朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

タグ:雑誌 ( 3 ) タグの人気記事

/// 台湾の雑誌社MOOK「攻略 完全制覇 京都・大阪・神戸2018~2019版」に湯村温泉 ///

f0112434_16163812.jpg

先日、専務が新温泉町の海外セールスに行った台湾で、雑誌MOOKの「攻略 完全制覇 京都・大阪・神戸20182019版」を買ってきました。今年2月初めに取材があり、専務が町歩きをしていたので探していたようです。

f0112434_16172457.jpg
流石!に完全制覇本、湯村温泉も「朝野家」をはじめ、「荒湯」「夢千代館」「薬師湯」「リフレッシュパークゆむら」「温泉洗髪」「但馬牧場公園」など6ページにわたり取りあげて貰っています。参加施設にはコピーをお持ちします。

f0112434_16175514.jpg
f0112434_16181524.jpg
MOOKの取材の時に、『湯村温泉・幸せの隠れハートを探せ!』も体験して頂きました。なんと、台湾雑誌社のカメラマンさんが新ハートを見つけられました。命名は、「台湾の心」です。^_^
マスコミ関係の人は「ハート目」にすぐ慣れるんですね。

海外からの取材やパブ、お待ちしております。


by asanoyayu | 2018-07-30 07:13 | テレビ・雑誌の取材

/// 但馬ふるさとづくり協会発行フリーペーパー「T2」春号で湯村温泉が載っています ///

f0112434_20205066.jpg
但馬のフリーペーパー「T2」春号vol.98で、『人と人を結ぶ宝の山 但馬・温泉国』が特集されていました。

但馬ふるさとづくり協会発行、キャメル制作の但馬の情報誌「T2」は、「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2015」ライフスタイル部門の優秀賞を受賞したんですよ。

温泉国の特集と言うことで、湯村温泉もピックアップして頂きました。何かと露出度の多くなってきた湯村温泉。パブは得に有難いですね。

f0112434_20213578.jpg
「湯けむりのまち湯村温泉は、人と人との距離を縮める場所」ティーチングアシスタントのクリス先生

湯村温泉で暮らしてきて一番記憶に残っている思い出は、夏の星空の下で足湯に入りながらビールを飲んだことです。・・・湯村の町の中には足湯があったり”温泉たまご"を作ることの出来る場所があったり、さらには山菜が採れる場所もあります。

・・・「たとえ出身が違っても、食べ物で人々の距離は縮まる」という意味のことわざがありますが、湯村のまち並みはまさに、"人と人との距離を縮めてくれる"ような場所だと思います。

f0112434_2022642.jpg
「蛇口をひねれば天然温泉、ムダなく温泉を活用しています」

もうもうと湯けむりが立ち上る湯のまち・新温泉町の湯村温泉。町のシンボル「荒湯」からは、98度の高温泉が毎分470リットルも絶え間なく湧き出ている。

ここでは古くから入浴や足湯をはじめ、調理、洗濯、湯たんぽなど、温泉を暮らしに活用してきた。旅館だけでなく各家庭にも温泉が配湯されている他、役場や学校といった公共施設でも利用することができる。

「温泉は湯村に住む人々の日常生活に溶け込んでいます。蛇口をひねれば温泉がでるのは当たり前なんです。ここでは普通の湯より温泉の方がおトクなんですよ(笑)」と話すのは同町湯財産区区長・角田和寿さん。・・・

高熱泉を利用したバイナリー発電・ベルチェ素子発電、泉質のナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉の3つの美肌効果、温泉洗髪なども紹介されています。

湯村温泉は「日常温泉」、地域の方が生活している温泉利用風景を観光客の方も同じ体験が出来るように、24時間365日、源泉『荒湯』は解放されています。

湯村の源泉数は63カ所で、1分間で2100リットルにもなります。豊富な温泉を独り占めしないで、観光客・来訪者にも体験利用が出来るのは全国的にも珍しいんですよ。

湯と共に暮らしている生活に、住民は誇りに思っています。
by asanoyayu | 2016-03-14 20:24 | テレビ・雑誌の取材

/// グッドラックトリップ春号が届きました ///

f0112434_17433271.jpg
昨年年末に、取材のあったインバウンドフリーペーパー「グッドラックトリップ春号」が届きました。

『GOOD LUCK TRIP』は、海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』が東アジアを中心とする訪日外国人向けのフリーマガジンで、個人旅行中の外国人旅行者をサポートする地図と、旬な情報を満載し、東京・北海道・長野・中部・四国・関西・日本楽酷游・東京・大阪名品淘の8タイトルを発行しています。

香港、台湾、韓国、中国の現地旅行会社で日本への旅行へ申し込まれた方や日本への旅行に関心が高い方などに配布しており、国内でも空港・主要ホテル・商業施設等で配布をしております。町のパンフレットも英語に引き続き、繁体字、簡体字、ハングルも刷り上がり、湯村温泉もいよいよインバウンド戦略に乗ってきました。

f0112434_1744389.jpg
やっぱり、湯村と言えば「おばあかふぇ」。
年をとっても、にこやかにしっかり働いてます。

f0112434_17444552.jpg
湯村の台所・荒湯では、玉子や野菜を湯がく所を撮影しました。練乳で作る生キャラメルも登場。

f0112434_17454116.jpg
新温泉での時間の使い方が、夢千代館、ライトアップ、山陰海岸ジオパーク、あじわら小道が紹介されてます。

f0112434_17461915.jpg
新温泉町内の3温泉「湯村温泉」「七釜温泉」「浜坂温泉」、食の宝庫「松葉蟹」「但馬牛」「ホタルイカ」「愛しテールラーメン」、山のジオパーク「シワガラの滝」「上山高原の星空」海のジオパーク「青の洞門」「穴見海岸」も英語、繁体字、ハングルで紹介されてます。

f0112434_1747155.jpg
宿の紹介も朝野家、佳泉郷井づつやや七釜のあかね荘、浜坂澄風荘。
女将も出ていま~す。
by asanoyayu | 2016-03-12 17:42 | テレビ・雑誌の取材