朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 14ひきのもちつき ///2017.12.27放送分

f0112434_13314177.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさん、そして10ぴきの子どもたち。家族三世代、14ひきのねずみの一家が、めぐる季節を楽しみながら仲良く暮らす絵本、14ひきのシリーズをご存じですか?

1983年、絵本作家のいわむらかずおさんが最初に発表した14ひきの物語は、フランスやドイツなどでも出版され、世界的な人気シリーズになりました。


これまで12の物語が誕生していますが、なかには、今の時期にぴったりの一冊もあります。タイトルは『14ひきのもちつき』。お正月を迎えるために、ぺったんとったん、家族みんなで餅つきをするお話です。

薪を割って、かまどに火をいれ、もち米が蒸しあがったら、いよいよ楽しい餅つきのはじまりです。準備をするのも、杵でお餅をつくのもチカラを合わせて。たちのぼる湯気の匂いまで漂ってきそうで、ペーシをめくりながらワクワクしてきます。

臼と杵を使う昔ながらの餅つきに興味津々の子どもから、懐かしい光景を思い出す大人まで、家族みんなで楽しめる絵本『14ひきのもちつき』。最後に、つきたてのお餅をおいしそうにほおばる笑顔を見たら、みなさんもきっとお餅が食べたくなることでしょう。

さて、『朝野家・香りの散歩道』の今年の放送は、今日が最後になりました。今年も一年、おつき合いいただきありがとうございました。みなさまどうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

*『朝野家・香りの散歩道』
朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。





# by asanoyayu | 2017-12-27 07:24 | 朝野家・香りの散歩道

/// 「NHK 夢千代日記」NHKのHP ///

f0112434_20160510.jpg
先日、湯村温泉が大変お世話になった作家・早坂暁先生が無くなられました。毎年、年末になるとNHKアーカイブで、『夢千代日記』の放映が衛星放送で行われる。

夢千代日記には「人は一人では生きていけない」「人類最悪兵器・原爆」「弱い人の生き方」人間の本質が描かれています。

f0112434_20162160.jpg

また、早坂さんのシナリオの底に流れているのは「思いやり...」と「優しさ」の世界。人間の心のぬくもりをじんわりと感じることができます。

不変のものは人々に求められ、受け継がれ、37年前のテレビドラマは色褪せることなく名作と語られている。

新温泉町商工会の新たな事業説明に、『夢千代日記』ことが書かれていて、改めて「NHK 夢千代日記」と検索をかけると素晴らしいNHKのHPに出会ったので、アップしておきます。

f0112434_20163269.jpg

/// エピソード ///(早坂暁さん)

原点は16歳で見た終末の光景

脚本の早坂暁さんは、「いつか原爆のことを書きたい」という思いを長年抱き続けていたそうだ。それが、胎内被爆した主人公・夢千代で結実した。きっかけは、海軍兵学校の生徒だった早坂さんが終戦で故郷に帰る車中から見た光景にあった。

早坂さんが乗った貨物列車が夜になり、広島駅に停車。駅舎もプラットホームもなく、そこから荒野のように見渡す限り何もない広島市内が見渡せたという。廃墟には何百、何千という数の青い火が燃えていた。おりからの雨で死体から流れたリンが燃えていたというのだ。

当時、16歳の早坂少年は「若くして終末の光景を見てしまった」とショックを受け、いつかこのことを書かなくてはと思ったと語っている。

/// 山陰の風景を胸に刻んで・・・ ///(吉永小百合さん)

夢千代を演じた吉永小百合さんは、NHKからの出演依頼を受けたとき、「“ドラマ人間模様”の枠で、脚本は早坂暁さん、演出は深町幸男チーフ・ディレクターにお願いしたい」という希望を出したそうだ。

