朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

【 揺れる風鈴 癒しの音色 】



【 揺れる風鈴 癒しの音色 】-神戸新聞2019.08.01日-
=湯村温泉街、2か所に設置=


湯村温泉観光協会がこのほど、軽やかな音で涼しさを感じてもらおうと、湯村温泉街を流れる春来川沿いの2か所で約60個の風鈴を設置した。風に吹かれた風鈴が、涼をもたらす癒しの音色を奏でしている・・・。
# by asanoyayu | 2019-08-01 13:34 | イベント・歳時記

【 揺れる風鈴 癒しの音色 】



【 揺れる風鈴 癒しの音色 】-神戸新聞2019.08.01日-
=湯村温泉街、2か所に設置=


湯村温泉観光協会がこのほど、軽やかな音で涼しさを感じてもらおうと、湯村温泉街を流れる春来川沿いの2か所で約60個の風鈴を設置した。風に吹かれた風鈴が、涼をもたらす癒しの音色を奏でしている・・・。
# by asanoyayu | 2019-08-01 13:34 | イベント・歳時記

/// 鉄道で写生旅行 ///2019.07.31放送分



(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

水面を吹き渡る風の匂いがするような、池に浮かぶ睡蓮を繰り返し描いた印象派の画家クロード・モネ。

季節や時間とともに変化する陽の光を描いたその作品は、空の色や雲の動きまで想像させてくれます。 モネやルノワールなど、印象派の画家がパリで数多く生まれた背景には、当時、最新の移動手段だった鉄道の後押しがあったことをご存知ですか。

1847年、パリから港町のル・アーヴルまで鉄道が開通すると、人々の行動範囲は一気に広がりました。

セーヌ川沿いは行楽を楽しむ人で賑わい、暗いアトリエを飛び出して自然の光の中で描くことを求めた画家たちも、鉄道で写生旅行に出かけたのです。

モネは、パリの駅を描いた作品も残しています。そのころ、モネが発表した作品は「単なる印象しか描いていない。モヤモヤして何を描いているのか分からない」と、批評家から厳しい評価を受けていました。

皮肉を込めて印象派と呼ばれたモネは、「人間の目は何もかもくっきり見えるわけではない。それなら、蒸気で何も見えなくなった駅を描いてみせる」と息巻いて絵筆を取ったとか。陽の光がちょうどよく当たる時間に制作するため、駅長に交渉して列車の出発時刻を遅らせてもらった、という逸話も語り継がれています。

こうして生まれた作品は、光の画家モネの挑戦を物語る一枚になりました。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
# by asanoyayu | 2019-07-31 07:01 | 朝野家・香りの散歩道

【 湯村温泉 夏風情 】街に風鈴、涼やかに

f0112434_08281419.jpg
----- 30日 日本海新聞 -----

梅雨が明け、但馬地方にも夏らしい日差しが照り付けた29日、新温泉町湯の湯村温泉に涼しさを演出する風鈴がお目見えした。...

厳選「荒湯」近くの温泉支所橋で、川風に揺られ「チリン チリン」と澄んだ音色を響かせている。・・・
------------------

本日より湯村温泉では、夏休み特別企画がスタートしました。湯村温泉に宿泊していただくお客様限定の企画です。

「荒湯たまごプレゼント」 「色浴衣で夢さんぽ」色浴衣着用のお客様は、色浴衣クーポン引換券を持参して観光協会に来ていただくと、一人につき一枚の500円券をプレゼントさせていただきます。(小学生以下はオリジナル商品プレゼント)

期 間:7/29(月)~8/31(土)
問合せ:湯村温泉観光協会 0796-92-2000
もっと見る

# by asanoyayu | 2019-07-30 08:29 | テレビ・雑誌の取材

【 色浴衣で夢さんぽ 風鈴飾りました 】



湯村温泉では、訪れた観光客に「涼」を感じてもらおうと湯村温泉観光協会主催「色浴衣で夢さんぽ」特別企画が始まりました。



29日15:00~湯村温泉観光協会職員や旅館関係者らが、浴衣姿で南部風鈴や陶磁器風鈴などをつり下げ、風に揺れて涼しげな音を奏で、早速、通り掛かった観光客が足を止めて、聞き入ったり、写真を撮られています。



合わせて、旅館宿泊客が色浴衣で観光協会を訪れると、1人に1枚温泉街の飲食店やお土産店などで使える500円券(2日間有効)がプレゼント。また、「荒湯たまごプレゼント」も同時に実施。宿泊施設で引換券を受け取り、お土産店などで温泉卵「荒湯たまご」と交換できます。



