朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

タグ:砂の美術館 ( 4 ) タグの人気記事

/// 「鳥取砂丘砂の美術館」4/14日~第11期展示「北欧編」が開幕 ///



朝8:30〜砂の美術館第11期展示・北欧編のオープニングセレモニーに、出席しています。 早速、見学。第1回目から見にきてますが、構成力、表現力の素晴らしさは年々上がっています。





















動物の毛並み、腕の血管などを見るとブロンズ彫刻の様で、これが砂で作られているとは思えません。

湯村温泉・朝野家から車で45分(30km)の砂の美術館へお出かけください。

-------CUT-8<-----日本海新聞4/14日

【 幻想的、遊び心満載 鳥取砂丘砂の美術館・北欧編 】

国内唯一の砂像の屋内展示施設「鳥取砂丘砂の美術館」(鳥取市福部町)で14日、第11期展示「砂で世界旅行・北欧編 美しい大自然と幻想的な物語の世界へ」が開幕する。

9カ国から来日した19人の砂像彫刻家が手掛けた北欧神話やアンデルセン童話など多彩な22作品が一堂に並ぶ。来年1月6日まで。

13日は内覧会があり、約80人が来館した。今期は2557トンの砂を使用。入り口側から会場を眺めると北欧神話など大人向けの作品が一望でき、逆側からは童話や児童文学をテーマにした子どもに人気の作品が並んで見えるなど会場全体で連携する演出にも挑戦した。

15分に一度、フィヨルドの風景をモチーフにしたメイン作品の上空をライトで照らしてオーロラを出現させたり、作品の間に水を流して自然や神話の世界観を演出したりと砂以外の表現にもこだわった。

同館の茶圓勝彦総合プロデューサー(57)は「目線や動線にも気を配り、作品全体に遊び心を施した。何度も見たくなる仕掛けがあるのでじっくり鑑賞してほしい」と話した。

14日は午前8時半に同館駐車場のウエルカム砂像前で開幕式がある。同9時開館。今季は50万人以上の来館者数を目指す。(浜田匡史)

------------CUT-8<----------






by asanoyayu | 2018-04-14 19:11 | 旅行・体験日記

/// 4月14日世界で初めて常設「砂の美術館」オープン ///

f0112434_9561154.jpg8/9日、鳥取砂丘のサンドパルとっとりの隣接地で、鳥取砂丘の一角に建設する常設の「砂の美術館」の起工式が行われました。
f0112434_9564380.jpgこの美術館はこれまで鳥取市が、鳥取砂丘のシンボルとして2006年から海外石像作家を招き行ってきたもの。
「2006年-イタリア・ルネサンス」、「2008年-世界遺産・アジア編」、「2009年-砂で世界旅行・オーストリア編」、「砂で世界旅行・アフリカ~偉大なる大陸の歩みを訪ねて~編」の計4回仮設テントで行われ、来場者延べ100万人を超えました。
f0112434_957177.jpg10万年以前の古砂丘の細かい砂での巨大な砂像を制作は、悪天候で閉館する日もあり、台風で崩れるなどの危険がありました。
このたび常設施設を造ることになり、来年4月の開館を目指しています。

f0112434_1043156.jpg延べ面積2,800平方メートルの建物は、砂丘を見渡すことの出来る2階建地下1階。

砂丘や日本海をモチーフにした屋根から自然光をとり入れた近代的なデザイン。2階回廊からも、砂像を見ることができる吹き抜け構造です。

場所は朝野家から車で約25分の鳥取砂丘内に出来ます。
4月14日、世界で初めての常設「砂の美術館」、オープン展示は「砂で世界旅行・イギリス」です。

現在は工事中ですが、鳥取砂丘市営駐車場、鳥取砂丘情報館サンドパルとっとり駐車場などでその迫力と施密なデザインを垣間見ることが出来ます。
来年の春はぜひ、 朝野家にお泊まりいただき 、「砂の美術館」にお出かけ下さい。
by asanoyayu | 2011-08-15 10:11 | イベント・歳時記

/// どうやって作ったんだろう?「砂の美術館」の砂像 ///

f0112434_0213381.jpg湯村温泉・朝野家から車で30分の鳥取市福部町で「砂の美術館」 第4期 砂で世界旅行・アフリカ ~偉大なる大陸の歩みを訪ねて~が開催されていますが、楽屋裏のお話です。
f0112434_0311993.jpg「砂の美術館」で大きく、精巧に作られている砂像を見ている「どうやって作ったんだろう」と思います。

時々気になり見に行くと、クレーン車で大きな型枠が組まれています。
f0112434_039448.jpg作品の大きさや形、長さによって長方形や正方形に組まれ、大きな型枠の中に何トンもの砂を詰める作業が行われ、それを何段も重ねたピラミッド型に積み上げられていきます。

