡麻(ごま)が主張しています。厚さは胡麻一粒分でこの厚さが噛んだ時の触感をよんでます、胡麻は金胡麻、黒胡麻の2種類を使用しており、黒ごまの方が、白ごまより油脂が少なく香りが強く、金ごまは両方を持っています。
東日本は黒ごま好み、白ごまは西日本なのですが、「白川路」は香りの強い黒ごまと金ごまの両方を使っているようです。
f0112434_1310259.jpg表面の唐草模様は鉄板に生地を流したときに映すされたもので、延暦23年(804年)に空海(弘法大師)から伝授された手法で今も手で焼かれています。
# by asanoyayu | 2008-03-08 13:11 | 美味彩宴

/// 今日のおめざは『黒船のどらやき』です ///

相変わらず、お客様から各地の美味しいお土産ををいただいています。太ったり、糖尿病が気になるのですが・・・。なかなか止められません。

f0112434_1751614.jpg今日のおめざは黒船(quolofune)のどらやきです。「つくりたてをつくりたくて」をコンセプトにしているだけあってかなり美味しいです。
f0112434_1754857.jpg一枚の生地の中に餡を入れているため、半円形をしてかなり小さいが、最初に噛んだ時のどら焼きの触感はモチモチとしていて、生地はしっしりなめらか。
f0112434_1765757.jpgつぶ餡のみずみずしさと黒砂糖の甘さは実に絶妙。本店は東京自由が丘ですが、関西では阪急各店で求められます。カステラを中心に売っている企業なのでしっとり、もちもちは納得です。

デザイン的にも優れていて、白地に筆文字で「黒船」と書かれた紙手提げや菓子の入物もすべてモノトーンは粋さえも感じてしまう。

手作りのため日持ちはしません。脱酸素材を使う店が多い中、さすがです。
# by asanoyayu | 2008-03-07 17:12 | 美味彩宴

今日のおめざは『ハワイのスイーツたち』です

f0112434_12252573.jpg今日のおめざは、ハワイから毎年、お越しいただいている大切なお客様Mr.&Mrs.HARVEYからいただいた『ハワイのスイーツたち』です。

たくさんのスイーツを遠いとこから、重いのにお持ちいただいたお気持ちに感謝申し上げます。本当に有難うございました。
f0112434_12261341.jpg「CHOCOLATE TREASUREES」マカダミアナッツ入りのクッキーで、チョコレート、ホワイトチョコでコーディングされています。(ホノルルのTHE COOKIE KITCHEN)
f0112434_12263447.jpgHERSHEY'S「Nuggets SPECIAL DARK」「Nuggets MILK」「KISSES MILK」「KISSES MILK with ALMONDS」の4種類。

いわずと知れたハーシーズ。昔からのKIssチョコは甘いんですよね。この中でのお勧めは甘みを抑えた「Nuggets SPECIAL DARK」で、日本人の口に特に合うと思います。
f0112434_1227563.jpg「Kona Coffeee Macadamia Brittle」(Ed&Don's of Hawaii,Inc)http://www.edanddons.com/brittles.htmlハワイで有名なコナコーヒーとマカダミアナッツのバタートフィー。

1956年から伝統的製法で作られている。アメリカのお菓子はとても甘いものが多いのですが、このトフィーあまり甘くないので美味しい。もう少し多くのナッツとコーヒーのフレーバーが立つほうがいい。新製品です。

