朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

タグ:案内所会議 ( 1 ) タグの人気記事

/// 今年も各地から集合、『朝野家38回目の案内所会議』 ///

f0112434_20421399.jpg
今日は朝野家38回目の案内所会議です。20才で帰って38年経ちました。

名古屋〜福岡までの各地案内所の所長さん方に年に一度朝野家に集まって頂き、今年の集客、問題事項などを協議し、来年度の営業目標を決めていきます。

今年は、朝野家・湯村温泉は知ってても、泉質・バイナリー発電などはご存知ありませんので、湯村温泉のジオガイドをして、もう一度、湯村温泉を見直して頂きました。

f0112434_20425498.jpg
荒湯でゆでたまごを体験して頂いてます。 湯村温泉は住民以外に、観光客・来訪者にも解放された温泉は、全国的にも珍しいんですよ。

卵を湯がく時は間違えないように番号を覚えておいてください。また、12分ぐらいでゆで上がるので(堅茹は15分)時間も確認してください 茹であがると水につけて、少し冷やすと殻が取れやすくなります。

f0112434_20431719.jpg
丁度、薬師湯に行くと地域振興課の谷口くんが、長崎大学の馬越博士にペルチェ素子発電の実験をしてましたので、便乗させていただきました。 馬越先生は4年前、小浜温泉がバイナリー発電をするということで、小野教授やエディットの藤野さんと一緒に湯村温泉をご案内しました。 湯村にバイナリーが出来たので、見に来られたようです。

ペットボトルの間にペルチェ素子を挿み、一方に水、もう一方に温泉を入れると・・・。あぁ~ら不思議。 その先に繋いであるファンが回り始めました。 温度差で電気が起こり、その電力でファンが回ったのです。湯村温泉が目指すecoな温泉熱発電です。

f0112434_20435939.jpg
湯村温泉温泉熱バイナリー発電の流れを、話して頂いてます。湯村温泉が目指すecoな温泉熱発電です。

f0112434_20481036.jpg
懇親会では、松葉蟹、セコガニ、紅蟹の三種類、但馬牛の岩塩板焼きを山葵で頂きます。「朝野家・紅蟹の贅沢煮」は子供のころに食べてた、家庭料理を旅館風にアレンジしたものです。

f0112434_20485733.jpg
紅蟹1枚を使い、解した身と蟹味噌を甲羅に入れて、蟹足を並べて、炊きます。煮立ったら、卵の黄身と田舎味噌、青葱を入れて混ぜます。ご飯にのせて・・・。

f0112434_20493746.jpg
朝野家名物但馬牛の岩塩板焼き。
ヒマラヤ産岩塩板の上で、但馬牛の焼いて食べると、ほのかな塩味が肉に付きます焼けたお肉は、岩塩板でほんのりと塩味がつきます。タレではもったいないので、レモンとたっぷりの本ワサビで頂きます。

f0112434_20511698.jpg

本ワサビだからツーンとした刺激はなく、但馬牛の脂をサッパリとし、爽やかな甘みが鼻を突きぬけます。美味い但馬肉は塩と多めの本ワサビが最高です。

楽しい時間は続きます。
by asanoyayu | 2014-11-21 09:39 | イベント・歳時記