次に大量の水を、砂を詰めた型枠の上から流し込み、機械などで上からたたき圧縮し、約1ヶ月置き、砂が自然と密度を高め、崩れにくい構造になるようにしているのです。

f0112434_0321938.jpg作品の裏を見ていただくと表と違って、ビラミット型になっていないので型枠をそのまま残しています。

それでも崩れやすいところは土嚢を積んで、支えています。
f0112434_0403534.jpg砂像の緻密さゆえに、砂の中に凝固剤などを混ぜてあるのでは…と思うかもしれませんが、

砂と水だけで、砂の中には何も含まれておりません。砂のかたまりを水でしめ固めながらの作業なので、焦ってしまうと、土台が崩れやすくなり、せっかくの砂像自体が壊れやすく、時には制作途中で崩れてしまうという危険性もあります

作品を製作する時は、型枠を上のほうからはずしていき彫刻をすすめていき、1段ずつ完成していきます。砂像家によって異なるのですが、型枠の外す時が非常に難しく、取る時に崩れる場合もあります。上を取り、次に下の段の制作に入っていきます。
f0112434_033173.jpg入口前で、ライオンの砂像のデモンストレーションで、パレットナイフでライオンの目を削り出しています。こうやって丁寧に削り出していくんですね。
f0112434_033484.jpgメインの動物の目は目に光が反射しているように、白く見えるのですが、実際は黒目を表現するのに、深く掘れば掘るほど陰で黒くなります。
f0112434_0342331.jpg一番真中を深く、白眼に向かって3段階にしています。
f0112434_0344371.jpgさらに一番上に半円に削ることで、目が反射しているように見えるのです。すごいですね。
作品が出来ると長い間の開催なので、野外の砂像は、表面が風化でひび割れたり崩れるのを防ぐためにグルーという砂像用ののりを、水で溶いたものを吹き付けてあります。普通の雨なら大丈夫、砂像を守ってくれます

楽屋裏を考えながら見るとさらに興味深いものになります。
ぜひご覧になって、湯村温泉・朝野家へお泊りください。またライトアップしていますから、夜も楽しめます。
by asanoyayu | 2010-05-09 00:42 | イベント・歳時記

/// 「鳥取砂丘・砂の美術館」が9月18日から開催中 ぜひどうぞ!///

f0112434_1583699.jpg湯村温泉・朝野家から車で西に30分の所にある鳥取砂丘で、「鳥取砂丘・砂の美術館」が9月18日からオープンしました。
f0112434_15923.jpg鳥取砂丘情報館サンドパルとっとりに隣接した特別会場には巨大なテントがあり、中にはオーストリアの風物を再現した10作品を展示されています。また夜間はライトアップされ、幻想的な雰囲気を演出しています。
f0112434_1592866.jpgオペラ座舞踏会やベルヴェデーレ宮殿、バイオリンを弾く音楽家を再現した「弦楽四重奏」など16~18世紀のオーストリアに華開いた宮廷貴族文化やその栄華を舞台に現れた偉大な音楽家たちの華やかさがすべて砂で再現されています。
 
砂の美術館は2006年から始まった、日本で唯一「砂」を素材にした彫刻作品を展示する野外美術館です。
第1期:2006年11月18日(土)~2007年1月3日(水)
    テーマ:「イタリア・ルネサンス」 
第2期:2008年4月26日(土)~2009年1月3日(土)
    テーマ:「世界遺産・アジア編」を開催し、全国から多くの方が訪れました。

第3回目となる今回は、
第3期:2009年9月18日(金)~2010年1月3日(日)
    テーマ:「砂で世界旅行・オーストリア編」
      ~貴族文化と音楽の都を訪ねて~
      
f0112434_15102279.jpg第3期展示では、豪華絢爛たる建造物を砂のみで再現
世界から選り抜きの砂の彫刻家が鳥取砂丘に集い、壮大で美しい建造物や彫刻をモチーフに制作されてます。日本ジオパークの「鳥取砂丘」と一緒に、世界トップレベルの砂の彫刻をお楽しみください!
◎場 所:鳥取砂丘情報館サンドパルとっとり
◎期 間:2009年9月18日(金)~2010年1月3日(日)
     午前9時から午後8時(夜間はライトアップ)入館は閉館の30分前まで
◎観覧料:一般300円(250円)、小中高校生200円(150円)
      ( )内は20名以上の団体料金
     ※障がい者手帳所持者は無料
◎問合せ:鳥取砂丘情報館サンドパルとっとり TEL:0857-20-2231

by asanoyayu | 2009-10-04 15:15 | イベント・歳時記