いつも親戚付き合いをさせていただいているハビーご夫妻のブログです


湯村温泉や朝野家のことが書かれています。ぜひご覧ください。
# by asanoyayu | 2008-03-06 12:36 | 美味彩宴

まちかどギャラリー 「洋灯コレクション」「湯たんぽコレクション」もオープン

3月3日に「琺瑯看板コレクション」に続き、「洋灯コレクション」「湯たんぽコレクション」もそれぞれオープンしました。

「洋灯コレクション」-たじま牛湯村屋
f0112434_2248522.jpg湯村温泉荒湯の近く、たじま牛湯村屋さんの待合室を使い昔の生活道具やランプが展示されています。
雪国にはかかせない「輪樏(わかんじき)」「蓑(みの)」「菅笠(すげがさ)」や「石油ランプ」などレトロなものを展示し、観光客の皆様に昔懐かしい雰囲気を味わっていただきたいと思います。
f0112434_2249407.jpg
「湯たんぽコレクション」-ゆむら屋
f0112434_2250721.jpg夢千代館横のゆむら屋さんの中に展示されています。
昭和40年代までは、冬、各旅館の客室係りは荒湯(あらゆ 源泉)にお湯を入れに行き、お客様の布団を敷く時、足元に湯たんぽを入れて、湯村の「冬のおもてなし」としてとても喜ばれていました。また地域住民も外湯「薬師湯」に入浴時に湯たんぽを持参し、帰りに荒湯で入れて朝には残り湯で顔を洗っていました。
これは98度の豊富な温泉が誰でも使える湯村独特の文化でしたが、暖房器具の発達とともに利用されなくなりました。しかし近年湯たんぽはエコロジーや省エネの波によってまた見直されました。湯村温泉でも3年前から旅館のおもてなしとして復活しました。

湯村温泉散策時にぜひご見学ください。
# by asanoyayu | 2008-03-04 00:46 | まちづくり・人づくり

冬の寒空に十字架

f0112434_22535050.jpg
この間、冬なのに春のような日があり、八幡階段を下りつつ、ふっと空を見ると青空の中に2つの飛行機雲が。

あっという間にクロスして十字架になり、思わず写メしてしまいました。

昨日、たまたま「恋空」見た。子供と見る予定だったのに・・・。
思わず目から・・・・・。
涙は血が濾されてできるらしい。

高校生の時によく聞いていた荒井由美の 『ひこうき雲』が頭の中をよぎっていく。

偶然の産物か必然の産物か?

クロスしたコントレイル(contrail)を見て
「とても幸せで」ノ ポイ ⌒した

こんどは草むらに寝っ転がり、ゆっくりと青空を眺めていたい。
# by asanoyayu | 2008-03-03 00:48 | 社長お勧め商品

まちかどギャラリー 琺瑯看板コレクション完成

f0112434_15521992.jpg
3月3日の完成を目指して、まちかどギャラリー琺瑯看板コレクションの設置が朝野家通用門内で行われました。
f0112434_15531576.jpgホーロー看板とは、今ではほとんど見ることがなくなった「キンチョール」「ボンカレー」「オロナミンC」などの琺瑯仕上げの看板で、明治時代から昭和にかけて、家の壁や塀、農家の納屋など街のあちこちに張られていたもので、日本の風景には欠かせない懐かしいアイテムです。
f0112434_1554783.jpg
15年ぐらいかけて集めた琺瑯看板枚数は110枚、場所が少ないので半分の60枚を提供させていただき、観光協会の『まちかどギャラリー琺瑯看板コレクション』として取り付けられました。

大きいものでは100cm×100cmのキンチョーや長さ200cmのハウスカレー、小さいものは20cmの三菱エンジン看板横には説明書きも準備、塀に取り付けられた琺瑯看板は再び息を吹き返したようです。
f0112434_15543932.jpgこげ茶の塀、木製電柱、はだか電球と、看板の前に立って、カメラをセピア設定にして写真を撮れば昭和時代にタイムスリップ。

なつかしい世界が広がります。
f0112434_10382270.jpg豊かな時代、昭和。親子・夫婦・ご家族で思い出していただければ幸いです。

f0112434_15551316.jpg朝野家通用門(裏門)前にはバス停風の「まちかどギャラリー」立て看板を目印に。
お客様へ
館内からは行くことができません、また通用口になりますのでお車にご注意ください。

# by asanoyayu | 2008-03-02 00:34 | まちづくり・人づくり

/// もうすぐひな祭り あなたがいるだけで・・・ ///

趣味でかいている墨絵を季節とともに・・・。

昨日は春のような気候でしたね。今日から3月。
梅花のつぼみはまだ硬いようですが、もうすぐひな祭り。

お内裏様とお雛様、二人並んですまし顔。♪~
仲良く寄り添って、どちらがかけても成り立たない。
「仲良きことは 美しきかな」 武者小路実篤

f0112434_0316.jpgあなたがいるだけで
唯、それだけで
楽しくなれる
二人で一つ。
# by asanoyayu | 2008-03-01 00:06 | 筆誤一会