早坂ドラマの限りない優しさが大好きだったからだという。たとえば、第5回(最終回)に、樹木希林さんが演じる芸者・菊奴が旅役者に入れあげて、さんざん貢いだあげく裏切られるというエピソードが描かれている。落胆する菊奴に、「菊奴さん、あれは夢だったのよ……」とみんなが慰める。そんな優しさに吉永さんは胸がジーンとしてしまうという。

ぜひ、ご覧ください!。



# by asanoyayu | 2017-12-26 20:12 | テレビ・雑誌の取材

/// ついに出た兵庫県の民泊対策、流石!我が兵庫県井戸知事 ///

f0112434_19504620.jpg
ついに出た、流石!我が兵庫県井戸知事。
日本で一番厳しい民泊条例を制定しました。聞いていましたが、天晴れ!!!(神戸新聞NEXT12/25)

f0112434_19510018.jpg
---------------------cut 8< チョキチョキ---------------------
一般住宅に有料で客を泊める「民泊」に関し、兵庫県は25日、学校や保育所など子育て施設や教育施設周辺、住宅専用地域での営業を全面禁止とする条例骨子案を発表した。民泊を規制する条例は各地に広がっているが、県によると、現状では全国で最も厳しい規制内容という。


骨子案では、住宅専用地域だけでなく、小中高校や保育所など子育て施設のほか、図書館などの社会教育施設の周辺100メートルでも、営業を全面的に禁止すると規定している。

 
一方、2020年の東京五輪に向け、民泊の推進を掲げる国は、全国の自治体向けに「年間を通じた営業の禁止は不適切」などとするガイドラインを策定。26日にも全国に通知する準備を進めていたことから、逆行するような今回の骨子案の内容は「法の趣旨に反している」と不快感を示している。

 
さらに、城崎温泉のような景観形成地区や温泉法で定められた国民保養温泉地、国立公園や県立自然公園内などでも夏季(7、8月)と冬季(11月~3月)以外の月~木曜日(祝日・祝前日除く)に限定して営業を許可する。

 
また、民泊開設前には近隣住民に説明会を開いて周知を図ることや、ラブホテルとしての利用を避けるため、性的好奇心をそそる設備の設置も禁じている。井戸敏三知事は25日の会見で「(兵庫県では)民泊を使わなければいけないほど、旅館やホテルの利用率が高くはない。現状を前提にした規制内容にした」と説明。その上で「民泊は管理者がおらず、火災や衛生の基準も甘い。安全性を考慮し(ホテルや民宿の順守義務などを定めた)旅館業法とのバランスを重視した」と話した。

 
骨子案に対するパブリックコメントを来年1月15日まで県のホームページなどで募集。集まった意見なども参考に、2月の県議会に条例案を提出するという。
(前川茂之)
---------------------cut 8< チョキチョキ---------------------


# by asanoyayu | 2017-12-25 19:44 | 旅行・体験日記

/// 3度目の旅の思い出帳 ///

f0112434_20013783.jpg
いつものツアーのドライバーさんから、を預かりました。

なんとこのバス会社には、私の彩色墨絵ファンの乗務員さん達がおられると、女将から聞いた。帰ったら、この絵を画いてもらったと自慢しているらしい。本当に有難いことです。

f0112434_20015280.jpg

このドライバーさんも、思い出帳を新たに買われてこの秋からスタート、もう3回もお越しいただいてます。来られるたびに新しいものを画いていく、社長にも出来る営業セールスなんです。

