朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

タグ:夢千代日記 ( 4 ) タグの人気記事

【 8/4 午後9時~10時30分 NHK BSプレミアム「花へんろ特別編 春子の人形」】ぜひ!

f0112434_18045236.jpg
【 8/4 午後9時~10時30分 NHK BSプレミアム】

スペシャルドラマ「花へんろ特別編 春子の人形」未来のために書き残したいという気持ちから、早坂先生が病と闘いながら執筆を続けた最後の作品です。

実は早坂先生の実話に基づいて、この作品は書かれています。


広島原爆で行方不明になった妹は、お遍路さんが実家託した赤ちゃんだった・・・。2人ともお互いが好きで血の繋がっていないのを知って、松山から会いに行く途中で被爆したかも知れない・・・。多分そうだ!!!

私は妹に会うために、広島を目指した。広島駅に列車がついた夜、辺りは暗く、色々なものが焦げて異様な匂いがした。目を凝らすと暗闇の中に無数の青白い燐(火の玉)が浮かんでいた。でも、この荒廃した中で、かすかに赤ん坊の声が聞こえた。確かに聞こえた。

f0112434_18050319.jpg

赤ん坊の声と原爆が体内被曝として描かれ、弱者が支え合うか弱い置屋の女将、白血病の芸者役の吉永さんが、この文学を生んだのです。

『夢千代日記』を書かれたときに、私が早坂先生から聞いた話です。

夢千代日記が人々に訴えたのは「被爆」と「支え合う」という人類不滅の問いだと思っています。

早坂先生、こんな素晴らしい作品を残して頂き、本当に有難うございます。


by asanoyayu | 2018-08-02 07:51 | テレビ・雑誌の取材

/// 「NHK 夢千代日記」NHKのHP ///

f0112434_20160510.jpg
先日、湯村温泉が大変お世話になった作家・早坂暁先生が無くなられました。毎年、年末になるとNHKアーカイブで、『夢千代日記』の放映が衛星放送で行われる。

夢千代日記には「人は一人では生きていけない」「人類最悪兵器・原爆」「弱い人の生き方」人間の本質が描かれています。

f0112434_20162160.jpg

また、早坂さんのシナリオの底に流れているのは「思いやり...」と「優しさ」の世界。人間の心のぬくもりをじんわりと感じることができます。

不変のものは人々に求められ、受け継がれ、37年前のテレビドラマは色褪せることなく名作と語られている。

新温泉町商工会の新たな事業説明に、『夢千代日記』ことが書かれていて、改めて「NHK 夢千代日記」と検索をかけると素晴らしいNHKのHPに出会ったので、アップしておきます。

f0112434_20163269.jpg

/// エピソード ///(早坂暁さん)

原点は16歳で見た終末の光景

脚本の早坂暁さんは、「いつか原爆のことを書きたい」という思いを長年抱き続けていたそうだ。それが、胎内被爆した主人公・夢千代で結実した。きっかけは、海軍兵学校の生徒だった早坂さんが終戦で故郷に帰る車中から見た光景にあった。

早坂さんが乗った貨物列車が夜になり、広島駅に停車。駅舎もプラットホームもなく、そこから荒野のように見渡す限り何もない広島市内が見渡せたという。廃墟には何百、何千という数の青い火が燃えていた。おりからの雨で死体から流れたリンが燃えていたというのだ。

当時、16歳の早坂少年は「若くして終末の光景を見てしまった」とショックを受け、いつかこのことを書かなくてはと思ったと語っている。

/// 山陰の風景を胸に刻んで・・・ ///(吉永小百合さん)

夢千代を演じた吉永小百合さんは、NHKからの出演依頼を受けたとき、「“ドラマ人間模様”の枠で、脚本は早坂暁さん、演出は深町幸男チーフ・ディレクターにお願いしたい」という希望を出したそうだ。

早坂ドラマの限りない優しさが大好きだったからだという。たとえば、第5回(最終回)に、樹木希林さんが演じる芸者・菊奴が旅役者に入れあげて、さんざん貢いだあげく裏切られるというエピソードが描かれている。落胆する菊奴に、「菊奴さん、あれは夢だったのよ……」とみんなが慰める。そんな優しさに吉永さんは胸がジーンとしてしまうという。

ぜひ、ご覧ください!。



by asanoyayu | 2017-12-26 20:12 | テレビ・雑誌の取材

/// 湯村温泉を舞台にしたあの名作『夢千代日記』が来年、京都南座で ///

f0112434_14233057.jpg
昨日、お客様から「朝野家に来たら、『夢千代日記』撮影の常宿だと客室係から聞いた。折角、湯村温泉に来たのでもう一度、『夢千代日記』をじっくり見て、撮影現場を散策したいんだけど・・・、何とか見ることはできませんか?」とリクエストを頂きました。

