朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

タグ:夢千代 ( 4 ) タグの人気記事

/// 26年目の平和の折り鶴 ///

f0112434_14402469.jpg

新温泉町と湯村温泉観光協会は、今年も千羽鶴と湯村温泉の温泉、集まった浄財を持って、母の故郷・広島にお持ちします。

体内被爆者と人が支え合っていきていることを描いた「夢千代日記」をきっかけに、ロケ地になった湯村温泉は、被爆者が利用される原爆養護老人ホーム2カ所に温泉を贈り、入浴や足湯に利用して頂いてます。


今年は西日本豪雨で被害にあった広島市安佐北区と東区にある養護ホームの2カ所に温泉10トンお届けします。

また、夢千代像に集まった浄財と旅館や店舗で、観光客や住民、社員が折った折り鶴5万羽も毎年平和記念公園や各施設に納めています。

また、あの暑い日がやってきました。


by asanoyayu | 2018-07-24 14:37 | イベント・歳時記

NHK総合テレビで夢千代日記がスタートしました。

f0112434_01033348.jpg
NHK総合テレビで夢千代日記がスタートしました。
f0112434_01044531.jpg

追悼 早坂暁さん 夢千代日記(1)<全5回>が、1月8日の午前10時55分~ 午前11時50分始まります。3日連続放映ですが、時間が違うので注意して下さい。

http://www4.nhk.or.jp/P3128/

f0112434_01110430.jpg





第2回プラチナブロガーコンテスト



by asanoyayu | 2018-01-08 11:16 | テレビ・雑誌の取材

/// 追悼 早坂暁さん 夢千代日記(1)<全5回>が、1月8日の午前10時55分~ ///


f0112434_01112028.jpg
追悼 早坂暁さん 夢千代日記(1)<全5回>が、1月8日の午前10時55分~ 午前11時50分始まる。

http://www4.nhk.or.jp/P3128/

f0112434_01033348.jpg
------✂︎ NHK------...
12月に亡くなった脚本家・早坂暁さんを追悼し、代表作「夢千代日記」(全5回)を再放送する。再放送に先立ち、「夢千代日記」の主人公を演じた吉永小百合さんのインタビューも交え、市井の人々に焦点をあてた、早坂さんの作品世界を紹介する。
f0112434_01044531.jpg
【作】早坂暁,【音楽】武満徹,【出演】吉永小百合,秋吉久美子,樹木希林,中条静夫,夏川静枝,長門勇,加藤治子,林隆三
------✂︎ NHK------
f0112434_01051932.jpg
3日連続で放映されますが、時間が変わります。注意をしてください。当時を思い出しながら、また、初めての方も、ぜひご覧ください。


by asanoyayu | 2018-01-06 01:07 | 社長お勧め商品

/// 夢千代はどこへ行った? ///

f0112434_17333495.jpg
娘が温泉好きの歯医者さんから借りてきた本「温泉批評2014春夏号」の総力特集に懐かしい文字が躍っていた。少し昔の雑誌だったのですがUPします。

f0112434_1736928.jpg
昭和56年に放映された「夢千代日記」の話だ。夢千代日記はNHK人間模様シリーズで放映されたが、55年に湯村温泉をロケ地として撮影された。56年に「夢千代日記」5話、57年に「続夢千代日記」5話、59年に「新夢千代日記」10話が放映されて、60年に東映が映画化された物語です。今年、37年目を迎えています。

f0112434_17365019.jpg
また、60年には新橋演舞場で、三田佳子さんが初舞台を行い、名鉄劇場、歌舞伎座など数々舞台化されています。よく同業者の人から「いまだに夢千代日記か?いつまでもしがみ付いていないで・・・」と言われるのですが、夢千代日記の根底に流れているものを知れば、文芸作品だとわかってくれます。

f0112434_17374551.jpg
昭和の名女優・吉永小百合さんの代表作の一つ、しかし時代を超えて人々に訴えるのは、「人間関係」「体内被曝」の話。人は弱く一人では生きていけない。弱い者同士が・・・、欠けている人々が支えあって懸命に生きている。人類共通の心の繋がりと優しさ、人類最悪の発明品での被爆の2大テーマが作品になっています。

だから、毎年のように再放送されているのです。東北の原子力発電所震災時にも、すぐにテレビで放映されました。

f0112434_17381975.jpg
志賀直哉の「城の崎にて」は1917年(大正6年)はちょうど100年、尾崎紅葉の金色夜叉は1897年(明治30年)で120年、『100年経ったら文化なり』。

夢千代日記もあと63年、これからも捨てることなく、続けて磨きあげれば必ず文芸作品となります。
by asanoyayu | 2017-01-25 17:39 | 旅行・体験日記