f0112434_20020410.jpg

将を射んと欲すればまず馬を射よですかね!
大切な乗務員さんですからね。今日は「雪椿」を画かせて頂きました。


# by asanoyayu | 2017-12-24 19:59 | 筆誤一会

/// 全国商工会連合会の「観光宝探しノート」に朝野家ジオガイドが・・・ ///

f0112434_19411659.jpg

新温泉町商工会から依頼があり、3年前には兵庫県の「成長期待企業」に、今年は「観光宝探しノート」に掲載して頂きました。

商工会の役員をやっている約得ではありませんよ。

f0112434_19412842.jpg
全国商工会連合会の「観光宝探しノート」は地元の魅力発信するのを目的に「体験」「グルメ」「催し」「特産」「温泉」「見所」の6テーマで、旅行ツアーの商品造成に役立つ魅力を案内しています。朝野家のジオガイドは「体験」で紹介されました。
f0112434_19413908.jpg
12/6日、東京で行われた観光商談会には、この資料と荒湯を中心とした「湯がき文化」、「荒湯の生キャラメル」、「マンガ但馬牛物語」など、新温泉町と湯村温泉をしっかりと宣伝して頂きました。
f0112434_19415424.jpg
ジオガイドの案内は年々アップしていますが、今年143回3,763人のお客様を創造出来ました。


# by asanoyayu | 2017-12-23 19:39 | テレビ・雑誌の取材

/// 早坂先生「夢」をありがとうございます!観光協会芳名帳 ///

16日に、新温泉町特別町民の早坂先生が亡くなった記事が、たくさんの新聞取り上げられました。湯村温泉の記録のために、掲示させていただきます。

なお、湯村温泉観光協会並びに夢千代館の2か所では、芳名帳を設置しております。葬儀は家族葬なので、お別れ会出席の折に届けさせていただきます。

本当にありがとうございました。心からご冥福をお祈りいたします。

f0112434_10180361.jpg
12/18日神戸新聞但馬版
f0112434_10181364.jpg
12/18日神戸新聞社会面
f0112434_10182694.jpg
19日日本海新聞
f0112434_10183696.jpg
12/20日、読売新聞但馬版
f0112434_10185770.jpg
12/20日、日本海新聞但馬版


# by asanoyayu | 2017-12-21 10:25 | イベント・歳時記

/// 木へんに冬と書く ///2017.12.20放送分

f0112434_17430956.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

突然ですが、漢字の問題です。

木へんに春と書いて「椿(つばき)」、木へんに夏と書けば「榎(えのき)」。では、木へんに冬と書くのは、何木でしょうか?

さっぱの先がギザギザで、一年中つややかな緑をたたえている木。そう、答えは「柊(ひいらぎ)」です。秋から冬にかけて香り高い花を咲かせるのですが、それもそのはず、日本の柊は金木犀や銀木犀と同じモクセイ科の常緑樹です。

柊の指さされたる香(かおり)かな

大正生まれの俳人、石田波郷(いしだ・はきょう)が柊の花を詠んだ句です。鋭いトゲのような葉っぱと、強い香りを放つ柊の特徴が、まっすぐに伝わってくるようですね。

柊の指さされたる香かな

白い花を咲かせた柊に近づくときには、甘い香りの虜になるかもしれませんから、どうぞ気をつけてくださいね。

ちなみに、クリスマスの飾りに使われる赤い実をつけたヒイラギは、セイヨウヒイラギと呼ばれています。日本の柊はモクセイ科なのに対して、こちらはモチノキ科。全く別の植物ですが、どちらも葉っぱがギザギザなので、古くから厄除けや魔除けのチカラがあるといわれてきました。

木へんに冬と書く日本の柊と、クリスマスを彩るセイヨウヒイラギ。香りを比べてみるのも面白そうですね。


*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。



# by asanoyayu | 2017-12-20 06:41 | 朝野家・香りの散歩道

/// 今年も恒例の雪吊り、樹木も旅館も支えられています ///

f0112434_14554283.jpg

クリスマスもまだなのですが、昨日から庭師が入り年末の恒例行事の雪吊りが始めました。冬季間樹木の枝が折れないように縄や支柱で枝を支ええます。山陰の雪は水分の多い牡丹雪など振るために、綺麗な枝ぶりも重さに耐えかねて折れてしまいます。