今日のおばんざい 崎陽軒のシウマイ

f0112434_14235916.jpgいわずと知れた横浜名物崎陽軒のシウマイ(15個 550円)、崎陽軒ではシュウマイでなくシウマイなのです。

冷えても美味しいといわれ、その秘密は中に帆立貝柱が入っていた。しかし'07年11月に原材料表示偽装で、帆立が5番目表示なのに2番目に書いてあったらしい。
f0112434_14242855.jpg久々の東京出張でひょうちゃん(崎陽軒陶器醤油入れ)がほしくて買ったのですが、なぜかプラスチック製。。'08年4月に100周年を迎えるので新型ひょうちゃん製作の過渡期で量調整中か?表示違反の利益損による仕打ちか?すこし凹んだ。
f0112434_1426775.jpgレンジで暖めて食べると少しいやな匂いがした。肉のせいなのか、ひょうちゃんのせいか、牧場の匂い(フーン)がすると子供が言う。確かにそう感じる。

香料など添加物を入れなくなったせいだろうか。冷えたまま食べたほうがよさそうだ。期待度と満足度の差か。食品偽装とはいやな時代になったものだ。練り物は特に内容がわからない。最近みんな裏の表示を見て買うようになった。
f0112434_14262722.jpg味だけなら一芳亭のしゅうまい(15個 970円)の方がうまい。こちらは隠し味に海老を使っている、少し値段は高いが肉汁が出てくるぐらいジューシーで薄焼玉子の皮で包んでいる。

しゅうまいには醤油よりポン酢の方が合うと思う。関西びいきの私は「食は関西、出汁でっせ!!」そう思いながら、崎陽軒シウマイを思いっきり1箱食べきってしまった。
# by asanoyayu | 2008-02-28 02:06 | 美味彩宴

今日のおばんざい 万世『万かつサンド』

f0112434_13522268.jpg今日のおばんざいは私の東京土産定番『万世の万かつサンド』です。
f0112434_13525242.jpgとんかつ、パン、たれというシンプルさだが非常に美味い。時間があるときは万世本社がある秋葉原で買います。ヒレかつサンドは本店のみで売ってます。たいていは時間が無いので空港のANAショップで買うのですが、遅いと売り切れてます。この日も残った3つ全部買いました。
f0112434_13545170.jpg非常に小さいのでかばんの中にも入るし、お腹がすけば飛行機内で食べるのに便利なんです。空弁が流行る前からボリュームがありよく食べてました。
なんと言っても肉屋が作るサンドイッチで、カツが美味い。厚みたっぷりのいいロース肉と専用パンの耳は生パン粉に使用し、もちろん揚げ油は豚肉のラードを使用。マスタード、バターそして万かつサンド専用のソースでサイドされ、職人の手で一枚一枚ていねいに6等分に切っている。 これで600円です。
f0112434_13534353.jpg久々に買ったら、いつもすべて肉面が見えていたのに、今回は半分だけ見えていた。関東のみの販売なので、買えない人は食べたつもりでペーパークラフトだけでも・・・。
# by asanoyayu | 2008-02-26 01:48 | 美味彩宴

余部鉄橋の状況 観光に影響なし、足元のみ工事中

豊岡で会議があり、海岸周りで余部の鉄橋の工事経過を見てきました。

2007年5月27日に架け替え工事の起工式が開かれた。架け替え工事に関する工事車両も搬入されており、景観は損なわれているが、沢山の観光客が訪れています。架け替え工事の囲いにより封鎖されており、近くに仮設の駐車場が設置されています。
f0112434_16191390.jpg余部鉄橋利活用検討会の資料から
新橋梁イメージです。

余部鉄橋は、高さ41メートル、長さ310メートルの橋脚式鉄橋は1912年(明治45年)に完成しました。日本で最大規模を誇る美しい鉄橋で、完成当時には東洋一のトレッスル式鉄橋と言われていました。新余部鉄橋は経済性や保守性を考慮し、コンクリート(PC)橋に生まれ変わります。早ければ2010年に完成予定です。

見慣れた風景が一変するのは、非常に残念です。
f0112434_0434424.jpg178号線南側から余部鉄橋を望むと、
『さよなら余部鉄橋 ありがとう余部鉄橋』の文字が書かれています。
f0112434_0445139.jpg近づいて香住側橋脚下にはクレーンで基礎作りがはじまっています
f0112434_0451829.jpgフェンスの間から覗くと
f0112434_0454679.jpg道路両サイドは工事用フェンスで囲われています
f0112434_046656.jpg
f0112434_0463310.jpg浜坂側の工事状況、観音像のところまでフェンスがかかっています

真下から見るときは工事フェンスが少し気になりますが、遠くからや余部駅上の写真スポットからは影響はありません。

今秋までは従来の美しき姿を見ることができます。
# by asanoyayu | 2008-02-25 00:50 | イベント・歳時記