本日は、銀行、役場など温泉街の7施設で、従業員らも浴衣姿となって観光客を迎えしています。



「湯村温泉は重曹泉で、肌がさっぱりする。加えて、浴衣の肌触りや春来川の風、風鈴の音色など五感で“日本の夏”を楽しんでほしい」と思います。

期間:8月31日まで。
観光協会:TEL0796・92・2000

# by asanoyayu | 2019-07-29 19:19 | イベント・歳時記

【 湯村温泉の夏の風物詩 温泉街を照らす絵灯篭 】



温泉街の川沿いに巨大な絵灯籠が設置されました。




大きいもので縦2メートル、横2.8メートルもあるジャンボ絵灯ろうが登場しました。大きいもので縦2メートル、横2.8メートルもあるジャンボ絵灯ろうが登場しました。



15基のジャンボ絵灯籠は、秋田県湯沢市の絵灯籠保存会が制作したもので、歴史ある湯村温泉にふさわしく、平安絵巻などをモチーフにした美人画などが描かれています。



この絵灯籠、7月20日から8月18日まで夜には点灯され、温泉街を鮮やかに彩ります。



# by asanoyayu | 2019-07-28 19:35 | イベント・歳時記

【 ペルチェ素子発電実験キット 】



湯村のまち歩きをするジオパークガイドは、歓楽だけな温泉から地元を知っていただくための、良いシステム。



ガイドをする時は、ジオの話をするだけではなかなか聞いてもらえません。そこで湯村温泉・朝野家ではハートを探せ!、荒湯玉子、荒湯飲泉などを行なっています。



特に荒湯生キャラメルと共に人気があるのが、荒湯でのペルチェ素子発電実験です。



今まではECO谷口型ペットボトルを使っていました。製作は容易なのですが、温泉熱で変形するのと局面が多く設置しにくく温泉漏れもおきます。



100円ショップでクリアキューブを買って加工しました。



ドリルで穴あけをして、ダイヤモンドソー糸鋸でカットすると出来上がり、ボンド留めをして、ホットグルーガン(ホットメルト接着)すれば完成です。

# by asanoyayu | 2019-07-27 17:28 | こんなん作ってみましたDIY

【 めでたいナ めでたいナ 】



(彩色墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

7月の初めにお泊り頂いたお客様が印刷された金魚の膳掛けが気に入られて、8月に行くので直筆の目出度い絵を画いてほしいとリクエストを頂きました。



有難いですね。絵だけでお泊りいただけるとは・・・目的宿泊!唯一化のお陰です。



色紙サイズの額に入れるので・・・。
目出度い絵。



じゃあ~目出鯛を画きます。

巻紙を色紙大の大きさに切れるようにカット、目出鯛と波を画きました。
「めでたいナ めでたいナ もひとつついでに めでたいナ おめでとうございます」



喜んでいただけますように!!!

#湯村温泉朝野家 #朝野家 #温泉 #旅館 #旅の思い出 #旅の思い出帳 #墨絵 #彩色墨絵 #彩色 #朱印 #朱印帳 #湯村温泉 #ryokan #asanoya #yumura #onsen #hotsprings #sumie #notebook

# by asanoyayu | 2019-07-26 07:00 | 筆誤一会

/// 折り鶴と名湯をヒロシマへ 湯村温泉 ///

f0112434_12071689.jpeg

湯村温泉は恒久平和の町。
夢千代日記に取り上げられているテーマは、「人間愛」と「被爆」の人類永遠のテーマです。

今年もその思いを持って広島に出かけます。後世に語り継ぐために!夢千代さんが繋いでくれた縁。
------------------------------------
折り鶴と名湯をヒロシマへ
ドラマ「夢千代日記」舞台の湯村温泉が
原爆忌に向け届けます。( 神戸新聞NEXT/神戸新聞社)

広島原爆忌(8月6日)を前に、平和への思いや犠牲者への追悼の思いを込めた折り鶴数万羽が30日、湯村温泉(兵庫県新温泉町湯)から広島市の平和記念公園に届けられる。合わせて同温泉の湯を同市の被爆者養護施設に届ける。

胎内被爆した女性を吉永小百合さんが演じたドラマ「夢千代日記」の放映を機に、広島と交流している。施設の入所者に気持ちを癒やしてもらおうと、湯のプレゼントを1992年に始め、2006年からは折り鶴も届けている。

折り鶴は、湯村温泉観光協会が、夢千代館や旅館、金融機関などに折り紙を配布し、24カ所で観光客や住民に協力を求めた。毎年、自宅で折った鶴を持ち込む住民も多いという。