そこで庭木に枝を吊るための支えを付けていきます。雪国ならではの作業です。金沢の兼六園などが有名ですが、水分の多い雪が振る湯村でも行われます。

f0112434_14562892.jpg

玄関の滝横にある槇や露天風呂の桜・紅葉に雪吊りを、ラウンジの千両・万両なども竹すのこの雪囲いをしていきます。

f0112434_14565018.jpg

高い木の場合クレーン車で、縄を何本もたらした支柱を立てて行きます。樹木の芯に立てないといけないので、数人で縄を張りながらコントロールしていきます。支柱が固定されるとそれぞれの枝ぶりに合わせて、1本ずつ正しい位置に放射状に張っていきます。

f0112434_14580788.jpg

藁縄の一方を束ね、丸太にくくります。丸太を起し木の横に立てて、放射状に枝の角度と長さを見ながら縄で枝を支えていきます。。今日は露天風呂の雪吊り、雪囲いをしてもらってます。

30年以上お世話になっている植繁緑化の社長、少し離れたところから全体の進捗状況をチェックしています。寒い中有難うございます。旅館は皆様にも支えられています。

f0112434_14584186.jpg

ピーンと放射状に張られた雪吊りを見ると、凛となります。

来週、門松が届けば外回りの正月準備が終了します。


# by asanoyayu | 2017-12-17 06:51 | イベント・歳時記

/// 脚本家 早坂暁さんが死去 「夢千代日記」など手がける ///

f0112434_00120475.jpg
「夢千代日記」の原作者・早坂暁先生が16日病院でお亡くなりになられました。

NHKの人間模様シリーズ『夢千代日記』3部作をはじめ、舞台、映画と湯村温泉がロケ地となり全国的に有名温泉地の仲間入りをさせていただきました。

亡き父、深町監督と三人は、よく義兄弟のように楽しく語られていたのを、昨日のように思い出します。また、三人で天国で「夢千代日記」について話をするんでしょうね。

10月の父の葬儀には献花や弔電もいただきましたのに・・・。

早坂先生、心よりご冥福をお祈りいたします。
本当にありがとうございました。

=== 脚本家 早坂暁さんが死去 「夢千代日記」など手がける ===
(NHKニュースおくやみ)

NHKのドラマ「天下御免」や「夢千代日記」などの脚本を手がけ、小説家としても活躍した早坂暁さんが、16日、外出先で倒れ、運ばれた病院で亡くなりました。88歳でした。

早坂さんは松山市の出身で、日本大学芸術学部を卒業したあと生け花の業界紙の記者などを経て脚本を書き始め、平和や自由の大切さを訴える作品や温かいまなざしで豊かな人間像を描いた作品を次々に発表しました。

昭和46年から放送されたNHKドラマ「天下御免」では、江戸時代を自由に生きる主人公の平賀源内が奇抜なアイデアで時の権力に闘いを挑む姿を描き、新しい時代劇と評判になりました。

また、原爆投下直後の広島の惨状を目の当たりにした体験から、被爆をテーマにした作品を数多く発表し、胎内被爆した芸者、夢千代を主人公にしたドラマ「夢千代日記」や、原爆で義理の妹を失った実体験に基づく映画「夏少女」などで、原爆の恐ろしさを訴え続けました。

小説家としても活躍し、「東京パラダイス」など戦後の昭和史を独自の視点で描いた作品を発表したほか、故郷の松山市が設けた青春文学のコンテスト「坊っちゃん文学賞」の審査員を長年務めました。

昭和57年度の放送文化賞を受賞したのをはじめ、平成6年には紫綬褒章を受章しています。

関係者によりますと、早坂さんは最近まで各地で講演活動を行っていたほか、来年放送予定のドラマの制作にも携わっていましたが、16日、昼食のため外出した際に倒れ、運ばれた病院で亡くなったということです。


# by asanoyayu | 2017-12-17 00:12 | テレビ・雑誌の取材

/// 余部クリスタルタワー22日から虹色に /// 

f0112434_13104141.jpg

朝野家から車で25分、JR餘部駅の展望施設「余部鉄橋『空の駅』」に、11月26日オープンしたエレベーター「余部クリスタルタワー」は、クリスマス、年末年始を迎え、12月22日から来年1月3日までの期間限定でレインボーカラーにライトアップされます。

ぜひ、お出かけください。

もともと、余部クリスタルタワーは、季節によって色を変え毎晩ライトアップしています。春はグリーン、夏はブルー、秋はオレンジ、冬はホワイトに輝き、特別な日はレインボーに輝きます。

今回の期間中のライトアップは、PM5:00時ごろからPM9:30まで点灯します。

冬の日本海はとても寒いので、暖かい服装と温かい飲み物を用意して出かけてみませんか?