違法なのは解っているのですが、湯村ファンになって頂くために、朝野家コレクションの夢千代日記のDVD5巻とレコーダーを貸し出しました。

f0112434_14243475.jpg
湯村温泉を舞台にしたあの名作が、前進座によってよみがえります。
戦争、被爆、支え合って生きるのテーマは、現代に一番ふさわしい物語。今、もう一度・・・。

『夢千代日記』
  山あいの温泉町・・・・・
  置き屋の女将、夢千代と
  心を寄せ合って生きる
  女たちが織りなす
     人間模様

  もう少し
  生きてみようと思います
  いいでしょう お母さん

f0112434_1425760.jpg
【ストーリー】
山陰の山あい、余部鉄橋を越えたあたりの、忘れられたような町・湯の里温泉。
《はる家》はその町の小さな置屋である。そこには、芸者の菊奴や金魚、賄いのスミといった、哀しい過去や心に傷を負った女たちが肩を寄せ合うように暮らしていた。

亡き母の跡を継いだ《はる家》の女将・夢千代は、いつも自分のことより周りのことを気遣いながら生きてきたのだが、その身体は病に蝕まれていた。

その《はる家》に見知らぬ男が迷い込んで来た。 彼は、まったく記憶を失っていたのである。
そして何時しか、過去を捨て夢千代のいるこの町で暮らすことを望むようになる。そんな折り、《はる家》を乗っ取ろうとするヤクザの沼田らが入って来る。ところが彼は幼い頃広島で、夢千代の母に助けられていた・・・。

もう少し広島での母の事を知りたい。そして自分の過去から逃げてはいけないと夢千代は思うのであった。
一方、見知らぬ男の過去とは・・・。

f0112434_14254066.jpg
1981年にNHKドラマ人間模様『夢千代日記』は、吉永小百合さんが体内被曝者として、人生の吹きだまりの様な温泉町の芸者で登場したことで視聴者を魅了しました。撮影時は朝野家にお泊り頂きました。私も警官のエキストラで松田優作さんを追って、春来川の中を走りました。

日 時:2016年1月10日(日)~19日(火)
場 所:京都四條 南座
問合せ:前進座京都営業所 075-561-6300
by asanoyayu | 2015-05-17 14:29 | イベント・歳時記

/// 今夜9:00~、BS朝日で映画「夢千代日記」がテレビ放送されます ///

f0112434_18215892.jpg本日、北大路欣也さん、吉永小百合さん主演の、 映画「夢千代日記」がテレビ放送されます。
夜9:00~11:00で「BS朝日」でお楽しみくださいませ。
f0112434_18223849.jpg物語の舞台は兵庫県美方郡温泉町(現:新温泉町)の湯村温泉。作品では「湯の里温泉」となっています。
f0112434_18231175.jpgNHKドラマ放映後、「夢千代の里」として脚光を浴び、温泉街の中心部である荒湯のそばに吉永小百合をモデルにした「夢千代の像」が建てられています。
f0112434_18234627.jpgまた平成16年11月に資料館「夢千代館」がオープンしました。
f0112434_18242515.jpg館内には湯里銀座や煙草屋旅館内部などが再現されています。
f0112434_18245275.jpg物語中で芸者たちが度々舞う「貝殻節」は山陰地方でのみ知られる民謡だったが、このドラマで一躍全国的な知名度を得ました。
テレビ放映後、東映で映画化されました。

-------------------------------------------------------
夢千代日記 ~あらすじ~  原作 早坂 暁
胎内被爆し、白血病であと3年の命と宣告された永井左千子(夢千代)が母の残した山陰の小さな温泉町の置屋を女手ひとつで切り盛りする中で披女を収り巻く人間関係が多重に交差し、その人間模様を綴った病床日記を通じて物語は展開していきます。

制作 1985年 日本
監督 浦山桐郎
出演 吉永小百合、北大路欣也、樹木希林、名取裕子、田中好子

吉永小百合さん主演の日本映画「夢千代日記」。余命半年の宣告を受けた芸者・夢千代さんが住み慣れた温泉町で過ごす“残りわずかな日々”。そこに生まれた淡い恋心を描いた珠玉の物語です。名取裕子、田中好子、樹木希林など魅力的な女優陣が演じる芸者衆それぞれの「愛のありかた」にも心打たれる事でしょう。
by asanoyayu | 2011-05-21 18:27 | 社長お勧め商品