30日は、町や観光協会の職員らが広島へ。折り鶴を平和記念公園のブースに飾るほか、同温泉から運んだ湯約10トンを同市内の被爆者養護施設2カ所に届ける。

同観光協会の担当者は「皆さんの折った鶴が平和へとつながり、次の世代にも続いてほしい」と話している。(小日向務)

# by asanoyayu | 2019-07-25 12:05 | テレビ・雑誌の取材

/// 土用の丑の日 ///2019.07.24放送分


(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

今週の土曜日、7月27日は「土用の丑の日」です。この日に鰻を食べる風習は、江戸時代、平賀源内(ひらがげんない)が考えた鰻屋の広告で広まったという説は有名ですね。


その広告は『万葉集』に収められた、ある和歌がヒントになったとも言われています。


石麻呂に 我れ物申す 夏瘦せに よしといふものぞ 鰻捕り喫せ

(いしまろに われものもうす なつやせに よしというものぞ うなぎとりめせ)


「石麻呂さんに申し上げます。夏痩せには鰻がいいそうです。捕って食べてはいかがですか」とすすめている歌です。作者の大伴家持(おおとものやかもち)が活躍した、奈良時代にはすでに、鰻は「夏痩せによし」と言われていたのですね。


ただし、この歌には続きがあって、「瘦せに瘦せているとはいえ、生きてさえいれば儲けものです。そんな細い体で鰻を捕ろうとしたら、川に流されるからおやめなさい」という、人をからかったような歌も詠んでいます。果たして、石麻呂さんは、夏を元気に乗り切るために鰻を食べたのでしょうか。


この話を聞いて、みなさんが想像したのは、鰻を裂いて、甘いたれをつけて焼く、香ばしい匂いの蒲焼きではないですか。

実は、この調理法が生まれたのは、醤油や味醂などの調味料が普及した、江戸時代になってから。それまでは、丸のまま串に刺して焼いていたそうです。


*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供​で、毎週水曜日FM山陰(16:55
17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


# by asanoyayu | 2019-07-24 08:36 | 朝野家・香りの散歩道

/// 社長!また、そんなん買ってきたんですか?! No.37 トゥルースリーパー セブンスピロー ///



よく社員から言われます。「社長!また、そんなん買ったんですか?」

「そんなん使いますのぉ~???」呆れられます。

『右腕が上まで上がらずに、肩こりと後ろ手が出来ない・・・!以前に2mの高さの温泉タンクのところから飛び降りて、尻餅ついて両手をついたからかなぁ~。首も回りにくいし、いつも寝違えているようや』

前回「Hanmock for Neck」を買ってみましたが、私にはあまり効果がないようで、いっこうに肩こりは変わりません。



もう一つ買っていたのが、ショップジャパンの「トゥルースリーパー セブンスピロー」です。必要は発明の母、ならぬ「とりあえず購入は使用の母」です。



低反発素材「スムース ヴィスコエラスティック」素材で、体温や重さによって形を変化します。以前に使っていたトゥルースリーパー枕よりも、幅広く、長く、頭、首、両肩、背中、両腕、7つの部位を支え、睡眠時の体の負担を軽減するらしいのです。



使いたては違和感ありましたが、慣れてくるといい感じです。頸椎からくる肩こりや腕の上げに少しでも和らぐのならそれも良しという感じですね。



しばらく使ってみます。

# by asanoyayu | 2019-07-21 14:13 | 社長!また、そんなん買ってきたんですか?

/// また出たか!? 崎陽軒×横浜ウォーカーの桂歌丸ひょうちゃん ///



子供のころから収集癖があり、今も集めている物の一つが横浜崎陽軒のシウマイのしょう油入れの「ひょうちゃん」・・・馬鹿ですねェ~。



崎陽軒の戦略にのって、新たなデザインが出るたびに買ってしまうのです。



5月に「元号ひょうちゃん」が出たばかりなのに、崎陽軒×Walkerが桂歌丸さんの命日である7月2日「桂歌丸一周忌追善公演」に合わせ「炒飯」を特別弁当として、1000個販売しました。



この中には、枝太郎さんが描いた「桂歌丸ひょうちゃん」が入っていました。ひょうちゃんコレクターとすればやっぱりほしいのですが、講演会も終わっているので、メルカリで買い求めました。飛行機、入場料、弁当代を考えれば・・・これも良しかな!?