余部クリスタルタワーエレベーター
・高さ:47メートル ・定員:15名
・速度:毎分60メートル(片道約40秒で昇り降りします。)
・利用時間:午前6時~午後9時30分
・利用料金:無料
 
問合せ:香美町商工観光課 0796-36-3355


# by asanoyayu | 2017-12-16 13:12 | 旅行・体験日記

/// 煤払い ///2017.12.13日放送分

f0112434_12011009.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)


今日は「正月事始め」の日です。


煤払いなどを行い、新しい年を迎えるための準備をはじめる日として、江戸時代には庶民の間にも広まりました。


煤払いは、今でいう大掃除のことですが、年神様を迎えるために家の中を清めるという意味合いが強かったとか。隅々まで掃除をして穢れのないようにしておけば、年神様がご利益をたくさん持って来てくださる・・・そんな言い伝えもあったそうで、江戸時代の煤払いは、私たちが想像するよりも、はるかに大事な行事だったようです。

煮炊きをするのに薪や炭を使っていた時代のことですから、天井や壁などは1年間の煤でかなり汚れていたことでしょう。

大きな商家などでは、「ここはひとつ気合いを入れてキレイにしよう」と、煤払いのリーダー役も決めていたそうです。そうして煤払いが無事に終わると、労をねぎらって食事やお酒がふるまわれ、そのまま宴会になることもあったとか。なんだか楽しそうな行事だったのですね。

住まいや仕事場をキレイにすると、晴れ晴れした気分になるのは、昔も今も同じこと。現代の大掃除にもそんなお楽しみが待っていたら、重い腰をあげて「さぁ、みんなでキレイにしよう」と張り切って掃除ができそうです。

この時間から大掃除に取りかかるのは無理ですが、「正月事始め」の今日は、どこか1カ所だけでもキレイにして、年神様を迎える準備をはじめませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。




# by asanoyayu | 2017-12-13 06:54 | 朝野家・香りの散歩道

/// 湯村温泉プチアートNo.1 湯村温泉観光協会自動ドア ///

f0112434_17535550.jpg
湯村温泉観光協会では来訪者の皆様に、少しでも楽しんで頂けるように半径400mのまち創り(TDLやUSJと同面積)を展開しています。「隠れハートを探せ!」「おもしろポスター」「世界Pinmap」「トリックアート」「アートオブジェ」などInsta映えするものを準備しております。
f0112434_17553420.jpg
このたび、新たにシールを貼るだけの『湯村温泉プチアート』も展開中。第1号を観光協会自動ドアに張りました。本当は職員が帰ってから深夜に、こっそりと張って翌朝楽しんでもらったらとイタズラ気分で思いましたが・・・。どう見ても事務所荒らしになってしまいます。
f0112434_17560284.jpg

仕方ないので、職員にことわりを入れて張りました。シールは最近よく利用しているwih、シールは無料で送料が371円なので多分、送料に代金が入っているのでしょうね。

f0112434_17570242.jpg

ネズミ達がキーを持って巣穴に帰るデザインですが、穴を鍵穴に張れれば楽しい鍵穴になります。観光協会長の権限で張ってしまいます。

f0112434_17573156.jpg

自動ドアを止めて、夜中に張っているとこを警察に見つかると、捕まるわなぁ~。

プチアート完成です。湯村温泉観光協会にお越しの時は楽しんで下さいね。


# by asanoyayu | 2017-12-12 17:35 | 湯村温泉 You-murART

/// 社長!また、そんなん買ってきたんですか?! No.20 LED NEON Wheel Lights ///

f0112434_00440217.jpg

よく社員から言われます。「社長!また、そんなん買ってきたんですか?

