朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

タグ:看板 ( 2 ) タグの人気記事

/// 趣味のホーロー看板が増えました ///

f0112434_17443012.jpg
趣味で集めた琺瑯看板枚数は、17年ぐらいかけて120枚にもなりました。
このがらくた趣味に仲間が増えました、「東芝のマツダランプ」「柴田ゴム ハト印の店」の3点です。
専務が知人から分けて頂いたようです。

f0112434_1745132.jpg
柴田ゴムは神戸で生まれたシバタ工業株式会社で、現在は明石市に本社があります。
ゴム合羽のメーカーで、今もハトのマークが使われています。両面同一で平面でも軒下付けでも出来るようになっています。

f0112434_17453676.jpg
東芝のランプで下に本当のソケットが付いていた模様です。
子供のころは必ず電気屋の店先に系列の物がありました。電球が切れているか確かめる装置(テースター)と看板を兼ねたものです。

f0112434_1746292.jpg
湯村温泉観光協会の『まちかどギャラリー琺瑯看板コレクション』として、朝野家通用門の一角に40枚ほど提供し、取り付けられました。今ではほとんど見るこ&#とがなくなった「キンチョール」「ボンカレー」「オロナミンC」など明治時代から昭和にかけて、家の壁や塀、農家の納屋など街のあちこちに張られていたもので、日本の風景には欠かせない懐かしいアイテムです。

f0112434_17486100.jpg
琺瑯とは金属の面を保護または装飾することを目的に、ガラス質の釉を塗り焼き付けたもので、古くはエジプト時代、ツタンカーメン王の黄金のマスクにもこの琺瑯が使われています。

f0112434_17505285.jpg
ホーロー看板は、デザインされて金属に版画のように1色ずつ、色を入れ色ガラスを焼き固めます。
色数と精密模様が増えれば増えるほど高価になります。「磯じまん」の場合、黄・黒・赤・白・緑の5色、5回炉で焼いた事になります。

その琺瑯を使ったホーロー看板は、最も多く作られたのは昭和30年代で、カラーテレビの普及率がまだ低かった時代に、取り付けてあった派手な色使いの看板は、人目を引いたのでした。ホーロー看板は、昭和懐かし物件として有名です。

f0112434_17514324.jpg

こげ茶の塀、木製電柱、はだか電球と、看板の前に立ってカメラをセピア設定にして写真を撮れば昭和時代にタイムスリップ。なつかしい世界が広がります。豊かな時代、昭和。親子・夫婦・ご家族で思い出していただければ幸いです。始末に困って琺瑯看板がいらない方は着払いで朝野家にお送り下されば、『まちかどギャラリー琺瑯看板』に掲示させていただきます。

朝野家通用門(裏門)前にはバス停風の「まちかどギャラリー」立て看板を目印に。
見学のお客様へ、通用口になりますのでお車にご注意ください。
by asanoyayu | 2013-07-30 17:56 | 社長お勧め商品

/// 温泉町観光協は広告看板設置で、現地視察を行いました ///

f0112434_23102692.jpg観光協会事業部の広告看板設置で、現地視察を行いました。

22日、雨の中、鳥取道方面の候補地を見て回りました。
湯村温泉への道路誘導看板は合併前の観光協会単独の看板、旧町が設置し協会が維持費を見ている看板、旅館組合との話で旅館看板の軒下を借りている看板(おもに湯村温泉の文字と距離数のみ)の3タイプがあります。鳥取2か所、町内4カ所、東に2カ所に設置されています。

今回設置する看板は鳥取53号線沿いにあったのですが、バイパスがついたため撤去したものを場所を変えて新設するものです。早速業者の地図と写真を頼りに53号線の鳥取自動車道路の河原道の駅からお客様目線で場所の選定に入ります。
f0112434_2313302.jpg鳥取の南北の新大動脈で南は中国縦貫道佐用JCTにつながります。

候補地は2か所でしたが、1か所は並木があり、見える時間が短いために、もうひとつの上り坂の横の空き地が有力になりました。
f0112434_23252082.jpg事務局から詳しい状況を聞きます。

まず並木がなく、上り坂で速度が少し落ちること、信号が手前にあるため車が止まるとより分かりやすいという点が優位性です。

折角の機会なので、現在ある9号線バイパスの看板も管理名目でチェックしました。
看板はお客様目線で設置することが大切です。

迷いそうな場所での誘導や堪忍のために、ある一定の間隔を持って設置することが大切です。また、統一ロゴや色なども同じにして、インプリントすると同じものを見ると心理学的に安心と信頼をさせることが出来ます。ブランドロゴがこれに当ります。

迷いそうな時の看板はそれに当りますが、ロゴや色が不統一だとインプリントになりません。コンビニやMcなどのナショナルチェーン店は、全国統一感の看板ロゴや色彩で品質を保証しています。
f0112434_23265874.jpg今回の看板も湯村温泉のロゴ・色、夢千代のイラストなど他の看板との統一性を目指しています。
実物はカラーなのですが、看板のイメージは白黒でこんな感じになります。
by asanoyayu | 2010-09-27 00:35 | まちづくり・人づくり