今回の歌丸ひょうちゃんは、ひょうちゃん史上初めて顔の輪郭があるひょうちゃんでした。他の人から見ればただの醤油入れやゴミでも、集めている者から見れば「僕の宝物」なんですね。



捨てるんやったら頂戴や!めざせ!すべてのひょうちゃんフルコンプリート。とりあえず数をかずえてみるとその数なんと1,450個と増えてます。



一体、生まれてから今まで何個のシウマイを食べたことやら・・・汗。また、集めなければ・・・。

# by asanoyayu | 2019-07-20 14:20 | 雑貨・お試し商品・おまけ

【 湯村温泉の夏の風物詩 温泉街を照らす巨大絵灯篭設置 】

SUN-TVニュース
https://youtu.be/YB_C1ek0j_s




兵庫県新温泉町の湯村温泉で9月に開催される但馬“牛まつり”を盛り上げようと温泉街の川沿いに巨大な絵灯ろうが設置されました。



平安時代に開かれたとされる新温泉町の湯村温泉は、源泉の温度が98度もあり、湯けむりただよう人気の温泉街です。17日、この温泉街に大きいもので縦2メートル、横2.8メートルもあるジャンボ絵灯ろうが登場しました。



このジャンボ絵灯ろうは、9月に開催される但馬牛をPRするイベント但馬“牛まつり”を盛り上げようと毎年設置されているもので、今では夏の風物詩として観光客を楽しませています。



15基のジャンボ絵灯ろうは、秋田県湯沢市の絵灯籠保存会が制作したもので、歴史ある湯村温泉にふさわしく、平安絵巻などをモチーフにした美人画などが描かれています。



この絵灯ろう、今月20日から来月18日まで夜には点灯され、温泉街を鮮やかに彩ります。
# by asanoyayu | 2019-07-18 16:46 | イベント・歳時記

/// あてなるもの ///2019.07.17放送分


(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

写真から甘い香りが漂ってくるような、SNS映えするスイーツが人気ですね。この季節の主役は、なんと言っても「かき氷」でしょう。

かき氷の歴史をひもとくと、平安時代の女流作家・清少納言(せいしょうなごん)の名が浮かびあがります。彼女は、随筆『枕草子』の中で、「あてなるもの」つまり、雅やかで上品なものとして、かき氷のことを書いています。

それによると、当時のかき氷は、削った氷に「あまづら」をかけて、金属製の器に入れたものでした。「あまづら」とは甘味料のことで、甘茶蔓(アマチャズル)などの植物を煎じて作った、甘い蜜だったのではないかと言われています。

甘茶蔓といえば、健康茶ブームの先駆けになった薬草としても知られていますね。ほのかな甘味と苦味があり、太陽の光を浴びた草のような香りがするお茶です。

清少納言が食べたかき氷にかかっていたのが、甘茶蔓で作られた「あまづら」かどうかは定かではありませんが、当時、甘い蜜はとても貴重なもの。ましてや、氷を口にできるのは限られた人だったので、金属の器に盛られたかき氷は、さぞかし輝いて見えたことでしょう。

もしも清少納言の時代にSNSがあったら、アップしたかき氷の写真に「いいね!」が集まること間違いなし、でしょうね。

さて、氷も蜜も簡単に手に入る時代のみなさんは、どんなかき氷なら「いいね!」をしますか。

​*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供​で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また​朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナー​からもお聞きいただけます。
# by asanoyayu | 2019-07-17 07:00 | 朝野家・香りの散歩道

/// 「川下祭り」が開催され、本日7月14日(日)花火大会は行われます ///

f0112434_15303652.jpg

新温泉町浜坂で、但馬三大祭りのひとつである「川下祭り」が開催され、本日7月14日(日)花火大会は行われます。

今、発表がありました。

f0112434_15305345.jpg

14日(日)は「花火大会」が開催☆
浜坂県民サンビーチから3500発の花火が打ち上げられます。


# by asanoyayu | 2019-07-14 15:32 | イベント・歳時記

/// 温泉むすめ・飯坂真尋ちゃんin湯村温泉なう ///



今月7月2.3日と飯坂温泉観光協会青年部の方々が、温泉むすめのイベントの件で、有馬温泉と湯村温泉の視察、湯村温泉温泉むすめイベントを企画した長男とも懇談しました。

----- 飯坂真尋ちゃんin湯村温泉なう。-----
イベントでたくさんのファンが来訪したという湯村温泉さんの取組を視察。
やっぱりイベントの中心にいる方が熱いと、想像以上の結果につながりますよね。9月飯坂イベントも、盛り上げていこ〜!わっしょ〜い!