「そんなん使いますのぉ~???」呆れられます。

『でも、楽しそうやん!』

ピィーンときたら試してみること・・・。必要は発明の母、ならぬ「とりあえず購入は使用の母」です。

f0112434_00444631.jpg

今日は、『LED バイクタイヤWheelLights』です。

いつものWish132円+送料126円で2個入り(ボタン電池も付いてます。

f0112434_00455395.jpg

何に使うかといえば・・・。

バイクや自転車を夜間や悪天候時の可視性を高めて安全性をアップします。

原チャリの空気穴のキャップを取り、ただキャップねじに取り付けるだけ。簡単すぎるぐらいです

f0112434_00525781.jpg
バイクが動いているときはLEDライトが点灯し、停止したときは消灯します。雪があるのでまだ試していませんが・・・、写真を見る限り映画のトロンのバイクの様にカッコよくなります。
f0112434_00465319.jpg
走って点が円ラインなるのを見ることができませんし、そんなに明るくないので真っ暗な道なら綺麗に見えるでしょうが、街路灯のあるところではほとんど解らないでしょうね。後ろの車が少しでも気がつけば良いかなぁ~。


# by asanoyayu | 2017-12-10 07:28 | 社長!また、そんなん買ってきたんですか?

/// 湯けむり人情バラエティー「お風呂頂きます」1/4 22:00~ ///


f0112434_15091900.jpg
「お風呂頂けませんか?」って芸能人が来たらどうする?

湯けむり人情バラエティー 「お風呂頂きます」 NHK1月4日(木)[総合]後10:00 ~スタートします。


古から日本人が愛し、今や世界に誇るお風呂文化。

サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)とスピードワゴン(小沢一敬・井戸田 潤)が、お湯文化を誇る風光明媚な全国市町村を訪問!

この機会に地元のPRを仕掛ける町の広報に邪魔されたり、手伝ってもらったりしながら地元の人々とふれあい、交渉し、家庭のお風呂に入れてもらう事を目指す人情バラエティーが1月4日に放送されます。

第一回目は湯村温泉。
4人が訪れたのは、兵庫県新温泉町。全国でも数少ない町名に「温泉」が入る町。平安時代からの温泉文化を誇り、かつて、ドラマ「夢千代日記」の舞台ともなったお風呂文化溢れる町です。町役場が仕掛ける特産品の松葉ガニや但馬牛の売り込みに乗ってしまい、絶品料理を楽しみながらも、「お風呂頂けませんか?」と、お風呂に入れて頂けるご家庭を探し交渉。

さてさて!やっと情報公開になりましたが、タレントの写真はNGなのでリンク先に飛んでご確認してください。

---------------------cut 8< チョキチョキ---------------------
サンドウィッチマンとスピードワゴンからコメントが届きました

サンドウィッチマン・伊達みきおさん
全国的にも珍しい「温泉」と名の付く町で、なんと自宅のお風呂に入れて頂くという無謀なロケでした。一体、どれだけの方が自宅の一番奥にあるお風呂に他人を招き入れてくれるのか…。美味しい旬の味覚、超高級なお肉も沢山食べさせていただきました。 心と身体が温まる番組になったはずです。多分、第2弾はないと思いますので(笑)、ぜひご覧ください。

サンドウィッチマン・富澤たけしさん
ロケは雨、雪、あられまで降る寒い日でしたが、町の人たちのあたたかさに触れ、お風呂のあたたかさににも癒やされるポッカポカな番組になっています! 年始に家族みんなでぜひご覧下さい! あ、ポロリもあるかも!?

スピードワゴン・小沢一敬さん
お正月早々の放送なのに他人様のおうちのお風呂にあがらせてもらう、なんというふざけた企画なんだと思いました。
僕の家族はお正月、いつも親戚のおじちゃんやいとこのお姉さんたちとおばあちゃんの家に集まって過ごしていました。大人数で順番にお風呂に入る。正直苦手でした。普段ほとんど会わない人たちや、おばあちゃんのお家の普段入らないお風呂。ずっと苦手なまま大人になり、この番組で他人様のおうちのお風呂に入らせてもらうことになりました。お風呂に入るということは飾りも何もない裸の自分を見せること。その人のことを前よりも好きになれる。将来みんなが訪ねて来たらみんなで入れる、大きなお風呂のあるおうちに住みたいと思いました。


スピードワゴン・井戸田 潤さん
よそ様の自宅のお風呂に入る番組.....正直気乗りしてなかったです。しかもガチで交渉。こりゃNHKさんもヤキが回ったと思いました。お風呂は好きですが、それはあくまで銭湯とか自宅の風呂の話であって…。でも、実際にやってみると、風呂も、お世話になったご家族の話も、あったまりました。なんだか実家に帰りたくなるような番組です。皆さんもぜひ見てあったまってください。


# by asanoyayu | 2017-12-08 15:10 | テレビ・雑誌の取材

/// 燃えろよペチカ ///朝野家・香りの散歩道2017.12.06

f0112434_00505258.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

クリスマスシーズンには、クラシック音楽の演奏会にお出かけの方もいらっしゃるでしょう。


今日12月6日は「シンフォニー記念日」です。1913年、大正3年のこの日、日本人が初めて作曲した「かちどきと平和」という題名の交響曲が、発表されたことに由来する記念日だとか。

その日本人とは、ドイツのベルリンに音楽留学をして、帰国したばかりだった若き日の山田耕筰(やまだ・こうさく)です。

日本でオーケストラの設立に力を尽くし、西洋音楽を広めた山田耕筰ですが、詩人の北原白秋(きたはら・はくしゅう)とコンビを組んで、たくさんの童謡も世に送り出しました。「からたちの花」、「この道」、冬の歌では「ペチカ」も二人の代表作です。

雪のふる夜は たのしいペチカ
 ペチカ燃えろよ お話しましょ
  むかしむかしよ 燃えろよペチカ


北国のロシアから北海道に伝わったといわれる暖炉、ペチカのまわりに人々が集い、語らう、心あたたまるひととき・・・。

雪の夜に薪が燃える匂いや、パチパチとはじける音まで聞えてきそうな歌ですね。

日本語の言葉の響きを大切にした、山田耕筰の美しいメロディーは、今も心にしみる名曲として歌い継がれています。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


# by asanoyayu | 2017-12-06 06:50 | 朝野家・香りの散歩道

/// 空の駅から見る20:47餘部(浜坂発→豊岡行き)の普通列車・最終便 ///

f0112434_23153681.jpg
夢千代日記では、吉永小百合さんが浜坂からの神戸のお医
者さんに、診てもらいに行くのに通ったのが、この餘部鉄橋だったのです。

偶然にも、20:47餘部(浜坂発→豊岡行き)の普通列車・最終便に遭遇しました。

空の駅は餘部鉄橋の上にあり、新しい線路は新しい余部橋梁の上にあるため、列車を平行撮影できるのです。

また、餘部駅は無人駅なのでゆっくり列車を見ることが出来ます。

# by asanoyayu | 2017-11-30 23:07 | 旅行・体験日記

/// ハーバリウム ///2017.11.29放送分

f0112434_12502721.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

もうすぐ12月ですね。街角のイルミネーションを眺めながら、クリスマスプレゼントは何にしようか・・・と、思いを巡らす方もいらっしゃるでしょう。

手づくりのものなら、たとえば、おしゃれなインテリアとして注目されている「ハーバリウム」はいかがでしょう。ハーバリウムとは、透明なガラス瓶の中に花や緑を入れた植物標本のことです。