福島県・飯坂温泉で9月に温泉むすめのイベントがあり、飯坂真尋ちゃん と共に6月2日(日)SPECIAL YUKEMURI FESTA in YUMURA(兵庫県・湯村温泉)の取組みを研修に来られました。



お互いにイベントグッズの交換、お菓子も頂きました。



お越しいただき有難うございます。



ps.明日7/15日10:00ごろ〜荒湯近辺で、湯村千代ちゃんファンの方々が、千代ちゃんの誕生日に合わせて誕生会と清掃作業をされるそうです。有難うございます。

# by asanoyayu | 2019-07-14 13:04 | イベント・歳時記

/// 鳥取砂丘コナン空港に鳥取⇔台中のチャーター便 ///

日記



鳥取砂丘コナン空港が、少しずつ国際化されています。今回は鳥取⇔台中のチャーター便ですが、将来的には定期便も視野に入ってきました。

いよいよ、湯村温泉の本格的インバウンドの始まりに準備が必要になってきます。



少しずつ少しずつ、2015年からの新温泉町との成果が、出てきています。今までは団体を中心でしたが、これからは鳥取就航で、FITの個人旅行が増えてくることになります。


鳥取経済圏、麒麟のまち観光局、山陰海岸ジオパークと共に、鳥取⇄湯村の交通体系をマルチに充実していかなければなりません。


# by asanoyayu | 2019-07-13 20:29 | 旅行・体験日記

/// Travelwithdogで「朝野家のワンちゃんプラン」の取材 ///

朝野家のワンちゃんプラン



11:00~羽田のベンツショールームMersedes meで、愛犬との旅行を優雅に演出するフリーペーパー「travel with dog」中村さんの取材を受けました。



中村さんは何度も、息子のかんたろう君と朝野家に泊まっており、今回は朝野家のワンちゃんプランを会員冊子で取り上げて、いただけます。



我が子自慢をしながら、楽しい時間を頂きました。有難うございます。



この対談の模様は、次号8月末発行予定のtravelwithdog vol17で詳しくご紹介致しますのでお楽しみに♪。


# by asanoyayu | 2019-07-12 18:41 | テレビ・雑誌の取材

/// 人類初の月面着陸50周年 ///2019.07.10放送分



(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今から50年前の夏。世界中の人々が、月に思いをはせた日があったことをご存知ですか。

1969年7月20日、アポロ11号が月面着陸に成功した日です。翌朝、人類が初めて月に降り立ち、この世紀の瞬間は世界中に衛星中継されました。

日本でもたくさんの人が、テレビで見守っていたそうですから、リアルタイムで覚えている方も多いことでしょう。

地球人を代表して月に一歩を踏み出した、アポロ11号のアームストロング船長は、こんな言葉を残しています。「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」。

はるか彼方にあって、「うさぎが餅つきをしている」とか「かぐや姫のふるさと」などと、夢のある昔語りもされてきたミステリアスな月。その正体が、科学の目で明らかになった一歩でもありました。

うさぎもかぐや姫もいないことを知って、ちょっとがっかりした子どもたちも、「人間はどんな星にも行ける!」と宇宙への夢が広がったのではないでしょうか。

人類初の月面着陸50周年の今年、山陰でも宇宙に関するイベントが開催されています。

鳥取市さじアストロパークでは、月面探査のこれまでを振り返り、これからの宇宙開発について考える展示が、9月16日まで開催されています。この夏はみなさんも、月に思いをはせてみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供​で、毎週水曜日FM山陰(16:55
17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。
また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナー​からもお聞きいただけます。




# by asanoyayu | 2019-07-10 07:10 | 朝野家・香りの散歩道

【 ☆朝野家・夏の贅沢☆「夏の月替り 極みの和会席」】



☆朝野家・夏の贅沢☆「夏の月替り 極みの和会席」




〜お品書き〜

・食前酒 季節のカクテル

・先附  アボカドとタコのハーブ塩和え

・前菜  夏の味覚 沢蟹・タコを含む八種

・煮物椀 鶏スープの土瓶蒸し 合鴨葛叩き

・お造り 白イカ・雲丹含むお勧め数種

・焚合せ 冷し鉢 タコの柔か煮・南瓜・茄子



・焼肴  鮎の笹焼き

・強肴  黒毛和牛のステーキ



・酢物  金魚鉢 〜水貝仕立て〜

・食事  香の物・季節の珍味・赤出汁

・水物  三段箱 〜荒湯生キャラメル〜





# by asanoyayu | 2019-07-06 07:40 | 美味彩宴