もともとは植物学から生まれた言葉で、たくさんの植物標本を集めて研究する施設のことをハーバリウムと呼ぶのだとか。ちなみに、世界最大規模のハーバリウムは、世界遺産にも登録されているイギリスの王立植物園キューガーデンの一角にあるそうです。

インテリアとしてのハーバリウムは、それを小さく小さく小さく、手で持てる大きさのガラス瓶で楽しめるようにしたもの。今年の春あたりから人気が広がりはじめ、日本各地にハーバリウムの教室も誕生しています。

作り方は簡単で、細長いガラス瓶にドライフラワーやプリザーブドフラワーを入れ、専用のオイルを満たすだけ。花の組み合わせによって季節感が生まれ、光が当たると透明感のある素敵なインテリアになります。もちろん、クリスマスをイメージした色づかいのハーバリウムも出来ますよ。

初心者用のキットも販売されていますが、山陰にも日本ハーバリウム協会が認定した教室があります。興味のある方は、レッスンを受けてみてはいかがでしょう。


*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。



# by asanoyayu | 2017-11-29 07:49 | 朝野家・香りの散歩道

/// 薬師湯・足湯「ジロンポの湯」「タロンボの湯」 ///

f0112434_22215715.jpg
浜坂道路完成式の前に、9:00~湯村温泉の薬師湯で足湯の命名式が行われました。
f0112434_22225065.jpg

iPhoneを忘れたので、薬師湯さんUP記事をシェアさせていただきます。「ジロンポの湯」「タロンボの湯」は良いですね。

f0112434_22230613.jpg

小型バイナリー発電後の温泉の有効利用です。『ジ~ロンポ、タ~ロンボ~♪ ム~ギノナ~カノ、ク~ロンボ~♫』は子供のころから親しんだ火祭りの音頭。

f0112434_22231856.jpg
ぜひ!お入りください。
湯村温泉の足湯は「荒湯・足湯大根物語」「夢千代館・アオギリの湯」「薬師湯・ジロンポの湯/タロンボの湯」の3か所。 後は考え方と仕組みで「北駐車場」、「清正公園」と「ゆけむり広場」の3か所は造れるなぁ~。回遊性温泉地『温泉天国』なら必要だよな!!


# by asanoyayu | 2017-11-26 22:25 | 旅行・体験日記

/// 26日11:00から山陰近畿自動車道・浜坂道路の開通 ///

f0112434_21571162.jpg
26日11:00から山陰近畿自動車道・浜坂道路の開通式に来ています。
f0112434_21573517.jpg
余部から浜坂までの道路が完成し、観光道路としても東向き主要道路が確保されました。

f0112434_21574533.jpg
一般車両は16:00から通行できます。
f0112434_21580038.jpg
余部のクリスタルタワーと同日オープン、12:00から利用することが出来ます。合わせてお楽しみください。


# by asanoyayu | 2017-11-26 21:58 | 旅行・体験日記

/// 11/26日「余部クリスタルタワー」が完成! ///

f0112434_22310999.jpg

明治45年の完成から約100年間、JR山陰本線の運行を支えてきた余部鉄橋。

f0112434_22314121.jpg

平成22年8月、新しくコンクリート橋に架け替えられましたが、JR餘部駅側の3本の橋脚は現地保存され、平成25年5月に余部鉄橋「空の駅」展望施設として生まれ変わりました。

f0112434_22320568.jpg
ただ、展望施設までの急こう配の上り坂が大きな負担となっていました。

展望エレベーター(愛称:余部クリスタルタワー)設置工事が11月に完成し、平成29年11月26日(日)正午からOPEN致します。 皆様、是非お越しください。

f0112434_22323403.jpg
☆エレベーターは定員が15名で、片道約45秒をかけて上下します。全面ガラス張りなので、乗っている間も眺望を楽しむことが出来ます。


# by asanoyayu | 2017-11-25 22:29 | 旅行・体験日記